パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

山にまつわる怖い話

テント

10/07/20
一度だけ洒落にならない体験をしたのだけど誰も信じてくれないからここに書く。 
ついでに目撃情報も求む。 

学生だった頃毎週末一人キャンプに興じてた時期があった。 
金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白みもくそもないキャンプ。 
友達のいない俺は寂しさを広大な自然の中にまぎれこませていたのだった。 
それでまあその日は岐阜の方面に向かってたんだけど、地図も持ってないもんだから 
正確にはどこへ行ってたのかよく分からない。とにかく野営によさげな山を見つけたのでそこで一泊することにした。 
続きを読む

骸骨

16/02/13
取り敢えず、子供の頃の話。今は都会へ引っ越してきてるんだが、子供の頃は村?(っていうか集落かもしれない)に住んでたときの話。 

俺んちの裏には山が在った。なんの変哲もないただの山なんだが、詳細はそうでもなかった。  
その山は村で、呪われていると噂されてたんだ。だから両親や祖父母からは「絶対に行くな」と念を押されたし、俺も流石に行かなかったんだ。  
なんでも、山に入るとそれを期に良くないことが起きるらしい。それか、山の中で遭難(神隠し?)。  
村では有名な心霊スポットであり、だれも行かない心霊スポットでもあった。でもそんな中、一定の人間だけは山へ行くことがあった。  
それはいわゆる旅行客。恐らく、この村内だけの噂だったんだと思う、山が呪われているってのは。  
村にはなんのお土産屋もないし、正直言ってなぜにこの村に旅行客が来るのかそれがなんとも疑問だった。そして山へ行くことも疑問だった。  
しかしだ、旅行客は山へ入ってなにも起きなかったかのごとく降りてくる。いや、実際なにも起きなかったのだろう。  
旅行客が言うには山の奥に、廃れた神社があったそうだ。ほかの旅行客も口々にそう言ってたから本当なんだろうなあと俺も思った。  
続きを読む

トンネル

09/07/11
2つのトンネル
長距離トラックの運ちゃん(名前をAとしておく)から聞いた話。 

真夜中の峠道。 
・・・普段からよく通る道だったそうだ。 
その道の途中のトンネルに差し掛かった時、Aはある異変に気付いた。 

いつものトンネルの隣にもう一つ、同じ造り、同じ大きさの、謎のトンネルがあった。 

昼夜問わず最低でも半月に一度は通ってる道だから、 
新たに開通したトンネルなら、工事の時点で気付いてるはず。 
しかしこれまでにその様子もなく、まるで鏡に映したかのようにそのトンネルは突然、そこにあった。 
続きを読む

洞窟

09/08/10
これは私が小学生の頃体験した話です。 
私の母の実家は山の麓にあるのですが 
夏休みにその実家へ帰省しました。 
自然が大好きだった私は喜んで妹と山で遊んでいました。 
あまり遠くへ行ってはいけないと母に言われながらも 
道無き道を散策していました。 
すると洞窟があり、近づいてみると 
なんと洞窟の前に小動物の死骸らしきものがいくつも散らばっていました。 
続きを読む

夜の山道

17:09/08/29(土) 23:28:11 ID:BtlbpARR0
84 名前: ナツグミ(栃木県) [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 23:06:06.10 ID:7tpzRN6P    New!! 
さっき山の中走って帰る途中に道の端の方に白くクネクネするものが空中で動いてたんで 
例のクネクネかと思ってマジで心臓が止まりそうになったんだが 
よくみたら藁で作ったらしき人形がものすごい勢いで動いてるだけだった 
続きを読む

山

16/08/12
ちょうど今頃の時期に、実際にあった出来事。 
中部地方の山あいにある自動車免許の合宿に行ったんだよね。合宿生活が始まって、一週間くらい経ったある日、変なことがあった。 
アパートみたいな一人部屋の寮に泊まってたんだが、 
夏の蒸し暑い夜で、クーラー嫌いだから窓開けてたんだがなかなか寝付けないでいた。 
そしたら真夜中なのに誰かが喋ってる声が聞こえた。 
「わかんない、うん、わかんない」って 
独り言ってより、誰かと電話で話してる感じ。声は池沼のおっさん風で、声質の割に喋り方が幼い。 
頭の弱い人が、夜中に出歩いて電話で話でもしてんのかなと思ったんだが、会話がむちゃくちゃで、同じことしか言わないから、だんだん気味が悪くなってきたんだよね。ヘタレだから窓の外見れなかったけど、明らかに誰かと電話で話してる感じ。 
続きを読む

夜の山道

12/01/01
旅先の長野の辺りで真っ暗な峠道をおっかなびっくり走ってたら、 
道路脇でほっそりした感じの女の人がギャハハハハh!!って笑ってた。 
幽霊って感じより、基地外だ~!って思って必死で逃げた。 
60k位で走っててフルフェイスだったのにハッキリわかるくらいの笑い声。
 
ゾワゾワしながら町に降りて、最初のコンビニで休憩。 
そこでヤンキーっぽいあんちゃんに声かけられて、話の流れでさっきの体験を話すと、 
マジあそこ出るって有名っすよww的な事を言いやがる。 
勘弁してくれよ・・・って思ってたら、コンビニの道路を挟んだ向かいに女が立ってる。 
俺がそれに気付くと、ぎゃはははは!!と笑い出した。 

あれ、さっきの女じゃね?って思ったけど、さっき女がいた所からバイクで30分位の距離。 
でも笑い声も女の感じも同じ人。 
恐る恐る、話をしてたヤンキーに、さっきいたのあの女だよって教えてやったら、 
そいつらキョトーンとしてて、ほらアレ!って指を指すと、 
まじやべぇっすよ祓った方がいいっすよ!って逃げていった。 
続きを読む

山

05/07/26
毎年夏、俺は両親に連れられて、祖母の家に遊びに行っていた。 
俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、
二十年ほど前は、隣の家との間隔が数十メートルあるのがざらで、
田んぼと畑と雑木林ばかりが広がる、かなりの田舎だった。 
同年代の子があまりいなくて、俺は祖母の家に行くと、いつも自然の中を一人で駆け回っていた。
それなりに楽しかったのだが、飽きることもままあった。 

小学校に上がる前の夏のこと。
俺は相変わらず一人で遊んでいたが、やはり飽きてしまって、
いつもは行かなかった山の方へ行ってみることにした。
祖母や親に、「山の方は危ないから言っちゃダメ」と言われていて、
それまで行かなかったのだが、退屈にはかなわなかった。 
続きを読む

渓流

315: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/26(金) 00:09:41 ID:uorxZYzD0
実体験なんだが 
20年位前に数人で山奥で渓流釣りしてる時に 時折真新しい 
ルーズリーフ用紙が流れてきて 上流で誰か遭難でもしてるんじゃないかと 
続きを読む

絶壁

11/02/28
身投げ姫
あれは小学校6年生の夏の頃だった 
いつものように市民プールに行き、夕方になるまで泳いだ 
さあ帰ろうと市民プールを出ようと思った時、 
今日はいつもとは違う道を帰りたくなったのでどこのルートから帰ろうかと思っていた 

市民プールの隣には海がありそれに沿うように道路と山があり、 
その山にはお城の跡地があり公園もあった 

その山の崖の壁に沿うようにある道路は昔は海だったが埋め立てられ道路になっていた 
あまり通ったことはなく、遠回りにもなるのであまり使わなかったが、 
なんとなく通って帰ろうと思い立った 
続きを読む