パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎の怖い話

中国
09/08/18
俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。

で、すえ付けや調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。

これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。
続きを読む

田舎の家
10/04/09
ずっと入院していた義母が他界したので義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。

隣の家まで歩いて10分というど田舎。電気も水道も止めてもらっていたので、色々手続きが面倒だった。

私と義妹で家の片付け、夫と義弟がご近所さんへのあいさつ回り。

昔庄屋だった義実家は、戦前は何人も奉公人が住み込んでいただけあり部屋数も多く、とにかく広い。
続きを読む

天明の大飢饉
09/12/03
オカルトではないけど歴史の話でちょっと面白かったので投下。

まぁ怖い話と言うかウチの地域(山間部)で実際に起こった歴史なんだけどさ。

1783~4年は世に名高い「天明の大飢饉(てんめいのだいききん)」が起こり、わが南部藩(なんぶはん)でもたくさんの人間が死んだ。

南部藩がまとめた『南部史要(しよう)』によると、餓死者が40850人、病死者23848人、一家全滅で空き家になった家は10545戸にもおよんだという。
続きを読む

井戸
08/10/03
小3の時だからもう10年以上前の話。

片田舎に住んでたこともあって、ゲームとかよりも外で遊ぶことの方が多かった。

特に小1から仲の良かった俺、A、B、Cの四人は、リーダー格だったCの家に隣接してる結構深い林でほぼ毎日太陽が沈むまで遊んでいた。

何年も遊んでたおかげで、林の構造は熟知してたつもりだった。
続きを読む

高架下
11/11/27
今年の夏、幼なじみの家に遊びに行ったんだ。その道すがら体験した話。なるべくまとめてみる。

幼なじみの家はチャリで15分くらい。うちの地元は田んぼが多くて、しかも街灯が少ないから夜はめちゃくちゃ暗いんだ。

道のりに新幹線の高架下を通るんだが、そこがいつも気持ち悪くてな。近所ではちょっと有名な気持ち悪いとこなんだな。目撃談もそこそこあるようだ。

俺は気持ち悪いのやだし暗くて怖かったから、イヤホンで聴いてた歌を歌いながらチャリこいでたんだよ。んで、高架下をなるべく意識しないように通過。
続きを読む

山道
11/05/23
怖いというか不思議な体験をしたことがあるんだけど、ここに書こうかどうしようか悩んだけど匿名掲示板だし書いてみようと思う。

昔、一時期ハチ族とかいって自転車やバイクで日本中を旅をするのが流行った時があって楽しそうだったんで、私もやってみようと思って1人でぶらりと自転車で旅に出かけたんだ。

2日目に近くのキャンプ場を探したんだけどなかったんで、公民館とか解放してるとことかあったし、地元の人に

「ここら辺に泊まれるところないですか」
続きを読む

夜の山道
10/04/24
ちょいと一つ挟みますよ。

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。

引っ越す前までは気ままに過ごしてこれたんだけど、引っ越してからはよそ者ということもふくめて周囲から浮いてしまい、アウェーな生活を送っていた。

そんなこんなで同じ年の冬。地域のマラソン大会の選手を選ぶためのマラソン練習が始まった。
続きを読む

鳥居
15/08/24
突然だけど、俺には古い断片的な記憶がある。おそらくだけど、俺には昔弟がいた。それは間違いないと思う。

母方の実家(茨城の糞ド田舎)の目と鼻の先には山があって、その山の入口には赤い鳥居があった。家の窓からでもその鳥居が見えるほどの位置だ。

ある日、4歳の俺は弟と一緒にその鳥居の柱の周りをぐるぐる回って遊んでた。ふと気付くと、5~6秒前まで一緒にぐるぐる回ってた弟がこつ然と姿を消してた。

せいぜい太さの直径が60cmぐらいの細い柱の周りを回ってたぐらいで、弟を見失うわけがない。
続きを読む

家の中
15/11/10
僕が小学生の頃、毎年お盆やその他の行事の時に田舎にある父方のおばあちゃんの家に家族でよく帰省していたんです。

親戚一同いつも同じ時期に帰省していて、お盆という事もあり僕と僕の家族の他に親戚が全員来ており、いとこが4人来ていました。

いつも家に着いてからみんなでDSをやったりいろんな遊びをしていたんですが、ふとかくれんぼをする事になりました。

おばあちゃんの家は元々宿をやっていたなごりでかなり広く、おじいちゃんとおばあちゃんの二人だけではありあまるぐらいの広さなので、かくれんぼをするにはもってこいでした。
続きを読む

田舎
09/09/10
人から聞いた話。

とある山村に5歳と、生まれて間もない二人の兄弟がいて、真昼間にその兄弟の母親が二人を寝かしつけて洗濯物を干してたんだって。

終わって戻ってみると二人の姿がなくて、あわてて探したら庭先からキャッ、キャッって楽しそうな声が聞こえてきた。

庭先を見てみると長男が楽しそうに庭先の水はけ様のミゾの近くで砂遊びをしてるんだが、赤ちゃんの姿が見当たらない。

母親は長男に聞くが、長男は砂遊びに夢中になっているのか聞く耳もたずだった。
続きを読む