パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖くて切ない話

切ない

18/09/16
怖くもない話ですが、私の唯一の不思議な体験を投稿させていただきます。

祖父に関するお話です。
私の母方の祖父は明治生まれで、戦時中は陸軍の軍人、終戦後は自動車整備工場で働いていました。
祖父の子は6人で、母は末っ子でした。
祖母と共に、たくさんいる孫の中でも特に私を可愛がってくれていました。
20年ほど前、そんな祖父でも老いには勝てず、93歳で他界しました。
2/29になったばかりの深夜で、祖父が亡くなると同時位に雪がパラパラと降ってきたのを今でも覚えています。
悲しすぎて塞ぎ込み、なかなか立ち直れませんでしたが、
当時すでに社会人でしたので、仕事に没頭し、気を紛らわしていました。
転勤も多く、同じところに何年も住むことはありませんでした。
続きを読む

山

05/07/26
毎年夏、俺は両親に連れられて、祖母の家に遊びに行っていた。 
俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、
二十年ほど前は、隣の家との間隔が数十メートルあるのがざらで、
田んぼと畑と雑木林ばかりが広がる、かなりの田舎だった。 
同年代の子があまりいなくて、俺は祖母の家に行くと、いつも自然の中を一人で駆け回っていた。
それなりに楽しかったのだが、飽きることもままあった。 

小学校に上がる前の夏のこと。
俺は相変わらず一人で遊んでいたが、やはり飽きてしまって、
いつもは行かなかった山の方へ行ってみることにした。
祖母や親に、「山の方は危ないから言っちゃダメ」と言われていて、
それまで行かなかったのだが、退屈にはかなわなかった。 
続きを読む

奇跡

08/09/26
7ヵ月の娘に心臓の異常が見つかり、市内の病院に精密検査のため入院しました。 

混合病棟だったのですが、娘の隣のベッドの患者は、 
なんと25年前に離婚で生き別れた私の実母でした。 
当時私は2歳で、顔も温もりも覚えていません。 

5歳年上の姉に色々と調べてもらい、確認も兼ねてお見舞いに来てもらったところ、 
やはり母は実母に間違いないと判明し、親子3人で抱き合って泣きました。 
続きを読む

猫

11/09/11
ある朝、頬をなでられる感触で目覚めた。

おそらく飼い猫のチョビだろう。肉球でピタピタと俺の頬をなでている。だが俺は眠い。まだまだまどろんでいたく、無視した。

ハッと気がつくと、起床の時刻をやや過ぎていた。目覚まし時計をかけわすれていた。その日は本命の入社試験日だった。
続きを読む

日本、映画のような話、岐阜、白川郷

20名前:
犬の親子と女の子sage投稿日:2011/05/17(火)02:46:41.51ID:rpqNSiVS0
私の家は昔の古い日本家屋といった感じの、ジブリの映画に出てきそうな家でした。

土間や畳敷きの大広間、竈のある台所に仏間と16畳の和室。和室は障子を開け放つと縁側に面した庭が一望できました。

家の後ろはすぐ山肌になっており、春には山菜が良く採れていました。その家に私は、曾祖母、祖父、祖母、父と母、我が家の愛犬ジョンと一緒に暮らしてました。
続きを読む

男、海、不思議な体験

750
1sage2012/08/08(水)03:05:33.32ID:HwYxjIUL0
当時嫁と3歳の娘が居て幸せな家庭だった俺の話。

収入こそたいして多くはなかったけど幸せな家庭を築いていた

ただ、8年勤めた仕事は賃金が下がり上司や同僚もリストラにあい、個々人の仕事量事態は増え、私は心身ともに疲弊の一途を辿っていた。

最近夜遅いのね、身体は大丈夫?と嫁に心配され食事もろくに取れず、体重も10kg減りかなり苦しい状態だった。

最愛の家族を養う為にも働かなければと日々頑張っていたのだが、一度職場に向かう途中で倒れ、気が付くと病院のベッドの上で点滴を受けていた。
続きを読む

思い出

08/01/19
俺、小さい頃の記憶ってほとんど残ってないんだけど、ひとつだけものすごく鮮明に思い出せるのがある。

幼稚園の頃、俺は幽霊の女の子と遊んでた。その子は確か名前はリツコ。

はじめて会ったのは、当時住んでた団地の裏手に広がってた。

芝生の空き地で一人で遊んでたときだった。俺は彼女と出会い、しばらく一緒に遊んだ後、リツコは自分が幽霊であることを俺に明かした。

自分から正体を明かすなんて今思うとかなり珍しい種の幽霊だったと思う。

リツコは至極真剣な顔だったから、俺は彼女が嘘をついているようには見えなかった。実際よく見たら足がない。本物だと思った。
続きを読む

川

17/03/31
北東北のある人が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた。

ある程度釣り歩くと、すっかり日も暮れて川に夜が来た。

それでもその日は結構パタパタと魚信があったので意地悪く釣り歩いてると、急に川が開けて、いかにも釣れそうな場所が現れた。

今日の最後はここで締めくくろうと竿を振ると、突然ブワーッとホタルが舞い始めた。

ホタルはまるで川面から湧き出すように飛び回り、川は幻想的な雰囲気に包まれた。

こんな量のホタルは珍しいなと思った途端、川から人の声が聞こえてきたという。
続きを読む

祭り

09/10/10
不思議だった話をしたいと思います。

小学校に上がった私自身はまだ周りには見えない者を見ては泣き、逃げ回っていた頃です。

祭りがあるからと親と一緒に縁日に出かけました。

その縁日は田舎なので広くもなく、出店が10店舗程しかないものでした。

出店にワクワクしていた私は親と手を繋ぎつつキョロキョロと辺りを見回していました。

ふと、手を振っているお婆さんがいました。目線はこっちを向いてニコニコ笑っています。
続きを読む

【切ない話】おじいちゃんと幽霊

8
本当にあった怖い名無し sage2011/09/28(水)00:00:07.55ID:FxPpn85b0
オレが小学生のとき、親父が家を建てた。
念願の一軒家で家族皆喜んだ。

しかし引っ越し後ほどなくして女の幽霊が出るようになった。
俺は見たことがないのだが、両親は深刻になやんでおり、特に母は気を病んでしまい、家は大変だった。
続きを読む