パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

閲覧注意

bloodbath-891262_1920

509 :本当にあった怖い名無し:2013/07/12(金) 09:13:18.00 ID:GJLKSQt1I
生理の話なので、気持ち悪くなるかもしれません。

数年前、バイト仲間だった男の話。
そいつは異常なまでの潔癖性だったんだ。
そいつにレジやらせると、小銭と客の手が触れたっていうだけで必死に手を洗い続けるのね。ずーっと。
その間にレジが混んでくるんで、結局他の奴が代わりにレジやらなきゃならんくらい潔癖性なのね。
トイレ掃除も、床に落ちたゴミすら拾えない。
でも、普段の性格はかわいい弟みたいな奴でさ、皆も憎めなくて。
接客も上手だったから、自然と周りの奴が汚い仕事をやってフォローしてたんだ。
続きを読む

human-3799042_960_720

147 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:12:52 ID:2DvEiJNK0
『飛べバージル!プロジェクトX』って映画があったよね。
マシュー・ブロデリック主演で、
彼が軍でチンパンジーに飛行訓練する仕事をしていると、そこのチンパンジーが手話で話せることに気が付く。
調べてみると、そのチンパンジーは研究で手話を教えられたのだが、
研究が打ち切りになって、軍に払い下げられたということが判った。
続きを読む


kako-xqmx7IfdTg3NqICM
429 :引越しでさ@\(^o^)/:2015/09/07(月) 02:48:49.12 ID:eUpWvhM90.net

今年の9月から一人暮らし始めて、某アパートに住んだんだよ。
それでさ、俺が住む部屋はベットがあったんだけど、
それの下が押入れみたいに物をしまえるようになってんだよね。
それで、その押入れに小さいタンスをいれるからその押入れのサイズを測ってる時にさ、
その押入れの側面?に白い布があったんだよ。
最初はなんだろこれ?的な感じで、白い布を手に取ったんだよ。
そしたらなんか包んであったんだ。
形は正方形で、15cm四方ぐらいの大きさだったんだ。
俺はそん時に、「あ、これは怖い話でよくあるやつで、中にお札があるパターンだな」と思ってたわけよ。
んで、白い布を剥がしてみたんだ。」
そしたら正方形に切られたダンボールだったんだよ。 続きを読む

YUKIR20505_9_TP_V

399 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/01(金) 16:01:00.28 ID:z1XYFOpt0.net
特殊清掃の仕事をしているっていうと、みんな人の死体を想像するけど、
実際には、死体がなくなった後の部屋の清掃が殆ど。
少なくとも自分が働いていた会社ではそうだった。
ただ動物の場合は死体が残っていることが結構あって、
長期旅行で犬を室内に放置していた客から依頼の電話が来ることが多い。
そういう仕事だから、死体のあったシミの上にまだ死体があるような錯覚を起こしたり、
たまに錯覚では片付けられないおかしい事が起こったりもするけれど、
慣れてくれば不思議と気にならなくなる。
続きを読む

YATcar191231380_TP_V

171:本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 20:10:03 ID:hoQDvzu/0
お犬様の散歩で河川敷を歩いていたときのこと。

全ての窓ガラスがスモークの妙な車を発見して、怪しいなと思って覗きんだら、
中に口を半開きの人が入ってた。

怖くなってお犬様を引っ張って走って帰って、速攻で寝た。なんかすごく疲れた覚えがある。
続きを読む


bob2082BA013_TP_V
735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 12:36

うろ覚えなので変なとこあってもご愛嬌。

長女である妹が製糸工場へ勤める事になった。
この村の女は大抵女工になる。こんな田舎村で農作業をするよりもよっぽど金になるからだ。
連れられていく妹を見送りながら横目で米俵を見る。妹と引き換えに得た米…。
父も母も兄弟達も妹よりも米俵に気が行っているようだった。かく言う自分もそうだった。
今日は米の飯が食えるぞとそればかり。
勿論別れは寂しいし、妹にばかり大変な思いをさせて…と申し訳なく思う気持ちもあった。
が、その後ろめたさも米俵の前では薄れてしまう。  
貧しかった。ひもじかった。かなしかった。

数ヶ月後、工場の近くの川で胆がえぐり取られている男の死体が発見された。
そのまた2,3ヶ月後女の死体が見つかった。死体には胆がなかった。 続きを読む


PAK86_otamajyakushi15104242_TP_V
832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/30 18:13

小学校に入学したとき、隣の席はこうちゃんという男の子だった。
私は遠隔地の幼稚園に通っていたため、小学校の敷地内にある幼稚園に通っていた他の皆となかなかなじめず、
よくめそめそしていた。
こうちゃんはちょっと乱暴なところがあり、口調もヘンにませていたので、クラスでは微妙に嫌われていたが、
私にはよくしてくれたので助かっていた。
続きを読む

YAT1912221365_TP_V

92 :本当にあった怖い名無し:2019/01/20(日) 16:12:17.07 ID:FX4TwOXU0.net
8年くらい前、横浜に住んでたときの話。
日本大通りに職場があったんでバイクで通える距離の阪東橋近くのボロアパートに住んでたんだが、とにかく治安がよろしくなかった。
夜出歩けばアジア系の立ちんぼやらキャバのキャッチやら見るからにカタギじゃないおっさんやらがわんさかいるし、
昼間は昼間で道端で泥酔してる爺さんやら大声で独り言を喋りながらスーパーで買い物してるおばさんやら、
まあ変なのが沢山いたのよ。
そういうのと遭遇した際には、場所が場所だし仕方ないよなぁ、と半ば諦めの境地で全力でスルーしてたんだが、
あの時エンカウントしたやつはヤバさのベクトルがちょっと違ってた。
続きを読む

vintage-1418613_1280

129 :1:02/01/18 01:05
消防の頃読んだ話なので作り話かと思い込んでたが、調べてみたら実話だった。
嫌過ぎるロボトミー(脳外科手術)の話。
以下ちと長いがコピペ。

昭和33年6月5日、坂本一仁は河口湖畔で生まれた。
銀行員だった父親は、仕事と家庭を放り出して行方がわからなくなっていた。
母岩瀬幸子(24)は一度は一仁を堕ろそうとしたが、割烹旅館で働きながら一仁を産んだ。
生後3ヶ月の頃、母は上京し、新宿のクラブに勤めた。一仁は甲府の祖母と2人で育った。
母は学齢になったら一仁と暮らすのを夢見ていた。母はホステスをやめ、池袋でスナックをやっていた。
続きを読む

lookout-5061926_960_720

171: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/22 08:17
僕は怖かったんですが他の方に較べれば大したこと無いので手短にするようがんばります。
大学2年のとき、家族で伊豆の南端の方へ海水浴に行きました。大きめの旅館が一軒二軒あるくらいの小さな海水浴場でした。地名は失念。

二日ほど海水浴を楽しんだ後、中2の義理の妹は宿題だかなんだかで旅行した周辺地図を作成することになっていたらしく、周囲への散策へ行くといいます。僕は当時新しく増えた家族へのサービスにいそしんでいましたので同行することにしたんです。
旅館の隣はもうでかい岩場のような小山になっていて、そちらへ入っていきました。
続きを読む
×