パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

海怖

防波堤

11/05/07
10年前の話、当時中学生だった俺は仲良しと二人で下校。

ちなみに俺の住んでるところは海の近く。

二人でしゃべりながら帰宅してる途中全身黒の服装の細くて長身のおばさん(40代?帽子も黒)が話しかけてきた。

喪服とかなじゃないんだけど、ちょっと異様だと感じた。

「海はどこですか?」

と聞いてきたので海は近いけど道は複雑で丁寧に教えてあげた。おばさんはありがとうと言い残して去っていった。
続きを読む

海

07/12/17
19歳の時、私の兄と兄の友人が海で波にさらわれて行方不明になったんですが…

その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。

その中に占いができる友人がいて、私は藁にもすがる思いで

「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」

と頼んだところ、彼女は

「ごめん。占えない。ホントゴメン」

と言って切られてしまった。
続きを読む

海
12/07/11
高校二年生の今頃、俺と友達が海で体験した出来事。

この時期になるとちょっとずつ海開きするところが増えるけど、俺たちがよく行ってた海はまだ人がほとんどいない。

そういう人がいない時期には、友達三人、計四人でよく沖までボートを漕いでた。

四人で乗るとほぼいっぱいになってしまうボートに、ジュースやお菓子、自作の碇(いかり。太めのロープに大きな石をくくりつけたもの)を乗せて沖へ出てた。

人がいない時期にこんな遊びをしてたのも、子供が真似をしたら危ない。ということだったが、今考えると結構俺たちも危ない遊びをしてた。

遊びの内容は、毎回少しずつ砂浜からの距離を伸ばして、海中を探索するというもの。
続きを読む

海
09/07/18
二年前の夏休みの話。

友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活の奴ら四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。

瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、すぐそこが海。みんなで泳いだり、浜で遊んだりノンビリして過ごした。

夜中、夜型の俺たちはいつまでも起きて騒いでいたが、

「暇だから外行こうぜ!」

という話になり、こっそり家を抜け出して浜に出て海を眺めたりして話していた。

夜の瀬戸内海はどんよりとした闇の中で静かに揺れていて、はるか対岸の岬に小さく見える光や本州に向かう暗い波間、それは綺麗でもあるけれど逃げ出したくなるほど陰鬱に不気味でもあった。
続きを読む

不思議
08/01/11
小さい頃なんだけど、

うちには仏壇があってお盆になると、仏壇の事に関して色々やらなきゃいけない事が多い。

だから、いやおうなしに手伝わなくちゃいけなくて、罰当たりかもしれないけど正直それがうっとうしくて嫌だったんだよね。

で、割と近くに海があったんだけど、盆の時には絶対海に行くなって母親とばあちゃんに口すっぱく言われてたんだよ。
続きを読む

海
15/06/26
所用で親戚一同集まり、ふとだいぶ前に大往生した爺ちゃんの話をしていたら思い出したので、投下。

ここは北の大地。我が家は北前船(きたまえぶね)でやってきてここに住み着いた一族だ、というのが爺ちゃんの口ぐせだった。

実際、爺ちゃんは広い農地を所有していたし、古い農具や昔の道具や船の一部?みたいなものが、倉庫にどっさりあった。

綺麗な服や人形遊びよりも、虫とりや秘密基地づくりに興味津々なタイプの子どもだった私を、それは可愛がってくれて、お盆や夏休みに遊びにいくたび、爺ちゃんはこの倉庫を見て回らせてくれた。
続きを読む

海
09/07/31
あまり怖くないかも知れないが、拭い去りたい記憶なので、暇つぶしのお付き合いを。

ずっと昔のことなんだけど、一人である海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎていて、民宿には俺以外客はおらず、静かな晩だった。

俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐコンクリートの階段に座り、海から吹く潮風を浴びながら、波音だけを繰り返す暗い海を見つめていた。
続きを読む

海、岩
11/05/26
じゃあ。ガチ実話投下。俺が小学校低学年の頃の話、つってももう30年以上前になるけどな。

東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。

海辺の生き物を探して無意味にいじくってみたり、釣り人にエサを売りつけて小遣いもらったりと、まあ、無邪気に遊ぶ毎日だったよ。

しかし、かくれんぼだけは海の近くでやってはいけないと周りの大人からきつく言われていた。
続きを読む

神社
09/08/17
俺の田舎の祭りに関する話を投下します。

俺は神戸に住んでいるんだけど、子供の頃、オヤジの実家である島根の漁師町へよく遊びに行ってた。

9歳の時の夏休みも、親父の実家で過ごした。そこで友達になったAと毎日遊びまくってて、毎日が凄く楽しかったね。

ある日、Aが神社に行こうって言いだしたのね。しかも、神社の社殿(しゃでん)の中に入ってみようぜって。
続きを読む

アンドレイ チカチーロ
11/12/03
文章にするとたいした事でもない感じだが、今まで一番洒落にならなかった体験を書く。

去年の夏に彼女と江ノ島へ旅行に行った時の話なんだが、真夏の炎天下の中、江ノ島のあちこちを歩き回るような過ごし方をした。

足場の悪い階段状の岩場を上がったり下がったりと半日かけてそんな観光をしてたもんだから旅館に戻る頃にはくたくたになり、晩飯を食べ、風呂につかり布団に入ると二人ともすぐに寝てしまった。

眠りについて1時間ぐらいたった時だと思うが、仰向けに寝ていると耳元で、ごぽごぽだか、こぽこぽといった水が湧いてくるような音がきこえた。
続きを読む