パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

生物

山奥
我流格闘家:06/10/24
俺は毎年夏は2ヶ月ほど山ごもりして修行している。他人は変人扱いするけどね。

深山の川の近くの洞穴を寝床にして、食料は川魚や野草やカエルやヘビなど…完全に現地調達。

文明の利器と呼べる物はいっさい持参しない(ナイフぐらいか)。山では、徹底的に己をいじめぬく。冷水に体を浸し精神統一、岩を抱いて山野を駆ける、木からぶら下がり逆さの世界を延々と眺める…

まぁとにかく体を鍛えてるわけだな。警察にも注意を受けた事は何度もあるけど…それはさておき、不思議な体験も幾度となく経験した。それを書く。
続きを読む

犬
11/08/21
科学的にありえなくたって面白ければおk

ありえないとわかっていても遭遇してしまうのだよ、先日のように…

締め切って誰も出入りできない場所になぜか犬が入り込んでいた。外に出して鍵かけても翌日また同じ倉庫の中に犬が。

あれは一体なんだったんだwww犬が入れるすき間などないのに。

鍵も俺しか使っていないはずだし、誰も倉庫を開けなかったら犬餓死したのかな…3日目はさすがに犬入り込んでいなかったけど。
続きを読む

不気味な犬
16/09/20
えーと
よくある、とはいえ体験するとトラウマになる話。20年以上前。

小学校でウサギとニワトリの飼育委員をしていた。元々動物が好きで、飼育委員担当の先生とも仲が良かったから、委員を決めるとき率先して立候補した。

その時の採用条件は、立候補した子供が責任を持って動物の面倒を見られるか、だったから、動物が好きな俺ともう数人、違うクラスの子供が担当になった。

飼育小屋の鍵はナンバーロックで、担当の先生が開け閉めして飼育委員がそうじをする、っていう方式だった。生徒が鍵を閉め忘れしないように、っていう理由だったと思う。
続きを読む

虫
06/10/18
秋だから当たり前だけど、家の回りで虫の声がずーっとしてるわけだ。

ウチなんかとくに田舎だから、晩夏あたりからは窓開けるともう目覚ましみたいになってるのな。「リーリー」だか「ガシャガシャ」だかうるさくて仕方ない。

こんな中じゃとても眠れやしない。だから少々暑くても窓閉めて扇風機つけて寝るしかないんだ。

しかし今年は特にひどくて、窓開けると頭がガンガンするくらい鳴り響いてるのな。

で、この間びっくりしたのが「リーリー」とか「ガシャガシャ」に混じって変な音が聞こえてくるのよ。「ウォアー」だか「ウンンンー」だか知らないけど。
続きを読む

怖い家
13/09/26
建替えた持家と一時住んだ借家の話。

子供の頃、あちこちガタのきた古くて狭い木造家屋に住んでいた。

隣に土地を買えたので、そのボロ家を潰してちょっと広い家を新築することになった。さぁこれからって時に祖母が病気になり、半年後に亡くなった。

家の建替え費用から数百万が治療費や葬儀に消えた。

当時のうちの家計では、消えた費用をもう一度貯めるには何年かかるかわからない。建替えをあきらめるか悩んだ母は、伯母の紹介でとある占い師に相談した。占い師いわく

「無理してでも建てなさい。急がないと家族に不幸が出るかもしれない」
続きを読む

虐待
06/04/12
私の一番古い記憶は三歳。

木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。

祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。

私は母に虐待されて育った。

飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻(せっかん)された。
続きを読む

カラス
15/02/07
俺の体験した怖いというか気持ち悪かった話を。

小学校低学年の頃、団地内の公園で遊んでいた時の話。友達の一人が公園の隅で鳥の死骸を見つけた。

「鳥が地面に落ちてる!」

っつってみんなで集まって、一人が棒で死骸をつついていたら、通りすがりのオッサンが

「お前らそういうのはそっとしとき」

だったか、そんな感じで軽いお叱りをしてさっていった。(団地では粗相して知らないオジサンオバサンに叱られるのは日常茶飯事だった)
続きを読む

謎の生物
06/01/12
これは幽霊とか妖怪も出てこないけど個人的に怖かった体験。

俺は子供の頃、近くの川で良く生き物採集をしてた。川で捕まえた生き物は、気に入った奴を家に持ち帰って飼育してた。

ちっちゃな川で、大物でもミズカマキリとかコオイムシぐらいしかいなかったんだけどね。

水槽の中には水草と10匹ほどの小魚と水生昆虫が5匹ほど仲良く暮らしてたわけですよ。(小魚は大抵一晩で全滅)

その日もお気に入りのためのエサとカッチョイイ虫を探して川で捜索してたんだ。ゲンゴロウとかタガメ等、図鑑でしか確認したことのないような大物探してアミを振るってた。
続きを読む

馬
12/06/19
小学校の帰り道に古い橋があって毎日通ってた。

ある時、その近くで馬をみた。牛はともかく馬は珍しいなと思ってた。

次の日から馬は数が増えて距離も近くなって、一緒に橋を渡って帰る感じになった。

ある日、馬がいないから何となく橋の下の川をのぞき込んでみた。すると身体が折れたような、いびつな馬がたくさんいてこっちを見つめていた。

それまで正体もわからん馬をなぜ怖く思わなかったのか、急に寒気がして家に走った。
続きを読む

カッパ
12/07/03
私の祖父は泳ぎがうまい。よく一緒に山の川で遊んだ。

いつものように対岸まで泳いで、元の岸へ戻ろうとした時のこと。上流から何か泥のかたまりのようなものが流れてきた。

それはあっという間に祖父を取り囲むと、泳いでいた祖父の頭が「とぷん」と消えた。私がハラハラしていると、すぐに祖父が顔を出したのでホッとした。

岸に上がると祖父はやけに疲れた顔をし、口数も少なかった。祖父の横腹には手のあとのようなアザができていた。
続きを読む