パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖い話

HIRO1018075_TP_V

634: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 23:20:18.48 ID:+/MgsF4w0
話をぶった切るようですみませんが、最近私?が体験した怖い話。
自分じゃなくて、むしろ、周りが怖がっていたのですが。

・私と電話した相手の方に女の笑い声が聞こえる、もしくは呻き声が聞こえる(自分の方は異常なし)
・こちらの発信履歴がないのに、私から着信があったと言われる。
・同僚のスマホなどの充電が私が一緒の時の減りが半端ない。もしくは、充電がいつの間にか切れてる。
・電化製品すぐ壊れる(新品で買ったものの3割が初期不良)
・自宅のベランダに夜の3、4時ごろカラス様の来訪

箇条書きにするとあまり怖くなかったです。
すみませんでした

続きを読む

kusatuPAR59870_TP_V

97: 本当にあった怖い名無し 2007/01/22(月) 01:05:32 ID:Nz9GjLYy0
この話は私が大学時代に経験した今まででもっとも怖ろしかった出来事です。
友達はだれも信じてくれないんですが、紛れもない事実なので聞いてください

私が大学3年の夏休み、学生生活にも慣れ日々充実した毎日を過ごしていました
夏休みにもなると学生は急に暇になります 初めは友達と馬鹿なことして遊んだり
日々過ごしていました。
夏休みも中盤に差し掛かり友人たちは皆一同に故郷に里帰りをしていまして
僕だけが残っていました そこで、どうせ暇だし思いでつくりに一人旅に出かけることにしました。
目的地はN県の海の見える小さな温泉宿 初めての一人旅にわくわくしながら
車を走らせ途中の様々な美しい景色に目を奪われ夕刻には目的地に到着しました
チェックインを済ませ女将さんらしき女性に部屋に案内されました しかし
なにかじっとりとした雰囲気の旅館で「なんだか本に載っていた写真とはえらいちがいだなあ」
などと思いつつ、しばしくつろぎ早々と風呂に入り食事を摂り疲れからかいつしか
眠りについてました。
深夜妙な寝苦しさからか目を覚ますと時間はすでに2時を回っていました
しかたなく喉の渇きを癒すため廊下にある自販機に向かう途中にソレはいました
薄暗い廊下 非常口の光だけが不気味に光る奥のほうになにかがが立っていました

続きを読む

RED1211031_TP_V

796:首なし地蔵:2010/02/18(木) 10:51:09 ID:qHWiZd6Y0
小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。
その人は皆から『セミの兄さん』と呼ばれていて、
一緒にサッカーをしたり虫取りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。
自分はその頃、都会から転校してきて間もなく、そのお兄さんのことをほとんど知らなかったのだが、
遊べば遊ぶほどに、不思議な雰囲気をもつ人だなと思った。
すごく物知りだなーと思う時もあれば、え?こんなことも知らないの?と驚くこともあった。

続きを読む

bobspringle1183P3070127_TP_V

252 :呪われてる1 ◆lh3REEGwNw :2009/12/28(月) 13:51:10 ID:3/eWtlpR0
取り敢えず、子供の頃の話。
今は都会へ引っ越してきてるんだが、子供の頃は村?(っていうか集落かもしれない)に住んでたときの話。

俺んちの裏には山が在った。なんの変哲もないただの山なんだが、詳細はそうでもなかった。
その山は、村で「呪われている」と噂されてたんだ。
だから両親や祖父母からは、「絶対に行くな」と念を押されたし、俺も流石に行かなかったんだ。
なんでも、山に入るとそれを期に良くないことが起きるらしい。それか、山の中で遭難(神隠し?)。
村では有名な心霊スポットであり、だれも行かない心霊スポットでもあった。
でもそんな中、一定の人間だけは山へ行くことがあった。
それはいわゆる旅行客。恐らく、この村内だけの噂だったんだと思う、山が呪われているってのは。

続きを読む

susipakuAB777PAKU3541_TP_V

570: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 06:49:30.93 ID:nK5sxf0G0
今から先日私が体験した事を書きますが
これを読んで何か起きたとしても責任もてないので
読みたくない人は読まないでください。

私は東京都の西にある市に住んでいます。
そこが地元の友人と私を含めた3人の合計4人で
昨年末お酒を飲んだ時に聞いた「でんでん」という話です。
話をしてくれたのはその市が地元の友人で
友人の祖父から聞いた話らしいのですが
この話を聞くと「でんでん」というものが夢に出てくるという話でした。
この話を聞いてから数日以内に夢の中で
自分が通学や通勤やコンビニに行く時なんかに使ってる道が出てくるそうです。

