パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

人怖

bocchigass015_TP_V4

133 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 13:34 ID:bXM6S1P+
私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。(現在は結婚して、家は出ていますが)
私がまだ母と暮らしていた、17歳の頃の事です。

夜中の3時ぐらいに、ピーーと玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて、二人とも起きていました。
「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、私が「はい」とインターフォンをとりました。

続きを読む

child-1439468_960_720

285 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/16(水) 17:41:52.42 ID:2MIIE58i0.net
こないだ久々に会った知人が後味悪だった。
むしろかすかにホラーかもしれない。

その子5歳になる娘がいるんだけど、子供に敬語使わせてるのね。
誰区別なく丁寧語で、しっかりしてる感じで好感も持てるけど、窮屈じゃないのかなとはつねづね思ってた。
会ったのはカフェ的なとこだったんだけど、娘が店員さんに思わず「うん」って返事しちゃって、それ聞いた知人ブチギレ。
「敬語で話せっていってるだろうが!」とか。
どっちかっていうとおっとりした子だったから、もうビックリですよ…(°д°)
娘はゴメンナサイって言って俯いてた。

続きを読む

YUUSEI85_yomichiwoaruku15224106_TP_V4

508 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 03:47:11.84 ID:QaJNwUQm0.net
個人的には核弾頭クラスで後味悪かった話投下するよー
DQN自慢に入るかな?
かなり特殊なんで適度にフェイクいれつつ。

友人(男)のお母さんの不倫自慢。
たぶん50くらいなんだけど確かに美人で、
バブルとかでえらく持て囃されただろうなーっていう人なんだけど(結婚前の職もCAみたく美人の代名詞的な仕事だったし)、
友人の担任と不倫。

続きを読む

BOB2028044_TP_V

368: 本当にあった怖い名無し 2017/10/31(火) 01:48:48.00 ID:Kw9uzLdb0
スレ重複してるの気づかなかったからこっちに。
自分が体験した話なのでオチもクソもないけど、溜め込むの嫌だから書き込む。長文注意。
子供の頃、近所にごく普通(だと思っていた)の一家が住んでいた。仮に山田家としておく。
山田婆さんはよく犬を散歩させており顔を合わせる機会が多かったし、私や近所の子供たちに対してとても優しかった。
続きを読む

tunnel-197549_960_720

314 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/03(木) 23:52:24.84 ID:6/BebpsC0.net
実話を元にした映画『ソハの地下水道』。

第二次世界大戦中のドイツ。
主人公「ソハ」は、下水道の修理人という職業の傍ら、
無人となったユダヤ人の家に空き巣に入ることを副業としている小悪党だった。

そんなある日、ソハは下水道隠れていた大勢のユダヤ人を発見する。
見逃してほしいと懇願するユダヤ人たち。
ソハはユダヤ人の足元を見て高額の口止め料を要求した。
それ以来、下水道のユダヤ人たちを匿って世話をすることがソハの副業となった。

0 続きを読む

c0203277_19232588

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 05:27 ID:jQ2C7Hj/
一昨年まで、東京の三鷹に住んでた。
アパートの俺の部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、
郵便受けにバーナーかなんかで焼いた様な10円が入れられた。

気になって、入れる瞬間を誰がやってんのか見てやろうと思って、夜中に覗き穴を覗いた。
すると急に覗き穴の視界の下から、ニュッと座敷女みたいな奴が出て来て、ゲラゲラ笑い出した。
怖くて絶叫しちゃった。

続きを読む

horror444_TP_V

392 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/10/19(月) 18:02:45.76 ID:ZR1pPntG0.net
知り合いに中途半端な歳で上京してきたフリーターのMがいるんだが、
数人で家飲みしていた時に、上京の理由をMに結構しつこく訊いた奴がいた。
Mは最初嫌がっていたが、酔っていたからか「絶対引くなよ」と前置きして話し出した。

Mは普通に地元の大学を出て、地元の企業に就職した。ずっと実家暮らしだったそうだ。
ある夕方、たまたま早上がりをしたMが家路を歩いていたら、向かいからやってくる人影が突然Mに駆け寄ってきた。
人影―――女は「Mさん、久しぶり!元気だった?」とさも親しげに言うが、Mにはその女に憶えがない。
続きを読む

YATN20505_7_TP_V

861 :本当にあった怖い名無し:04/11/29 01:47:12 ID:ULDwsM1m
じっちゃま(J)に聞いた話。

昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。
一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、
梅は「生まれ故郷を離れたく無い」と村に残った。
しかし他の村民の話では、「足手まといなので置いて行かれた」そうだ。

続きを読む

neru1172011635_TP_V

336 :本当にあった怖い名無し:04/11/20 13:36:01 ID:7VcYxe3h
全然怖い話ではないと思いますが、私の身の回りの話を聞いてください…
というより、この話をここに書く事で、私自身に勇気を下さい。

身内の恥を晒すようなのでアレなのですが、従兄弟の家はあばら屋なのです。いつ崩れてもおかしくないほど。
そんな家で従兄弟家族は住んでいます。
お金も余り無いようで、うちの家にしばしば借りに来る事もあります。
お金を返してくれた事はありませんが…。

続きを読む

susipakuAB760IOMI1080_TP_V

669 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/17(日) 17:17:20.03 ID:MjJhXeVr0.net
後味が悪いっつーか、単なる俺の愚痴になるかもしれんが…

今日の話。
朝電車乗ってメールチェックしようとしたら、
隣の座席の品のいいおじいさんが、「もしもし?車内は携帯はいけませんよ」と俺に諭すように囁いてきた。
俺は慌てて「あっ、すいません…!ありがとうございます」と頭を下げてスマホをしまった。
そしたらおじいさんは、ほう…みたいな空気になって、
「注意してお礼を言われたのは初めてですよ。これは気持ちのいい思いをさせてもらいました」と笑った。

続きを読む
×