コールセンター
16/11/25
10年ほど前、夜間のコールセンターのバイトをしていた時の話。

1)まだ入ってすぐくらいの頃。

電話の対応をしていると、背中から腰あたりを突然冷たい手で触られた気がして振り返ると誰もいない、というのを繰返した。俺の様子がおかしいことに気づいたリーダーが

「そこ、触られるでしょ。場所移動してもいいよ」

と声をかけた。

「よく出るんすか」

と聞いたら

「その席だけね」

と答えた。以後その席に座らないようにした。

2)原因不明の事件。

いつものように仕事をしていると、突然、電話の向こうから「きらりーん」みたいな音がしたと思うと、相手の声が

「がっげっうっばっまっ」

みたいな変な聞こえ方がするようになった(上手く表現できなくてすまん…)

当然聞き取れなかったので、謝って再度言ってもらおうとしたところ突然切れた。周囲を見ると皆同じようなキョトンとした顔をしていて、

「消えた」「きらーんって何?」と、いっせいにしゃべりだした。

多分、混線とかそういうのだろうと思うんだが、なんせ夜中のコールセンターだったので色々考えてしまった。

その後、しばらくして普通に電話が鳴って、普通に聞こえるようになった。ただ不思議なことに、その「注文途中で切れた客」からの苦情がいっさいなく、その後商品が届かないという苦情も来なかった。

3)これは直接俺が関係したわけじゃないんだが…

コールセンターはフリーダイヤルなのを良いことに頭のおかしい奴が電話をかけてきたり、長時間ねばったりする奴がいた。

例えば、出ると突然歌いだすおばさんとか、とにかく色々でブラックリストみたいなものがあった。その中で一人、ある男性に執着したおばさんがいて、他のやつがとると

「Aさんに変わって!!」

と指名する。いないとそこからギャーギャー喚いて1時間くらい粘る。変わったら変わったで、そこからAと世間話をしようとする。

ある日、いつものようにAが対応していたんだが、Aの様子がおかしい。目が泳いでいて、こっちに助けを求めているように見える。

リーダーに伝えて交替したらまたギャーギャー喚いていたが、とりあえずリーダーが適当に対応していた。

Aにどうしたのか聞いたら、おばさんがいきなり、

「あんまりコンビニ弁当食べちゃだめよ。昨日も仕事帰りに買ってたでしょ。三日連続で同じお弁当買うのはやめたほうがいいわ。サラダも買いなさい。

自転車通勤はやめて歩いたほうが健康に良いわよ。最近少し太ったみたいだし。そろそろ、去年着ていた茶色のピーコート出したら?寒くなってきたし…」

とAの私生活に突然干渉してきたらしい。しかも、すべて当たっていて、茶色のピーコートも当然持っている。

Aがおばさんの電話の対応をしだしたのは半年ほど前からなので、ほぼ1年前にきていたコートを知っているわけがない。

それ以外にもAの私生活を知っている話を一方的に繰り返して(2年前に別れた元カノの話とか)Aが驚いて挙動不審になった。

たまたま近所だった可能性もあるけど、そんな偶然ってあるか?その後Aは仕事をやめておばさんからの電話も途絶えた。未だに謎の事件。

4)個人的に一番怖い話。

ここのトイレが人感センサーみたいなので、人が入ると自動的に点灯するんだが、うっかり長時間うんこで動かないと勝手に消える。

その後、便器に座ったまま両手を振ったりして感知させようとするんだが、なぜかまったく点かない。

結局真っ暗なまま終わらせ、手探りでトイレから出た。トイレから出ようとしたところで突然点いたので

「なんだ。入り口にしかセンサーがないのか?」

と思って振り向いたら、後ろに人がいた、が一瞬で消えた。一瞬だったので詳細はわからないけど、紺色の服を着ていたように思う。

俺より後に人が入ってきたらセンサーが働くはずなのに点いていなかった。マジで怖かった…