パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖くて切ない話

友達

13/07/11
俺、2年前の震災で友だち亡くしてんのよ。

で、震災の少し前に、その友だちと町で遊んでいたときに、不意にソイツが俺のことをケータイのカメラで撮ったのな。「おもしれー顔w」とか言って。

そして、あの日。お昼過ぎにソイツからメールの着信があった。忙しかったんで、中身見るのは後でと思ってたら、でかい揺れ。

その後の混乱はみんなも知ってのとおり。

俺の住んでいた町は壊滅的な被害を受け、ソイツは行方不明。たぶん、波に飲まれた。遺体は見つかってない。
続きを読む

夕日

15/06/19
旅行先で母親が脳溢血で急死した。

遠方の実家の葬儀に行くため1週間仕事を休んだ。

忌引休暇を終え、夜行バスで朝職場のある街に戻りそのまま仕事をした。上司が気を使って飲みに連れて行ってくれた。

一人暮らしの部屋の玄関を開けて

「ただいま」

といつものように言うと

「おかえり」
続きを読む

友達

16/05/04
アラフォー俺の死んだ幼なじみの話。

友人とは近所で同い年なので物心着いた頃から家族ぐるみで仲が良かった。

中学の時に友人の母親が病気で亡くなった。

友人はマザコン?!ってくらい母親と仲が良かったので凄く落ち込んでた。本当に一言も喋れなくなって学校にも来なくなったくらいだった。

その年の夏休みにその友人が失踪した。

捜索隊も結成されて俺も参加し友人を探したが結局見つからなかった。が、その数日後に中学の教室で一人で座ってるところを先生に保護された。

友人は頑なにどこで何をしていたか言わなかった。
続きを読む

不思議

16/02/24
大した話じゃないけど実際に俺が不思議だと思ったこと。

大学の頃地元の友達の家でバイトしてた。仕出しもしてる割烹。

俺の仕事はお客さん帰ったあとの片付け、皿洗い、そして配達。配達っていうのが近所の寺や葬儀会場に弁当や料理を持ってくのが主。

お通夜の時の葬儀会場への夜食の注文もよくあった。

で、なぜかそれの注文の数がよく間違える、しかも必ずひとつ多い。葬儀場の裏口で遺族の人に、ひとつ多いよ、と言われることが結構あった。

注文を受けるのは女将である友達の母ちゃんか中居さんで俺のせいじゃない。
続きを読む

子供

268:11/04/24(日)00:44:01.59ID:bkZl9T0x0
過疎ってるがアホで特殊能力(or邪気眼?)持ちの兄貴の話を。

記憶に残る兄との最古の記憶は、四、五歳?もっと昔だったか、なぜか口喧嘩(というか討論)のやり方を教わっているというもの。

相手が間違ったらそこを叩け、とか、揚げ足をとれば矛盾や間違いに誘導できる等(確かこんな感じの内容を分かりやすく噛み砕いて教えられた)かなりエグい内容だった。

子供心に、(というか兄も十分子供だったはずなのだが)

「何でそんなこと言うの(教えるの)?」

と聞くと、
続きを読む

恋人

17/04/08
空気読まずにごめんなさい。

霊的な事、不可思議な体験てのは、自分がどうとらえるかでしかないと思いながら40数年生きてきた自分が、唯一これだけは、と信じている、というか信じたい体験。

子供がある年の秋に生まれて、年明け間もなくに子供の父親が亡くなった。

乳飲み子をやっと寝かしつけてうとうとしかけた明け方のリビングで、窓という窓をドンドンバンバン叩く音で目覚めた。

なんだなんだと思っている矢先に携帯が鳴った。子供の父親が亡くなりました、との知らせ。

その頃はその報せに仰天、その後もなかなかどうして大変な数年で、窓を叩かれたことすら思い出すこともなかったのだけど、最近やっとあの音を思い出す。
続きを読む

ファンタジー

160:18/05/20
16/09/16
十年位ドラゴン倒したりと忙しい冒険生活送ってたんだけど、ふと自分がおかしいことに気づいて、周り見たら精神病棟だった。当時28歳。

改めて医者に解離性障害って聞かされて、学生の頃にとんでもないいじめにあってたことも思い出した。

突発的に精神病が治るのは稀らしくて、もう治ったって主張してから一年経って退院できた。
続きを読む

恋人

11/08/10
数年前のことです。

夜中に物音で目覚めると、窓がカタカタ揺れていた。無視していたが、音はいっこうに止まないので、カーテンを開けてみた。

驚いたことに窓の外に女性が1人立っていた。網戸に手をかけてカタカタ揺らしていた。

女性が誰かはすぐわかった。十数年前付き合っていた俺の高校時代の彼女だった。

彼女とは付き合い始めて二ヶ月もしないうちに、周りの冷やかしに気まずくなり、フラれたという嫌な思い出があった。

なぜうちにいるのか、不自然過ぎる光景に俺は驚いたが、彼女は何事もなかったかのように、俺との思い出話をし始めた。
続きを読む

悲しい

17/06/17
祖母が末期癌で家で療養してた頃、祖父と母とはすでに他界してたから面倒見るのは俺だった(父は養子だからか知らんぷりの糞)

親戚やヘルパーさんが日中の世話はしてくれるから、俺の日課は仕事から帰ったら自分で飯を作って祖母と話しながら食う事。

そんな祖母はある時から痛みを訴え始めた。親戚と俺は苦しむ祖母を見かねて強めの痛み止めを処方してもらった。

それから祖母は植物人間状態で眠り続けた。

俺の日課は変わらず祖母の近くで飯を食べて食べ終わると風呂入って寝るだけ。
続きを読む

時計

08/11/08
子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。

見えなかったから何かの正体は分からなかったけど、イタズラ好きだった。

例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、良く隣の人の肩をトントンと叩いてた。

うまいこと見てない隙を狙うので、大抵は俺が疑われた。小学校三年生辺りで慣れた。

ただ、時計が狂うのは困り物だった。

電池式・家庭用電源・アナログ・デジタル問わず、身の回りの時計は15~30分はズレた。

音楽を聴いてると、スピードが早くなったり遅くなったりした。
続きを読む