パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

電車にまつわる怖い話

電車
12/02/26
先週の話。

電車に乗って帰ってる時、外見てたら急に空中を何かが横切った。

何だ?と不思議に思い、目だけをそっちに向けた瞬間、前の座席の一番端に座ってた女と目があったんだよ。で、なぜか知らないけど、心臓が止まるぐらいにビックリしてすぐに前を向きなおしたんだ。

別に顔も普通で服装も普通の女の人なんだけど、心臓がドキドキしてきて妙に気になり始めた。もちろん恋のドキドキとかではなくて、何かえたいのしれない感じだった。

それからとりあえず20分ぐらい端の女を気にしつつも見ないようにして外を見てたんだよね。そしたら再度何かが空中をスーって横切った。だから目がスーって自然に追いかけていった瞬間、さっきの女が斜め前に立ってて目が合った。
続きを読む

電車内
15/08/12
仕事で昼の二時頃、某路線の急行に乗った時のこと。

自分が乗ってすぐの駅でガリガリの女の人が乗ってきた。白いワンピースは汚くて黄ばんでシワシワ、かついでるエコバッグぼろぼろ、ところどころ乾いた血みたいな茶色いシミがついてる。

髪が腰くらいまであって、これも洗ってない感じのぼさぼさ。顔は生気のない澤穂希。

で、扉の窓から外に向かってなんだかぶつぶつ言っている。子供、潰す、腐れ、とか聞こえて来る。

声が波打って大きくなったり小さくなったりしている。時間的に車内は空いてて座ってる人だけ。やばいのが乗ってきた感満載で、誰も一言もしゃべらないし咳払い一つしない。
続きを読む

赤ちゃん
12/09/12
今日、電車に乗ってちょっと遠出した。で、買い物したり人に会ったりして、夕方に帰りの電車に乗ったときの話。

座席に座ってると、後ろから

「あーー」「あーーーーー」

って声がする。なんていうか、子供の声とおっさんの声の中間みたいな気持ち悪い声。

気になって振り向くと、2~3歳くらいの子どもをおんぶした若い女の子が座席で携帯いじってる。その子どもがたぶんあーあー言ってるんだけど、まったく気にもとめてない。
続きを読む

電車内
14/05/20
10年ちょい前の話。

俺は神奈川県のO線のH駅からM駅まで毎日電車で通勤していた。

いつもだったらまず座る事なんて出来ないけど、その日たまたま椅子が開いていたので座ったら、しばらくして金縛りにあった。

座りながら金縛りなんて聞いたことないな、と思いながらもすぐに戻るだろうとその時は冷静に考えてたんだけど、降りなければいけないM駅が近づき、そして過ぎても一向に金縛りが解けない。

まずい!会社遅刻する!と頭はかなり焦ってるのに体は全く動かず声すら出すことが出来なかった。
続きを読む

駅のホーム
11/09/26
ちょっと前のことだが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。サラリーマン風の男は

「僕の腕知りませんかー」

「僕の腕知りませんかー」

とカン高い大声を上げながらホームを行ったり来たりしている。ちらほらとまばらにいる他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思いだせないのだが、男は片腕がないようだった。スーツのアームホールがヒラヒラとたなびいていた。
続きを読む

電車
15/10/15
学生の時、大学からの帰りに電車の先頭車両の一番前に乗っていた。

するとガッタンと何かに乗り上げたような感覚があったかと思うと急停車した。最初は木の枝にでも乗り上げたのかと思ったら人でした。(後で分かった)

でも怖かったのは一緒に乗ってた小学生数人と引率の大人。そのうちの女性の一人がおもむろに携帯を取り出すと、どこかにかけ始めた。

すると沿線の家のベランダから女性が顔を出す。そこに手をふりながら

「ねぇ、どうなってるか分かる?え、人の手が見える?うそ~!!テレビ来るじゃん!すごくない?」
続きを読む

汽車
10/06/14
俺の曾ジィちゃんは、国鉄時代汽車の運転手をやっていた。生前、そんな曾ジィちゃんからよく聞いた話。

ジィちゃんの仕事は、もちろん汽車の運転なんだけど、どうしてももうひとつやらされる仕事があって、その仕事をやる日はもうイヤでイヤでしょうがなかったそうだ。要するにマグロ拾いである。

マグロ拾いっていうのは、電車による事故(自殺)で体がバラバラになってしまった人のパーツを拾い集めること。

時代は終戦後で、きたないとかきれいとか、違法合法なんて概念はそっちのけ、みんな生きるのに必死だった頃。生きるのがつらくて死を選んでしまう自殺者も、もちろん多かったそうだ。
続きを読む

駅のホーム
09/09/19
僕は原爆を落とされた広島県に住んでいる。電車の飛び込み自殺がたまにあるんだが、とんでもないものを目撃してしまった。

去年の夏場、駅のホームで電車待ちしてたら隣の列にサラリーマン、その後ろに175cm120㎏ぐらいのソレ。ソレは駅員の真似をしてアナウンスしてた。

電車が来たとたんソレはサラリーマンを押して落とした。もちろんみんな目撃してた。

翌日の新聞に「事故」として処理されたよ。一番怖いのは事件から一年たった今、その駅にソレは戻ってきた。
続きを読む

田舎の駅
13/03/06
仕事中に体験した話です。

仕事は列車の運転士をしています。その日は大雨の中、最終列車の乗務をしていて駅に停車中でした。

やがて出発時刻となり、信号が青に変わった瞬間、信号が消灯してしまいました。

おいおいこのタイミングで球切れかよ、と思いながら、無線で指令に連絡しました。こういう場合、赤信号とみなすという決まりなので、しばらくその駅で足止めになりました。
続きを読む

霧の駅
13/05/15
鉄道で不思議な話と言えば、もう10年以上昔の話になるが。

俺が就活の帰り道、信州の茅野(ちの)駅から長野駅に向かっている途中だった。

線路が一本しかないため、電車の交差の待ち時間に停車した駅は夜の闇に覆われて、真っ白な霧に包まれていた。その時、同じ車両に乗っていたのは俺をふくめてサラリーマンのおじさんが一人だけ。

ホームを降りてタバコを一服していると、霧の中から歌が聞こえてきた。子供たちが歌う「花いちもんめ」だった。
続きを読む