パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

不気味

ハーメルンの笛吹き男
09/12/07
ハーメルンの笛吹き。

130人の子供が、ピエロみたいなカラフルな服を着た笛吹き男に連れられて「失踪」。

「子供」がハーメルンからいなくなった事件自体は史実だけど、詳細は謎のまんま。いなくなった「子供」がどうなったか語られていないだけに、不気味で後味が最悪の話。

こっからは俺の妄想をふくむんで、軽く聞き流すつもりで頼む。

事件の資料として一番古い、ハーメルン市の記録とステンドグラスから想像する。ハーメルン市の記録は
続きを読む

飲み屋
12/04/11
母の友人のおばさんの若い時の話です。

青山墓地の近くに3つのビルがあり、真ん中のビルの飲み屋によく行っていた。その飲み屋は3階に飲み屋、4階に飲み屋の支店がある構造。

ある日友人の誕生日会が飲み屋であり、少し遅れてしまったおばさん。青山墓地の電話ボックスで飲み屋に電話をかけると

「もう始めてるよ!早くおいでー、墓地突っ切ると早いからさ、待ってるよ!」

ガヤガヤとうるさく、かなり良いあんばいになってる友人たち。
続きを読む

窓
13/04/11
怖いかわからないけど、自分的に怖かった体験。

通ってた小学校の校庭の端に、使われてない校長先生専用の社宅があった。見た感じ、新しくてまだ築2、3年くらいしかたってないような家。

で、その家が使われてない理由が、その家を建ててすぐ住んだ校長先生の奥さんが自殺したからって理由だった。

住み初めてすぐ精神的におかしくなっちゃって自殺して、その年に校長先生は転勤、次にきた校長先生が最初住んだんだけど、さすがに気味悪いって事で、新しく社宅を作ってもらって出来てからすぐ新しい社宅に引っ越した。
続きを読む

暗い廊下
12/05/23
俺の親友の話をしたいと思う。

小4の頃にそいつ(以下N)の親が二階建ての大きな家を建てた。

建設業を営むNの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとってはうらやましかった。だがNは『雰囲気が暗い』と言ってあまり嬉しそうではなかった。

Nが言うように、窓も大きく取られて日の光がたくさん入りそうな家なのに室内はどの部屋も暗く、湿っぽい感じがした。

Nの家族が住み始めて1年たった頃、飼っているメスのシベリアンハスキーが子犬を9匹産んだ。
続きを読む

柳の木
12/04/21
初めて変な経験をしたのが4,5歳。もう30年以上前の話をしてみる。

父親は離婚のためいなくて、6畳一間のアパートに母親と二人暮しだった。風呂がなく、毎晩近所の銭湯に行ってた。

いつも通る道には、その町ではわりと有名な大きな柳の木がある。

ある日の帰り、その木の根元に、白装束の女の人が立っていた。じっと俺のほうを見ているのだが、怖いとかそういう気持ちはなかった。

突然母親が俺の手を握って「俺君、走って帰ろうか」と突然走り出した。

俺の記憶はそこまで。最近になって母親にその話をした。
続きを読む

キチガイ
17/02/06
30年ほど前、俺がまだ小学生の頃。

うちの道をはさんで向かいにあった鉄工所がつぶれてさら地になり、家が3軒たったが、そこに住む人がみんなおかしくなった。

一番端の角の家。

中学生の男の子がいて、母親がもう一人妊娠中の家族。

最初はよく男の子に遊んでもらったんだが、しばらくして挙動がおかしくなって、その年の暮れくらいには、近所の家の郵便ウケを勝手にあけて「郵便でーす」と泥やゴミを入れるようになった。

その後生まれた二人目の女の子は、なんか障害があるらしくて、顔もみたことがないし障害の種類も不明。
続きを読む

夜
04/08/13
去年の夏休みの恐怖を思い出したので、書かせて頂きます。

毎年家族で旅行をしていたのですが、去年は大学受験をひかえていたので、一人家に残りました。

家族が帰ってくる前日、黙々と勉強をこなす私。部屋はデッキから流れる音楽で満ちていました。喉が渇いたし、休憩もしたいと思い、キリが良い所で終えました。

壁のアナログ時計を見ると午前2時17分。今でも克明に覚えています。

デッキのストップボタンを押すと、午前2時ですから、家のなかは静まり返っていました。部屋にある小型のアナログ時計の秒針が、静まり返った部屋に不気味なほど響きます。
続きを読む

空家
11/09/18
文才ないので箇条書きにて失礼。

23区内私鉄沿線住宅地での話なんだけど…

10年ぐらい前に地主の爺さんが死んで、50代の息子夫婦が越してきた。越してきて1年ぐらいたってから、奥さんの姿が見えなくなり、一人残された旦那の奇行が始まった。

・一日中、隣近所に聞こえるような大音量でクラシック音楽(主にベートーベン)を鳴らし続ける

・庭に裸のマネキン人形を運んできて並べる。そして、金色に塗りたくってライトアップ。
続きを読む

不気味
11/10/07
昨年の8月末にあった、ちょっと不気味な体験を書いてみます。

その頃、長年勤めた会社をやめたので、大学時代を過ごした懐かしい街に引っ越し、次の仕事も探さずに自堕落にノンビリと一人暮らしを楽しんでいました。

引っ越したマンションの隣の建物は、用水路をはさんで障害者の人達のデイケアセンターのような施設。

一階の自分の部屋からは、備え付けの薄いカーテン越しにお互いの部屋が丸見え状態だったんです。

昼間から部屋でゴロゴロしているのを薄いカーテン越しに覗かれるのが嫌で、施設が稼働し始める8時頃に就寝して、施設が閉まる17時過ぎに起床することでお互いの活動時間をズラして関わり合わないようにしていました。
続きを読む