パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

世界の謎

人体

181: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/20(月) 08:59:30.26 ID:zz36Z5td
手術を受けてドナーから内臓の一つをもらったら急に美人になった事(自分比)。 
心配してた移植に伴う病状は軽くてすぐ収まり、後はリハビリだと言う時点で 
自分の肌が何だかキメ細かくなり鼻が少し高くなっているのに気付いた。 
続きを読む

一反木綿

563 :本当にあった怖い名無し:04/12/01 00:00:29 ID:s6B8UQ9i
ある晴れた日、家の軒先で日向ぼっこしながら山を眺めていると 
山の方で何か白いヒラヒラした物が飛んでいるのに気付く。 
鳥かと思ったが速度が遅く、まるで宙を漂っているように見える。 
やがてその白い物は垂直に上昇し始め、ついには空の中に消えてしまった。 
続きを読む

ヒトガタ

34: 本当にあった怖い名無し 2010/10/03(日) 15:34:37 ID:uiitL0QY0
もう10何年か前になるけど、親父と親父の友達数人で船のイカ釣りに行ったんだ 
もちろんイカ釣りは夜中にライトを付けて釣る釣りだから 
夕方からの出船だったんだけど当日は天気もよくて、 
海に沈んでいく夕日を船の上から眺めて、一緒に来ていた 
親父の友達の子供と騒いだりしていた、で、暗くなった頃に 
ポイントに到着したんだが、かなり沖に出ているので 
360度何処を見渡しても水平線しか見えない状態で 
もし船が沈んだら絶対助からないな、などと親父と冗談を言い合いながら 
続きを読む

悪魔の詩訳者殺人事件

660:本当にあった怖い名無し:2008/04/25(金) 01:07:24 ID:ZFHIlIZFO
なんかスレ乱立してるけど、一番スレ番号若いからここにする。 
怖い話かと言われればそうじゃないけど。 
ウチの姉貴の高校の部活の顧問(以下S氏)の体験談。 


「悪魔の詩」を知ってるかい? 
本が好きな人なら普通に知ってると思うが、一応かなりテキトーでいい加減に説明しとく。
この「悪魔の詩」はサルマン・ラシュディと言うイギリス人(正確にはイギリス籍を持つバングラディシュ生まれのムスリム)により書かれた小説である。 
続きを読む

炎

340 :本当にあった怖い名無し:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:7SxKJrTV0
未だに起きる人体発火現象 

人体が自然発火!インドで3か月の赤ちゃん…「汗が原因で火が出た」(医者) 
http://www.j-cast.com/tv/2013/08/19181688.html 

インドで生後3か月の赤ちゃんが、生まれてから4回も自然に火が付いたという不思議なニュースがなにかと話題である。 
続きを読む

ジャングル

171:本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 05:11:25 ID:cQYTHW9f0
4~5年ほど前に、取引先の人から聞いた話。 
その人が言うに、もうだいぶ前の出来事とのことだから、少なくとも10年以上前のことと思われる。 


インドネシアにA氏(話してくれた人)、B氏、C氏の3人で仕事に行った。 
仕事といっても、半分は遊びを兼ねたような旅行だったらしい。 
そんなわけなので、仕事が終わってから10日近い暇ができ、最初の2~3日はのんびりと観光を 
楽しんでいた。3人とも現地は初めてではないので、なんとなく退屈さを感じていたところ、 
B氏が「ラフレシアを見てみないか?」と言い出した。 
続きを読む

小人

73: 本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 00:23:46.17 ID:LxAfStDy0
で、いきなり話変わるけど思い出したのでもう1つ投下させて下さい。 
(1/2) 
小学1年の頃、家で留守番をしていた。 
リビングと寝室が引き戸でつながっていたんだけど、 
引き戸を開けたまま、寝室にうつ伏せになってゴロゴロしながら 
顔だけを横に向けてリビングにあるTVを観てた。 

いきなり腕にチクッとした痛みを感じたので見ると 
白雪姫の小人みたいなのが3人+馬がいた。 
食卓テーブルに置いてあったはずの爪楊枝入れを持ってきてて 
その爪楊枝で私の腕を一生懸命に攻撃していた。 
続きを読む

時空の歪み

274: 本当にあった怖い名無し:2011/12/19(月) 22:20:48.23 ID:5lRx468S0
小さい頃、居間に「物事がゆっくりになる空間」とでも呼ぶべきものがあった 

ボールや小物を落としたり投げたりするとき、その空間を通過するようにすると 
通過する間だけゆっくりになる 
手や足を当てると、通過する間だけ水中みたいな抵抗を感じて遅くなる 
テーブルとかの上からそこを通過するように飛び降りたら、お腹から背中にかけて 
ぞわぞわっと抵抗を感じて、落下が遅くなる 
触れないけど、色んな角度から試した結果、
バスケットボールくらいのサイズで地上1メートルほどに浮いてた 
定位置 
続きを読む

三途の川

243: 本当にあった怖い名無し:2011/07/06(水) 02:15:53.47 ID:Ocnfqx1R0
母は幼い頃両親を亡くしていて、だから私からすれば祖母になるそのひととは面識はない 
母の母親の臨終の際には姉弟が集まって、とりとめもない話をして過ごしていたそうで、 
昔の話だから病院などへは行かず、家で最期を見守っていたそうだ 

元々明るい家系だから、しんみりすることもなく過ごしていたら、突然寝床の母が目を覚まして 
「あんたらがうるさくするから戻ってきてしまった、向こう岸にお稚児さんがぎょうさんおって 
楽しそうやったのに……」 
と言ったそうだ。 
そうしてしばらくしてから母親は亡くなったらしい。 
続きを読む

UFO

19/02/19
今から25年くらい前の話だ。

残業を終えて路線バス経由で自宅近くまで移動、私鉄路線をまたぐ長大なスロープ式陸橋をゆっくり歩いて越えて行く。

最頂部に立つと行く手の夜の街が見渡せた。前方頭上に巨大なレンズ雲が浮かんでいた。

時刻は10時過ぎ、季節は秋口だったと思う。

夜歩きする人間なら知っているだろうが、たまにこんな夜がある。真夜中近いのに空にはかすかに青味が残り、雲がはっきりと見える夜。

陸橋の上で立ち止まり、しばらく夜空を見上げているうちに、レンズ雲の底面を薄い光の染みのようなものがゆっくり移動しているのに気付いた。
続きを読む