パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

2016年06月

本

16/05/12
たった今あったこと。

今日は旦那が飲み会で遅くなるって言うから、溜まりに溜まった薄い本を片付けてた。リビング中にひろげて、いるやつ、いらない奴を仕分けてた。

途中でつい熟読しちゃったりして、もう三時間以上は頑張ってる。

で、さっきトイレに行ったんだけど、ドアを開けようとノブをひねったら時に、すぐ近くから「お帰りー」って声を掛けられたんだ。

どうやら旦那が帰ってきて、リビングに向かって歩いてるみたい。ヤバイ、リビングには大量の…!容認してくれてるとはいえ、ゲンブツはヤバイ!見ないでぇぇぇ!
続きを読む

団地

16/06/21
昔、小学生低学年の頃だったと思うんだけど、集合住宅の団地に住んでいて、階ごとに知り合いや同級生とか、子供がたくさんいたんだよ。

その時はちょうど夏休み中で、家の前にある少し大きめの公園がラジオ体操をする場所だった。

朝が弱いから、いつもは終わりギリギリに行ってハンコをもらう感じだったんだけど、なぜかその日はパッと目が覚めて、友達を迎えに行くにも早過ぎる時間だったから、1人家の前でふらついていた。

何だかいつもと空気っていうのかな、何かがいつもと違う事に気持ち悪くて、風も生暖かくて住んでいる団地も、ゴォォォって唸っている感じがした。
続きを読む

不気味な笑み

15/03/19
確か3歳の時だと思うんだけど、つい昨日までなんともなかったおじいちゃんの顔が黒いアザでビッシリ埋め尽くされたことがあった。

アザというか、ちょっと青みがかった黒い斑点という感じ。

すごくビックリしたのと、顔が怖いのとで大泣きした。「おじいちゃんの顔がヘン!」って訴えたけど、両親もおばあちゃんもおじいちゃん本人も、相手にしてくれなくて困ったようにあやされるだけだった。

その斑点が消えないまま、おじいちゃんは3日くらいして亡くなった。まだ60代だったし毎日畑に出てたのに。朝、おばあちゃんが起こしに行ったら死んでたらしい。

おじいちゃんは顔が黒くなる病気で死んだんだと思ってたけど、そんなこと口にできる空気じゃなかったから何も言えなかった。
続きを読む

風呂

10/07/08
俺が小学校に上がって少しした頃、親父と一緒に風呂に入った時に

「どっちが長く潜っていられるか競争するぞ」

と言われて、せーので潜ったんだけど、20秒もしないうちに親父が上がった気配があったから、やけに早いなと思いながら俺も上がろうとしたら、突然すごい力で頭を押さえ付けられて、グッと沈められたのね。

わけも分からないし、苦しかったから思いっきり暴れたんだけど、親父が力をゆるめる様子は全くなし。

子供心に「これはヤバいんじゃないのか!?」と思い始めた時、おふくろがタオルと着替えを持って脱衣所に入って来たみたいで、それに気付いたのか、親父の力が抜けたのね。
続きを読む

工場

15/05/22
人生で1回体験した不思議な出来事です。25年前の話です。特定されてしまうので、何の工場かは伏せます。

中1になって、俺と仲の良い友達二人は塾に通い始めました。その友達二人は同じ塾に通っていて、俺にも「塾へ来たら?」というので親に頼み、その塾へ行かせてもらうことにしました。

その塾は昔火災を起こした工場(総鉄筋コンクリート作り)の端、4階にありました。工場はどの階も仕切り壁はなく、建物の端から端までの1部屋となっていると聞きました。

そしてその塾の教室は、新たに簡易的な壁を建てて部屋を作っていました。
続きを読む

心霊写真

ずっと書き込むかどうか悩んでたんだけど、個人的に本当に洒落にならなかったので誰かに聞いて欲しかった。

時期はうろ覚えだけど、たしか自分が小学5年生くらいの頃、2階建てのそこそこ綺麗なアパートに引っ越した。

そのアパートの隣には借家の一軒家がたっていて、道を挟んで向かいにある大家がどちらも管理しているようなところ。

その借家の方には私よりひとつ上の学年の先輩が住んでいて、家も近いこともあってよく部屋に遊びに行かせてもらってた。

どうやらその部屋では心霊写真や不思議な動画がよく撮れるらしく、たまに携帯(当時はまだガラケー)で見せてもらったりして楽しんでた。

怖い話や心霊特番が大好きだった私は喜んで見てたんだけど、写っているものは白っぽいオーブ?のような物体が部屋の中を横切ったりしているだけで、不謹慎ながらもあんまり面白くないなあと思っていたのは覚えてる。
続きを読む

kyousitu

11/08/12
俺が愛知県の某教習所に通っていたときのこと。

俺は在学中に車の免許を取り損ねたせいで、その日も平日の仕事終わりに学科を受講していた。

先生の話をなんとなく聞きながら、机に向かって教本を読んでいたんだが、ふとまわりの雰囲気が変わった、というか密かにざわめいた気がしたんだ。

なんだろ、と思って前を向くと、向こうが透けて見えそうなくらい薄~い感じの人が、歩くでもなく、浮いているでもなく、教壇前を移動している。

入り口の方から教壇を越えて、教官のほうへむかっているようにみえた。
続きを読む

寺

16/06/21
数年前お寺で働いていた時に経験した話。

当時俺は就職浪人と言う名のニートで、バイトもせずほぼ引きこもりに近い生活をしてた。

祖母が亡くなって、お世話になった住職に近況を聞かれて、素直に働いてない事を話したら、お寺のそうじとか簡単な仕事をさせてもらえる事になった。

事件があった日は一人で留守番しながら本堂のそうじをしてたんだけど、ちょうど廊下の曲がり角の所から知らない爺さんがこっちを覗いてる感じがしたんだ。

たまにお参りに来る人はいたけど、その爺さんは妙だった。
続きを読む

11津波

852:
本当にあった怖い名無し:2011/08/28(日)10:28:31.44ID:4nPCS+/S0
岩手で保育士をやってる姉から聞いた話。

姉はこの間、宮古市から盛岡まで幽霊をのせてしまったドライバーの話をした人。

実家は内陸なんだが、今被災者が内陸にポツポツと引っ越してきているため、沿岸出身の子供が保育園にたくさんいる。

その子供の内の一人が3.11の大津波を予言する発言をしきりにしていたと有名なのだそうだ。
続きを読む

不可思議

15/06/30
寝れなくて、人も少ないので思い出して書いてみました。あまり怖くないですが実体験です。

保育所に通ってた頃の話。

人口700人程度の山奥の村に住んでいた私は、蟻地獄やオタマジャクシを観察したり、石で地面にお絵かきをしていたことを覚えています。

記憶の中で、近所のお姉さん(中学生か高校生くらい)と遊んでいました。いつも夕方まで遊び、6時の音楽が村のスピーカーから流れるころに家に帰るの繰り返しでした。

ある日、下の主要道路から家の横の道場(集会所)へ続く80mほどの坂道に黒い服を着た大人達がたくさん立っていました。
続きを読む