パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

不気味

neru1172011623_TP_V

54 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 18:09:06.28 ID:kaCSdF3u0.net
かなり変な話なんだが書いてみる

2年前に84歳で死んだうちのジイちゃんなんだが、
戦後の闇市を生き抜いてきた世代で、背中には見事な不動明王の入れ墨があった。
まあこれは本題には関係ない。
このジイちゃんが死ぬ3年ほど前から半ボケ状態になって、自室で寝たきりで過ごすことが多くなった。
暴れたり徘徊するわけではないし、トイレには自分で起きてくるのでそんなに手はかからない、
食事の世話は俺の嫁がやっていたが、食はどんどん細くなっていったな。
続きを読む

neru1172011645_TP_V

72 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 22:43:01.92 ID:4o+QqUVG0.net
8年ほど前、俺が高校生でまだ実家にいた頃のことだけどな。
夜中の2時近くだったから家族は全員寝てて、俺だけゲームやって起きてたんだよ。
すると玄関のチャイムが鳴ったような気がした。
俺の部屋は階段をあがってすぐなんでよく聞こえる。
それで、こんな時間にだれか来たんだろうかと思って降りていったんだ。
そのときは怖いという気持ちはまったくなかったな。
行ってみると、玄関の曇りガラスの戸ごしに外にだれかが立っているようにも見える影がある。
続きを読む

penfan_KP_1622_TP_V

327 :本当にあった怖い名無し:2019/06/19(水) 02:06:44.51 ID:PvXN2RhE0.net
ドッペルゲンガー?みたいな話。

ある日の夕方、俺が高校から帰ってきたら母ちゃんが台所で料理をしていた。
帰宅部の俺が家に帰るのは大体6時半頃、母ちゃんが料理してるのは当然なんだけど、
その頃母ちゃんはパートをはじめてて、週の3日間は帰りが7時過ぎになるから居るとは思ってもなかった。
今日はパートの日だからねって朝出がけに言ってたはずなのに、早く帰ったのかな?
なんて思いながらも「ただいま~」って言って、自分の部屋で着替えて居間へ行く。そんでごろっと横になってテレビをつける。
続きを読む

HIRO1018079_TP_V

436 :本当にあった怖い名無し:2019/06/23(日) 03:16:42.59 ID:j0Xhry3G0.net
今みたいにオレオレが一般化するよりもずっと前の頃のことだから、未だにあれが何だったのかよく分からない話なんだけど。

ある金曜日、仕事終わり前に親父から電話がかかってきた。
丁度打ち合わせ中だったので一旦拒否って、打ち合わせ後コールバックした。けど出ない。
仕事終わって9時ころ、コンビニで食うもん買おうとしてたらまた電話が鳴った。
画面を見ると親父の表示。はいと取ると『おう、俺だけど』と親父の声。
どうしたの?と聞くと、低くくぐもった声で、
『ちょっと具合悪くして検査来たら入院することになってな、
 家族の人は居ませんか?って言うから電話したんだ。
 出来ればでいいんだが来れないか?』
と言ってきた。
どこだ?と聞くと、地元の市民病院だという。
続きを読む

1

122:本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 05:30:40.31 ID:HAuLEhziO
高校生の時の話なんだが、クトゥルフ神話に出てくるインスマス面の男を見たことがある・・・いやマジで。

当時、高速道路のSAでバイトしてたんだけど、GWでムチャクチャ混んでる時、妙な視線を感じてフト顔を上げると1人の客と目が合った。
すると・・・その客の目がみるみるうちに丸くなって飛び出してきて、肌もなんだか薄く緑色がかってきた。
続きを読む

polis0I9A4017_TP_V

945 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 11:36:46 ID:oT1AF6VSO
地下鉄サリン事件が起きた年の夏。当時我が家は四室のみの小さいアパートを経営していた関係で何度か警察が巡回に来ていた。
八月のその日、高校野球を見ていると玄関のチャイムが鳴り、応対に出た母が何か話し込んでいるので様子をみに出た。
玄関には制服姿の警察官がいた。小太り、中年のごく普通の警官だった。彼は
「すみませんがアパートの住人の件でお話を伺いたいのですが」
と言いながら名刺を差し出した。受け取った名刺には「○○警察署 刑事課 ××」とあったが、不思議なことに××の部分が読めない。
難読漢字とか珍しい名字というわけではない。ありふれた漢字なのに、名字として意味を成していない、というか私の脳がどうしてもそれを意味のある文字として認識しない、という感じなのだ。(続)
続きを読む

BOB0607IMG_6734_TP_V

202 :可愛い奥様:2012/10/03(水) 22:24:24.47 ID:po0LAIUe0
なんとなく思い出したけど、
子供の頃よく遊びに行っていた小山に、変な建造物があったんだよ。

3m四方ぐらいのスペースが、高さ1.7mほどの高さのブロック塀に囲まれてて、
外側から見ると、正方形のブロック塀から石がニョキっと出てる感じ。
そして、出入り口がどこにもないんだよね。

中がどうなっているのか、どうしても見たくて、
タイヤとか色々積み上げて中を覗き込んだら、中はお墓だった。
続きを読む

BOBSC2054_14_TP_V

223 :可愛い奥様:2012/05/01(火) 23:52:37.08 ID:S8Sy1AS50
3年ほど前、関東のとある古い大学病院に入院したときのこと。
換気のために病室の窓を開けていると、
部屋付きの看護助手(?)のおばちゃんが「ごめんね~ここ、閉めさせてね」とバタバタ閉めていく。
暑いよ~と不満を言うと、落ちる人がいるから…みたいなことを言う。
「朝、病院に来るとね、この窓の外に患者さんが立っているのよ。
 で、下から見上げた私たちと目が合うと、ニッコリ笑ってから飛び降りるの。
 そんなことが何回かあってね」
同室の人たちは思わず顔を見合わせて沈黙。
何でそんな話をここでする?と、こっちの顔に書いてあったのか、
おばちゃん「ああ、余計な話をごめんね~」と、そそくさと出て行ってしまった。
続きを読む

KINU16032452IMG_7004_TP_V

243 :可愛い奥様:2012/05/03(木) 17:58:20.13 ID:AEfJoDIh0
友達が霊感の強い子(仮に玲子)と東京に遊びに行った。
夜になって予約したホテルに着くと、どうもダブルブッキングで泊まれないという。
それにホテルは満室で他に空きはないと言う。
その時点で玲子は「嫌な感じがする、どこにも泊まらないで早く帰ろう」と言う。
でも友達は疲れているから「絶対泊まる!」と、交渉してなんとか部屋に通してもらった。
それが友達にも妙に気持ちの悪い部屋だった。
夜中、玲子がなんども怖い目にあったらしくて友達を起こそうとしたのに、何度やっても起きなかった。
続きを読む

Redsugar20207000_TP_V

225 :1/2:2011/09/05(月) 18:54:49.83 ID:nS7oY+260
小学校低学年の頃の話なんだけど、
両親と二人の姉の5人でお墓参りに行った。神奈川県在住で、墓地は千葉県。
事故で高速が大渋滞で、墓地に到着したのが夕方。
ちょっと気味悪かったが、せっかく来たのだから墓参りした。

母親が墓石の掃除を軽くしていた時、少し遠くにある塔の影から人らしきモノがこっちを見てた。
続きを読む
×