続きを読む

SP22311028PAR57453_TP_V

404: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/12(土) 23:32:31.27 ID:4WRFcuth0
ちょっと前までなんとも思ってなかった体験ですが、今思うと尋常じゃなく怖いので話します。
昨年の9月、勤務先の事務所が移転し、道路に面した大きく綺麗な建物になりました。
引越し作業に夢中になっていると、いつの間にかお昼時になっていました。
先輩が「よし、飯食うか。」と言い、周りの同僚も同意し近くのファミレスに行くことになりましたが、僕はまだ途中だった作業があったので、「先行っててください。後から行きます。」と言って、また作業に戻りました。
先輩たちが出ていって15分程たった頃、ふと顔を上げると広いオフィスの入口から紺色のワンピースに身を包んだ女の人がこちらを見ていました。美人なはずですが、なぜか酷く疲れているように見えました。
僕はまだ同僚が残っていたのかと思って、「○○先輩たちなら先にガ○トでお昼を食べてます。あなたも先に行っててください。」と言いました。しかし女性は無反応で、ただただこちらを見つめるばかりでした。

続きを読む

bobkumamoto351P1030217_TP_V

684 :1/5:2009/11/06(金) 20:27:45 ID:YVT3dqap0
二、三年前の友人の話。
お払いというか供養代わりに話してくれということです。

私の友人(以下N)は歴史が好きで、昔から趣味でそういう小説を書いている。
その頃、彼女が書いていたのは、とあるお城が落城した時の話で、
多くの女性や子供が犠牲になったらしく、小説はそのお城の生き残りという設定の女性が主人公だった。
ただNは、最初は主人公が生き残った後の話を書くつもりだったので、
落城自体を深く掘り下げる気はなかったらしい。

続きを読む

hospital-1802680_960_720

676 :本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 13:51:42 ID:t3dkgFsD0
15,6歳の頃(10年以上前)、持病の悪化が原因で入院した病院での出来事です。

その病院は市内から少し離れた山の中腹にあるのですが、
かなり昔から経営していたらしく、ところどころ木造部分が残ったレトロな建物でした。
個人経営だったのか規模は小さく、診療科が5つくらい、病棟のベッド数も全部で30くらいしかなかった気がします。
ただ僕の抱えていた病気に関しては名医がおられたそうで、僕も別の大病院から紹介されてそこに至りました。

ある日の深夜、僕はふと目が覚めました。時刻は3時頃だった気がします。
病院での怠惰な生活でリズムが狂ってしまい、睡眠も不規則になっていたからなのでしょうが、
僕は特にやることも無いので煙草でも吸いに行こうと思いました。
その病院の喫煙所は病棟内のスミにあり、中は2畳位で床に赤い絨毯が敷いてあります。
両端にイスが並び、小さな蛍光灯のみの閉鎖的なつくりでした。
病院1階入口にある自販機でコーヒーを買い、2階に戻って普段通り喫煙所のドアを開けた瞬間・・・

続きを読む

neru1172011645_TP_V

379 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 15:57:14 ID:Y/MLGaSUO
もうかれこれ10年前の話。まだ自分は9歳だった。
諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ば、母親とも一緒に暮らすことになった。
祖母とは小さな漁師町に住んでいたけれど、転校するのは嫌だったが、母親が住んでいる町に引っ越す事にした。
母親は団地に住んでいたので三人で暮らすには手狭、ということで一軒家を借りることになった。

少しして、町の不動産さんに紹介され、家族三人で内見に行った。
小学校からも遠くない、道路にも面しているし小さいながらも物置がある。駐車場もあった。築20年位に感じた。
まだその家には人が住んでいて、契約が決まり次第退去、引っ越しの手筈だった。

続きを読む

susipakuAB716IMGP1741_TP_V4

755: 1/9 2007/01/18(木) 21:22:52 ID:jI90xO0n0
数年前、某県にある山での話。
俺は当時食べ歩きを目的とした大学サークルに入っていて、
一月に一回くらいのペースで美味いって評判の店なんかを巡ってた。
普段行くところはだいたい県内だったけど、長期休暇なんかには泊まりで遠出とかもしてたわけだ。

続きを読む
×