パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

後味の悪い話

金持ち

17/09/23
超お金持ちで、顔もかなりいい男と3年近く付き合ってた。

ある日、大切な話があるといって呼び出され、「ついにプロポーズかな?」と胸をトキメかせたものの、いつもは高級レストランなのに、その日はなぜかファミレス。

他愛もない話を少しして、彼が突然こう切り出してきた。

「実は事業が失敗して、かなりの額の借金を抱えてしまったんだ」

幸せ一杯だった私の頭はパニックを起こし、それ以降の彼の言葉を全然覚えてないよ。
続きを読む

ルワンダ

06/08/25
黒柳徹子がユニセフ大使としてアフリカに行った時の話。

内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。そこで出会った子供が孤児だと聞いたので

「誰があなたの親を殺したのか覚えてる?」

と聞いたが、子供は覚えていないと言う。ところが、数日後(?その日のうちだったかもしれない)

「本当は顔を覚えているんだ」

と子供が言い出した。
続きを読む

廃墟

11/06/22
小学生だった頃のことだけど、怖いというよりは不思議な話をひとつ。

近所に秘密基地って呼んでた廃工場みたいなところがあって、呼び名のとおり俺らの遊び場所になってた。

変なガラクタ集めて宝として保管したり、ドラム缶にたまった雨水に考えつく限りの汚い物入れて毒液つくったり。

実はその廃工場には俺達以外にも、いついてる奴がいて、それがブラックサンタと呼んでた浮浪者だった。

なんでブラックサンタかというと、単に見た目がそんな感じ(ヒゲモジャ+黒っぽい服)だったからなんだけど、

いつの間にか実はサンタクロースの対になる邪悪な悪魔の化身で~みたいな厨ニ設定を作って、さらに自分たちで作った設定にも関わらず本気で信じて恐れてた。
続きを読む

精神

14/04/18
会社の先輩は新婚で、奥さんは双子を妊娠中。ところが奥さんは切迫で入院。

翌々日に日本の北と南の距離で離れてるお母さんは脳梗塞で緊急手術。先輩は一週間ほど有休使ってお母さんの病院に行った。

行ったっきり連絡が取れなくなった。

一週間経っても出勤しないので奥さんの病院へ行ったけど、奥さんも連絡が取れなくなった事で軽いパニックを起こしてた。

お母さんが入院していると言う病院に上司が行ったけど

「教えられません」と。
続きを読む

学校

16/05/09
実体験。

小学生の時、8月初旬に学校へ登校し原爆に思いをはせるみたいなことをしていた。

通っていた小学校が原爆投下のあった県に在していたり、人道教育に力が入っていたりしたせいか、夏休み中にも関わらず基本的に全員参加。

参加しなかった子に対して、2学期から露骨に冷たくする教師もいた。

この原爆教育の日に登校した生徒たちは、はだしのゲンなどの映像作品を見せられ、感想を発表させられる。

映像作品自体後味の悪いものが多かった。が、一番後味の悪い体験をしたのは小学一年生の時。
続きを読む

原爆

15/06/23
今朝のNHKニュースの内容が極悪…

今日は沖縄戦から70年という節目の「慰霊の日」を特集していた。

さまざまなトピックスの中に喜屋武さん(76歳)の経験談があった。

沖縄戦は、島の形が変わったといわれるほどに熾烈を極め、沖縄県民はアメリカ軍の攻撃に逃げ惑うことしかできなかった。

お母さんと兄弟4人の喜屋武さん一家も同様にあちこち逃げ回るうち、運よく壕を見つけた。

しかし、すでに日本軍人が数人いて、銃剣を突き付けながら「泣く子は入れられない」とおどした。
続きを読む

自殺

18/04/17
十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊り自殺したこと。

遺書は

「自殺。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部はさすがに無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」

だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ。

こんな遺書残されたら

「ざっけんな!」

としか出てこず。

嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ。
続きを読む

精神

18/03/23
小学から中学の間、厄介な池沼のお世話係り扱いだった大人しい女子が、ストレスでおかしくなっちゃって、ついに先週池沼の仲間入りをしてしまった…

さらに後味悪いことに元クラスメートはそれ聞いて「似た者同士だったんだな」呼ばわり。助けてあげられなかったのを未だに悔いてる。
続きを読む

とあるかぞくがのこしたブログ

09/08/28
「とある かぞくが のこした ブログ」…架空の家族のブログを載せたHP

内容は、ある夫婦がブログをやっている。

しかし「お互いのブログは見ない、リンク・トラックバックしない」と言うルールがあり、お互いに内容は知らない。

その夫婦に娘が生まれ、大きくなって娘もブログをはじめる。

最初のしばらくはネットの安全などを考え娘のブログを見ていたがそのうちルールにのっとり両親は娘のブログを見ることをやめる。

親に見られることがなくなったため、娘はブログに本当の自分の生活をつづり始めた。
続きを読む
×