パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎の怖い話

BOB20614K010_TP_V

289:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/14(水) 02:07:09.68 ID:qYLKXkgm0
神奈川→伊豆に迎う途中
海沿いの道ずっと走っていくと
川沿いに車一台分の細いトンネルがある
元彼女と旅行中、
続きを読む

300px-ShunsenAzukiarai

524 :本当にあった怖い名無し:2018/08/07(火) 22:42:01.18 ID:RmZM0o7s0.net
鬼太郎などで有名な小豆洗いだが、おれの地元の栃木北部の農村の山河にも随分昔から目撃例がある。
コミカルなイメージの妖怪だが、こちらは洒落にくらい恐れられている。
地元民が釣りや川遊びで賑わうスポットだが、ある一角の河川敷は絶対に立ち寄るなとひい祖父さんや祖父さん、親父から教わった。
小豆洗いが川沿いに現れ、音に誘い出された人間を川に落として死なせるという噂だ。
実際、当時中学生だった俺の親父と同級生達は、ジャリジャリジャリジャリという音を聞き、恐れおののいたという。
続きを読む

007sukagamino17103_TP_V

32 :本当にあった怖い名無し:2018/06/23(土) 00:21:47.14 ID:5tpjCF/S0.net
実家が群馬でかなり親戚の多い家系で、本家が古くてデカい日本家屋なんだけど、
その中の和室のひとつに、寝ると絶対悪夢を見る部屋ってのがある。

具体的に言うと、夢の中に包丁を持った変な婆さんが出て来て延々説教をされるらしい。
話を中断させたりすると刺されるらしい。

別にそれで死ぬとかは今の所無いらしいけど、兎に角痛いって話。
続きを読む

naganoharasuibotuP1010968_TP_V

538:本当にあった怖い名無し:2011/06/25(土) 15:46:23.62 ID:gjX0o+VR0
中学生時代も混ざってるのでこのスレでいいのか分らないけど投下。

うちの両親は共働きで小学の頃、夏休みは7月の終わりから8月の下旬まで祖父の家に預けられていたのだが
祖父の家は湖のほとりの小さな集落にあって、上流は道沿いに清流が流れていた。
小学4年までは、川に遊びに行く時は祖父か祖母と一緒に行っていたのだが
小5になってからは「1人でも大丈夫」と言って1人で川に遊びに行くようになった。
まぁ本音は川遊びなんかよりも、当時流行っていたポケモンを隠れてやりたかっただけなのだが・・・。
そんなある日、川辺でポケモンをやってると後ろから「ねぇねぇ」と女の子から声をかけられたので振り向いてみると
セミロングぐらいの髪の毛に赤い髪留めみたいのをつけワンピースを着た同級生ぐらいの女の子がいた。
当時、クラスの女子は学校に持込んだカードやゲームボーイを先生にすぐチクるので
俺のいた男子グループは女子と結構不仲で内心うぜぇとか思って気にせずポケモンをやっていたんだが
その子は俺とゲームボーイに随分興味があるみたいで隣に座って画面を見ながら色々質問をしてきた。
続きを読む

penfan_KP_1534_TP_V

596: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 23:42:51.52 ID:yRYffyeJ0
時間も時間なので投稿してみよう
怖いかどうかは微妙かもしれない。

「近所の沼」

これは僕の家の近くにある沼の話です。
その沼は近くに神社、お墓があるという絶妙な場所にあります。
昔から色々な噂が絶えず、「あそこは底なし沼」「あの沼にはカッパがいる」
「沼の近くに有る女性の蔵の前で10回回転すると嘔吐するor死ぬ」など不吉な噂が耐えませんでした。
それゆえ、おばあさんには「絶対に近づくな!」と何度も言い聞かされていました。

しかしそう言われると近づきたくなるのが子供です。
僕は友達と学校帰りに毎日その沼に寄っては魚を見て遊んでました。

この友達ってのが中々度胸があると言うか若干頭がおかしいというか・・・。
機会があれば紹介したい話ですが山の中の墓地集合場に迷い込んだ時にたまたま見つけた蔵の
鍵を開けて御札がびっしり貼ってあったドアを開けるぐらいの肝の持ち主です「その後僕らはエラい目に合いますw。

で「沼」の話に戻します
続きを読む

KUMA1892069_TP_V

937 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 14:10:19.64 ID:3ZpCWZj80.net
風習の類いなんでスレチだったら誘導願う
漏れの実家周辺(数軒)で今もある箱回しとか蓋回しって呼ばれてる縁起を担ぐ系な風習なんだけど、今年はちょっと異例だったので書く
この箱回しってのは、早くて4歳頃から名字の変わってない人だけできることになってる(回すのはルービックキューブをスライドさせるイメージに近い)
良いことがあれば続くよう右回し、悪いことがあれば去るように左回し、年内ならどのタイミングでもオッケーだけど年末の帰省のときに済ます人がほとんど
一応約束事として一回しか回しちゃいけないって言われてるけど、一周すると凹凸が合わさったみたいに動かなくなるから結局一回しか回せない
続きを読む

009sukagamino17103_TP_V

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/12/31 15:02
私がトラウマになった日本昔話。

小作人の夫婦が地主の家に米俵を納めに行きました。その年は凶作でした。
強欲な地主は、貧しい夫婦が米をネコババしてないかチェックしようと、
傍らで無邪気に遊ぶ夫婦の幼い一人娘に聞きました。
「おまえ今日何食った?」
娘は笑顔で「白いマンマ食った♪」。
地主驚愕。
「食ってんじゃねーか、あ?」
続きを読む

UNI_saigonDSC02703_TP_V

977 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 17:03:29.00 ID:1aaTbb/k0
昭和47年ごろ、太平洋に面した漁村でのできごとです。夏でした。
小学生の私は、ともだち(男)と一緒に砂浜を歩いて、漂着したいろいろなものを探すのが好きでした。
その日も、二人して午後の砂浜を歩いていたのですが、二人で遠くに変なものを見つけました。
(その時はことさら変ではなかったのですが)
それは、足跡でした。砂浜を足跡がずっと続いています。
ほとんどは波や風によって消されていましたが、それは比較的まっすぐに続いていました。
続きを読む

IMA20160724345015_TP_V

982 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 17:03:34.00 ID:FmPva4Aa0
海の話です。
戦中生まれの私が幼少のころ、祖父より聞いた話です。
その祖父は、さらに彼の祖父が話してくれた、と言っていましたから、そうとう昔の話だと思います。

ひなびた漁村では昔から、その村行きに流れ着いた漂着物はその村の所有物になる、というのがならわしでした。
ある日、嵐もなく、凪の日の朝に、大きな帆船が村の沖に流れ着いたそうです。
帆は降ろされていて動かないので、村の人々は手漕ぎの小舟で船に近づいて、声をかけましたが何の反応もない。
続きを読む

PPW_yousuiro_TP_V

119 :1/2:2012/09/01(土) 02:21:14.02 ID:0xEeX2gB0
小学3年か4年のころの話。

実家が山形で農園やってるんだけど、農園の脇を流れる農業用水路の出が悪くなったことがあった。
そこで、隣で同じく農園やってる顔見知りの爺さんが上流を見てくるってことになって、
夏休みで暇だった自分もそれについていった。
続きを読む
×