パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

閲覧注意

kazukihiro512090_TP_V

481 :本当にあった怖い名無し:2005/03/22(火) 08:16:37 ID:EwwYjc0f0
昨日、爺さんの墓参りに行った帰り、爺さんの家(婆さんは生きてるから)で食事会みたいなのをした。

食事をし終わったあと、本が好きな俺は爺さんの読んでた本を探してて、
その中のひとつの、原版らしき太宰治全集を物色してた。
そしたら、その全集を取った奥に小さい引き戸を見つけて、
その引き戸を開けたら、紐で結ったコミックスサイズの、薄黄色い手帳があった。

続きを読む

PAK85_suizokukannettaigyo_TP_V

819 :本当にあった怖い名無し:05/03/11 23:20:52 ID:3JopEz9u0
俺の外出中に弟の友達がよく遊びに来るんだけど、そいつが来ると必ず俺の熱帯魚数匹が行方不明になる。
前にちょっと話した時に生き物が好きとか言ってたから、盗んでこっそりと家で飼育してるんだろうなぁって思ってた。

たまたま俺が早く帰ってきたときに、そいつが俺の部屋にいた。
水槽の前でなにやらもぞもぞとやっていたので、あー現行犯だなこりゃっと思った。
肩を叩いて「おいコラ」っと声をかけると、そいつは振り返った。

続きを読む

dog-589002_960_720

257 :本当にあった怖い名無し:2008/07/13(日) 11:26:01 ID:WOqf+xSG0
昔、勤めていた会社の課長が飼っていた犬の話です。
動物のグ*ネタなので苦手な方はスルーしてください。
 
課長は中年の独身男性で、母親とペット可の分譲マンションに住んでいた。
そのマンションの上の階の部屋には、課長の実妹が結婚して夫と子どもと住んでいる。
課長と母親の部屋で猫を飼っていたが、妹の子どもたちが犬を飼ってみたいと言い出したので飼うことにした。
ふだんの世話は、母親と妹とその子どもが担当し、休みのときには課長と妹の夫よ交代で散歩しようということになり、
近くのペットショップで、その当時たいへん人気のあった犬種の大型犬を買った。

続きを読む

PENTAFANPK98003_TP_V

861: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 13:56:58.89 ID:BomUB28c0
もう4,5年前くらいの話。
当時小さいお菓子メーカーに勤めてて、
企画とかデザインとか一人で何でもやるような会社だった。
もちろん、上の承認とかは必要なんだけど、比較的自由に仕事できてた。給料安かったけど。
地方だったから家と会社が近くて、お客さんと打ち合わせに使ってた喫茶店とか、
プライベートでもよく行ってたんだよね。単純にコーヒーがうまくて。

続きを読む

ace-1869825_960_720

21/07/26
私は、ある地方の大学に勤めている。職種や職階は伏せておこう。これから記す話は、私が実際に聞いたものである。

***************************

 また動物に関する話であるが……。

 私が勤務する大学は諸外国の大学とも提携し、学生や教員を交換して親交を深め、国際理解を推進している。A博士はそんな事業に基づいて某国からわが大学の客員教授として迎えられた。陽気で人懐っこい男性で、私ともすぐに打ち解け、親しくなった。夏になって、ある日A教授を誘って夕食を取り、そこで日本の夏の風物は云々との話になった時、私がたわむれに、怪談も夏の名物ですよと言って教授に手持ちの怪談を幾つか披露し、あなたの国にはどんな怪談がありますかと問うとA教授は、これは日本人の考える怪談とは違うかも知れないがと前置きし、自分がいた大学に不可解な事件があった事を聞かせてくれた。

続きを読む

aging-4550691_960_720

837 :介護職の思い出1:2006/03/29(水) 23:57:42 ID:TpukJGCc0
2年前とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。

そこの施設は、はっきり言って最悪でした。
何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う職員ばかりで、
食事も薬とかおかずをご飯に混ぜたり、入浴は水のようなお風呂で、乱暴な介護で、
抑制も日常茶飯事でした。

続きを読む

BUKIMIs0I9A5158_TP_V

753: 本当にあった怖い名無し 2006/09/18(月) 02:36:21 ID:or6OpWeP0
俺が住んでる市営住宅の1Fにちょっと怪しげな親子が住んでるんだけど(母親と息子)
それぞれ息子=45過ぎ、母親=65過ぎの親子なんだけど、ほとんど他の住人とは
話もしないのよ。仕事もしている風はないし、外出しているところを見かけたことがない。
なのに、そのくせ、俺とか上の階に住んでいる住人がその親子が住んでる部屋の前を通ると
必ず息子が「カシャッ、カラカラ」ってドアの鍵を開ける音をたててドアをすこーしだけ
開けてむこうからこっちを見てる。気持ち悪いけど俺は「こんにちわ」
って挨拶をすると、目もうつろなその息子は「うおんにちわ~」ってかなり発音できてない
言葉で挨拶を返してくる。

続きを読む

kozuPAR54161_TP_V

846 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 01:45:03 ID:xAKIFq/G0
怖さの種類が違う気がするが一応。

大学生だったころ、仲がそれなりによかった友人と一緒に、ちと歩いて遠出をしていた。
結構人がいるところだったんだが、信号が青になったんで歩き出そうとしたら、
ダチが「ん?ちと待て」と言って、俺の腕をつかんだ。
あ?と思った止まったが、そこでイキナリ大きめの車(種類はわからない)が突っ込んできた。
後で聞いたところでは、居眠り運転だったらしい。

続きを読む

020RED20404G_TP_V

357 :1/3:2006/07/19(水) 00:21:36 ID:im9KFqWi0
小さいころ、私は知的障碍を持っていると思われていました。
言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、
コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。
人と目を合わせない。会話ができない。約束事が守れない。
一方で、何もないところに向かって延々と話し続ける。
と、気味の悪い言動を見せていました。

また、距離・時間を考えるとおかしな行動をしていたそうです。
例えば、母が車で家から1時間くらいかかる公園に連れて行ってくれたとき、
目を放した隙に、ふらりと私が消えてしまったらしいです。
その後すぐ、どうしたらいいか留守番をしていた父に電話したところ、
『あれ?お前***は置いて行ったんじゃないの?』
私はもう家に帰っていたそうです。

続きを読む

radiation-646217_960_720

24 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 02:09:41 ID:lLO+L+yO0
JCOの起こした臨界事故


969 :U-名無しさん:2006/10/15(日) 01:53:32 ID:yo9f4S3g0
>>960
俺の聞いてる噂だと、中性子で体がぼろぼろにされて、再生能力がなくなってもうスゴイって奴。
報告書では、体の一部が壊死。心臓麻痺で亡くなってる。

続きを読む
×