パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

実話

blood-group-2668683_960_720

127 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 21:06:26.52 ID:k7A4+9eu0.net
世界仰天ニュースみたいな番組で見たと思う、『おおらかなO型一家』の話。

ある一家は、O型同士の両親から産まれたO型の姉妹二人の四人家族。
特に父親は「俺はO型だから細かい事は気にしないんだよ~」が口癖。

ある日、成人した長女は生まれてはじめての献血へ行く。
するとそこで、自分の血液型O型ではないと判明する(A型かB型だった)。
そうなるとO型の両親から自分が生まれる訳がない、愕然とする長女。
調べ直して貰うも検査結果に間違いはないと言われ、
ショックで自宅に帰り、母親に検査結果を見せて涙ながらに話をする。
当然ながら母親も驚き、その日は家族での会議が開かれる。

続きを読む

red-blood-cells-3188223_1920

441 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/07(日) 10:34:47.29 ID:wxOz6sqm0.net
自分は生まれつきの血液疾患、遺伝なので子供も同じ病気。
障害手帳をもらうほどではなく、日常生活や仕事も支障がない。
幸いなことに、非常時に必要な血液製剤は難病扱いで自己負担がなく、
これには献血をして下さる皆様を始め、
この制度を命がけで作ってくれた歴代の血液疾患患者や支援、医療関係者もろもろに感謝しかない。
ここまで前提。

続きを読む

OMG151018380I9A1831_TP_V

13 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/13(水) 15:40:10.50 ID:j9NKTwu90.net
数年前の会社の昼休み。
後から聞いた話も混ざってて愚痴っぽくなってしまってるかもしれないが許してくれ。

同僚と3人で「最近肩がこるよね~腰も痛いよ~」みたいな話題になった。
デスクワークがメインだったし良くある会話だったんだけど、
その時はなんとなく「整体でも通ってみようかな」みたいな流れになり、
そこから携帯で調べつつ、
「ここ会社に近いから帰りに行けるしいいかも」「俺は家の近くの方がいいな」「針治療とかも面白そうだよなあ」
とか色々話してたら時間が来たので、そこで話題は終了。
数日後、その中の一人のAが「そういえば整体行ってきたぜ」と報告。
何気なく聞いてみると、↑の時に自分が「ここ良さそうだな」と言った所だった。
その時は、まあしばらく通ってみるよ、みたいな感じだった。

続きを読む

kissaten117025_TP_V

873 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/06(水) 12:15:32.98 ID:/Ns05JfA0.net
実話なので適当にフェイクも入れて投下。

何年か前に大学仲間数人で飲んでいたら、Aの近くで突然携帯の着信音がして、
探ると丁度椅子と椅子の間に挟まるようにスマホが落ちていて、それが鳴っていた。
誰の物でもなくて、どうやら前の客の落とし物らしく、
それがまたしつこいくらい長時間鳴り続けていて、画面を見れば『おかん』。
「おかん・・・って、こいつの母親かよ~!www」と、思いっきりウケて、
こっちも酒が入っているもんだから、Aが悪乗りして「もしもし、おかん?うん俺だよ」とスマホに出た。

続きを読む

greeenPAR561281753_TP_V

493 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/16(水) 03:43:55.58 ID:aCL/zGmR0.net
こないだ後味悪かった話。

うちの会社のとある部署で稼ぎ頭だった二人が相次いで退社。
もともと仲良かった二人なので、「先に辞めたA(女)が次に辞めたB(男)を唆した!!」と残った同部署の奴らが騒ぐ。
まあAは難病になって仕事続けられない、Bはアップグレード転職と別の理由だったんだけど。
自分たちが仕事を引き継いでクライアントに「Aの方がよかった」とか言われると、
「あいつ(ら)のせいで!!」みたいに発狂しまくっていた。
まあ元々A、Bで持ってたみたいな部署だったし、実力以上の仕事任されるようになって可哀想ではあった。

続きを読む

Thelabor-1000x734

295 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/03(木) 17:58:11.65 ID:uMc1xqWc0.net
第二次世界大戦末期、ドイツの強制収容所が連合国によって解放されたとき、
助け出された生存者の多くは飢えて死ぬ寸前だった。
兵士はすぐさま食事を用意して生存者たちに与えた。
しかし、極限まで飢えて衰弱した生存者たちの体に普通の食事は大きな負担で、
そのうえ飢えているために夢中になって際限なく食べてしまうこともあり、
食事を与えたことが原因で死亡してしまう例が後を絶たなかった。
飢えた人間に食べ物を与える、というアンパンマンにも代表される正義が行われたにも関わらず、人が死んだという話。

続きを読む

pen-spinning-976930_960_720

665 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/25(金) 07:35:26.41 ID:jhLO8Rwg0.net
実体験。オタ臭い内容につき注意。

私はアニメ系専門学校に通ってたんですが、ある日業界で活躍するというOBが学校に来てくれるという事になった。
OBは20代後半。
今まであまり仕事がなかったらしいんだけど、今度始まるアニメで初めてちゃんと仕事を任される立場になったとの事。

続きを読む

horror444_TP_V

392 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/10/19(月) 18:02:45.76 ID:ZR1pPntG0.net
知り合いに中途半端な歳で上京してきたフリーターのMがいるんだが、
数人で家飲みしていた時に、上京の理由をMに結構しつこく訊いた奴がいた。
Mは最初嫌がっていたが、酔っていたからか「絶対引くなよ」と前置きして話し出した。

Mは普通に地元の大学を出て、地元の企業に就職した。ずっと実家暮らしだったそうだ。
ある夕方、たまたま早上がりをしたMが家路を歩いていたら、向かいからやってくる人影が突然Mに駆け寄ってきた。
人影―――女は「Mさん、久しぶり!元気だった?」とさも親しげに言うが、Mにはその女に憶えがない。
続きを読む

SnapCrab_NoName_2021-9-3_6-18-31_No-00

98: 本当にあった怖い名無し 2017/04/10(月) 05:14:46.28 ID:MyTWgDcJ0
もう10年くらい前の話なんだけど、当時働いていた職場は変則的なシフトでね、その日は昼過ぎから21時という勤務だった。
翌日から土、日、月という三連休の前の晩ということで、テンションが上がりまくっていたのを覚えてる。おまけに給料日だったしね。
些細な日常の小さな幸せってやつだ。俺は運転免許を取るのが割に遅くてさ、当時は免許取得後2年くらいしか経っていないこともあり、よく深夜にあてもないドライブに出かけたものだった。
行き先も決めずに2~300km走って帰るという密かな楽しみを持っていた。(1/5)

続きを読む

5564E6D2-EE16-45E5-BA37-9B334C78C11D

36: 本当にあった怖い名無し 2017/04/07(金) 13:46:04.33 ID:eLmMn1Rh0
初めて投稿するんだけどつまらなかったらごめん
個人的にはすげー怖かった思い出なんだ

むかし子供の時親戚やおばあちゃんが住んでる家に夏休みとかの大型連休に泊まりに行った時
その近くの別の家に住んでるこれまた違う親戚がいてさ。その親戚はシングルマザーで夜の仕事してるんだけど小さい娘がいて
彼氏さんとかに面倒を頼めない時はおばあちゃんにちょくちょく夜面倒みてもらってるらしいんだ
そんでその親戚の家に興味があったのと家にいると早く寝ろって言われて夜更かしできないから俺と従兄弟は付いて行くことにしたんだ
けど向こうの家に着くなり支度をしてた親戚のおばさんの部屋に変なものがあったんだよ
部屋の高い位置にお札が貼ってあったんだ

続きを読む
×