パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖い話

倉庫

510: 味ポン 2001/07/22(日) 21:54
百物語に書きそびれ、死ぬほど怖くもないのでここにします。

3年前、私は某会社の倉庫兼配送センターでバイトしていました。
そこは1Fがトラックの搬入口、2Fの半分は事務所で後は商品の梱包所、
3F~5Fは倉庫になっています。
私は2Fの事務所で事務の仕事に就いていました。
続きを読む

死神

212: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 11:25:40.09 ID:u1vlBb9Y0
以前どこのスレに書き込んだか忘れたが、
異常五感家系の男が来ましたよ。

先週の園児娘の発表会(学芸会)に来た親父が、
他学年の舞台を見ていて呟いた。
「お、あの子は…」
俺「知ってる子でもいた?」
親父「右から3番目の子は知ってるか?」
俺「あの学年には知ってる子いないよ」
親父「そうか」
続きを読む

海

260: 本当にあった怖い名無し 2018/07/15(日) 14:31:05.84 ID:TC++y/FY0
昔から、兄弟は霊感が強かった。よく金縛にあってた。ちなみに親族で一番強いのは叔父。県内で有名な心霊スポットには行けないらしい。

しかし私はというと、全くそういうのに縁がなかった。逆に変なおじさんwみたいなのに絡まれることはあったが。
海に面した県に住んでいるので、夏にはよく海に行く。8歳ごろそれで潜水して遊んでいたのだが、大きな岩にぶつかった。その岩は後で砂浜から見ると、太い縄が巻いてあった。
続きを読む

砂浜

421: 本当にあった怖い名無し 2018/08/03(金) 23:31:58.16 ID:7tSJoP6T0
海沿いのリゾートで1年間のバイトをしたときの話です
敷地内に広い散策路があり、水場やアスレチックスもあるため、夜間は酔っ払い客や不法使用者の侵入が絶えない場所だった
実際大小事件はあったが、オーナーと地元が箝口して表沙汰にはならなかったらしい
くまなく一周すると二時間はかかる敷地を社員やバイト、警備員の夜勤担当の二人組が交代で見回る事になっていた
続きを読む

マンション

596: 本当にあった怖い名無し 2018/08/16(木) 14:53:26.26 ID:F1xjjWOg0
このスレ見てて思い出したから書きたいと思う。
これは俺が体験したと言うよりは、俺の友人が体験した話を聞いたもの。

それは今から5年前 俺が大学生の頃に同じサークルの仲間と友人Aのマンションで飲んでた時のこと。
深夜くらいまで飲んでいて、つまみがなくなってしまった為、友人Aにお願いして近くのコンビニまで買いに行ってもらった。
続きを読む

神社

2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 17:25:50.75 ID:+u4a7V3v0
これは今から3-4年ぐらい前。
場所は都内某所の神社。
俺は健康と腹の贅肉を少なくするため、週末自転車で1,2時間ほど走る。
自宅から30-40分ほど自転車で走ったところにその神社がある。
社殿が北向きの神社である。鳥居から社殿までの参道の長さは大体40-50m。小さい神社ではない。
続きを読む

家の中

515: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/23(月) 00:24
ちょっと前の話なんですが
祖母の葬式に出たとき
遺影がずっっっとまばたきしていました。
でも誰も気付かない。ありがちな話ですが
恐いというより不思議だった。
祖父のときはもっと恐い目にあったので
もうしばらくは葬式に出たくない。
続きを読む

夜の山道

418: 本当にあった怖い名無し 2018/08/01(水) 18:39:26.54 ID:6uSFa/1m0
昔あった恐怖体験

高校生の時夏休みに友人二人と俺の合計三人で東京から千葉の九十九里へ海水浴に行った
三人それぞれ原付スクーターで行った帰り道
千葉を横切る街灯もほとんどない山道を俺が最後尾で走っていた

ふと右のミラー(当時の原付は右ミラーしか付いてなかった)を見ると
人の横顔のような白いモヤモヤが映ってた
気のせいか見間違いかと思い何度か見直してもずっとソレがいた
続きを読む

玄関

745 :本当にあった怖い名無し :05/03/20 21:18:40 ID:pvPF5NP6O
じゃ、もう一つしょぼめの話を。
これも10年以上昔の話だけど、家族で夜ご飯食べおわってみんなでぐだぐだしながら、お茶飲みつつおはぎを食べてたら、
玄関開ける音がして「こんばんわ」って聞こえたの、で、玄関に行ったらだれも居ないと。「恐いねー」とか言いつつまたお茶を飲んで、その日は終わり。
続きを読む