パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

後味の悪い話

脳

06/07/28
高校生の頃、いつもケンカしてた妹がいた。

ケンカといって他愛もない口げんかで、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような軽いケンカだった。

高校三年の春だった。成績が凄く落ちてて、志望校に合格するのが危うかった。そのせいで親の風当たりがきつく、テストが悪い時なんか一人だけご飯のおかずがニボシだけ、なんてこともあった。

追い込まれていたからか、妹のいつもの態度がやけにイライラしてくる。

何を言われたかは覚えてないが、カッとなって妹にテレビのリモコンを投げた。リモコンはちょうど妹の後頭部に直撃。妹は頭を抑えて倒れた。
続きを読む

コインランドリー

16/04
/09
文章にあまり自信がない上、初めてですが構わず書き込みます!

おばけとかの話じゃないんですが、命の危機を感じました。海外に留学していたときなので数年前の話です。

アルバイトを終え、大分遅い時間でしたが洗濯物が溜まっていたのでコインランドリーに行きました。

そこはあまり治安の良い界隈ではなかったのですが、その日は週末だったので僕と同じように平日の間に洗濯物を溜めた人たちがコインランドリーに集まっていたし、道にもまばらですが人通りがあったので安心していました。

洗濯を終え、服を袋に詰めてさあ帰ろうと店を出たとき、突然女の人にハサミで右目を刺されました。
続きを読む

巨人

09/07/20
うちの近所に、とてもでかい2m近くある知的障害者の男がいたんです。そいつは、いつも近所を走り回ってました。

走るときは決まって、「ヴぉわああああ~」と言いながら拍手をしながら走ります。

3~5mくらい走ると立ち止まり、しばらく周りをキョロキョロ見て、別方向に向かってまた同じように走るシステム。目的は不明。

そいつは本当に邪魔!とにかく、人間の存在そのものが見えてないのか、周りには目もくれず走り回るのです。

小道からも突然飛び出して来るので、それを知っている近所の車を運転する人たちは(うちの親もそうでしたが)、車2台がゆうに通れる大きい道路なのに、そいつが出没する道だけは徐行しながら走っていました。

車の速度で、近所の人かよそ者かわかるくらいでした。
続きを読む

地獄

13/10/03
怖くないかもしれないけど、私が呪ったと言われてる体験を書きます。

小学校高学年から中学校卒業までの5年間、苗字も名前も珍しいという理由で、「名前が汚い」「菌がうつる」といじめを受けて来ました。

悪口だけではなく、私が日直の日は黒板の当番を書く場所に「バイキン」と書かれていたり、物を隠される、壊される等の被害にもあいました。

幸い暴力はありませんでしたが、鳥の死骸を机に入れられ、女子が口裏を合わせて

「〇〇さんが殺してました」

と嘘をつき、先生が親を呼び出すなどのことも。毎日がつらかったのですが、親に相談しても

「高校に行くまでがまんしろ、いじめられるほうが悪い」

と言われ、取り合ってもらえませんでした。
続きを読む

虐待

10/06/27
Aという友達がいた。小学校の頃はよく遊んでた。良いやつだった。

何歳の頃だったかも覚えてないけど、誕生日会に呼ばれた。

リビングに通されると部屋の中が暗かった。Aが泣きそうな顔だった気がする。Aのお母さんが出てきてカーテンを開けた。すると一部だけ濡れた布団がベランダで干されていた。

Aは母親のそでを引いて泣きわめいていたが、当の母親はニタニタと笑っていた。Aがおねしょをするたびにどれだけ大変か、その誕生日会はAの母親の自慢話大会となった。

その翌日からAはオネションというあだ名をつけられた。
続きを読む

トンネル

09/11/29
では私が体験した実話を投稿します。これは紛れもない事実であります。

私の出身地は古くからの部落差別の残る地域でした。

当時わたしは小学生でした。部落差別があるといっても、それは大人の世界での話で、幼い私には差別などわかりませんでした。

子供同士はどこの地区出身かなど関わりなく仲良くなりますし、大人達は罪悪感があるのか、子供達の前では部落の話を避けているふしがありましたので普段の生活で意識することはあまりありませんでした。

ただ、〇〇地区のヤツは気が荒い、あまり仲良くなるな。ということは言われた事があります。〇〇地区とは、海沿いにある2つの町を差す地域で、確かに不良が多かったのです。
続きを読む

ノート

12/08/16
大学時代、俺にはAという親友がいた。

Aは超ハイスペックで成績はいいし、外見・性格共にイケメンだった。(顔はオダギリジョーっぽい感じ)

俺は冴えないブサメン・根暗だから、何でこいつが仲良くしてくれるのかほんとに謎だった。(嬉しくはないが、塚地に似てるといわれる)

それくらいイケメン野郎。そんなAは彼女がいたり、リア充グループに属していてもおかしくないのだが、なぜかいつも俺と二人でいた。いつか

「イケメンなんだから、ぼっちよりリア充とつるめよ」

って冗談でいったら、困った顔で

「(俺)といると安心するんだよ。つーかお前、俺がいればぼっちじゃないじゃん」

っていってたけど、よくわからんかった。
続きを読む

虐待

10/04/29
寝れないから、心霊とかじゃないけど、俺の人生で一番怖い話を書くよ。

数年前、まだ大学生のころ、電話受信のバイトをしてたんだ。まぁクレームとかもたまにあるけど、基本受信だからほとんどは流れ作業。

通信教育の会社だから、一番多いのは解約かな。あとは教材の発送とか問い合わせとか…

で、俺達バイトの電話は会社の人がモニタリング出来る様になってて、もし電話が長引いてたりすると、チェックが入るのね。

俺は職場が長いのと、まぁまぁ成績も良かったから、バイト始めて三年目の大学3年のころには、バイトの中で一番偉い、言わば社員さんの下…チームリーダー的存在になってて、モニタリングの権限も与えられてた。
続きを読む

軍隊

13/07/14
こんにちは。シンガポールで軍隊で体験した話しをしたいとおもいます。日本語があまりうまくないのでわかりずらいかもしれませんが。

まず徴兵はみんなプラウテコンという離れ島で三ヶ月基礎訓練します。そのあとで部隊にランダムで配属(たとえば戦車、歩兵、artilleryとか)。

その離れ島での訓練は色々な怖い事がおきてきたけどその中のひとつ。

私の友達の部隊の話し。友達のプラトゥーンには一人弱い人がいた(すぐいじめられる)。その人はリーとします。

いじめとまではいかないがよく周りからからかわれてた。だから、上官もそいつを集中的にねらった。その上官は、あまり詳しく言えないけどシンガポールの偉い人の息子です。
続きを読む

ロープ

10/07/02
10年くらい前になるかな。俺は3流大学に通う苦学生だった。

週4日のバイトと仕送り(家賃と光熱費で消える)で、やっと人並みの食い物が食える程度の収入があった。

それは大学2回生のある夏のことだ。夏の暑さに参っていた俺は、バイトがない日はほぼ毎日エアコンの効いた市民センターで大学のレポートを仕上げるのが日課だった。

そして、そこには「地域の交流掲示板」という勝手に張り紙してもいい掲示板があった。

俺はいつもその掲示板をチェックしていた。というのも、高校受験に限っては自信があったので、家庭教師募集でもあれば、と思っていたのだ。
続きを読む