田舎の駅
13/03/06
仕事中に体験した話です。

仕事は列車の運転士をしています。その日は大雨の中、最終列車の乗務をしていて駅に停車中でした。

やがて出発時刻となり、信号が青に変わった瞬間、信号が消灯してしまいました。

おいおいこのタイミングで球切れかよ、と思いながら、無線で指令に連絡しました。こういう場合、赤信号とみなすという決まりなので、しばらくその駅で足止めになりました。

指令から指導通信式(赤信号で列車を出発させるやり方)で列車を出す準備をすると言われましたが、お客さんが2人とも家族に迎えに来てもらうと告げに来たので、その方法は取らず復旧まで待つことになりました。

1時間後信号は復旧し、回送として終点を目指し運転を再開しました。原因は信号ケーブルを動物に噛まれたからでした。おそらくタヌキと思われます。

しばらく走り、峠の急勾配を登りきったところで駅の灯りが見えてきたのと同時に、ホームに人影がみえました。

まさか、最終に乗ろうとしてた客だろうかと思いましたが、この駅から最終に乗る人なんていまだ見たことがありません。

だんだんホームに近づくと、その人影は線路に身を投げました。言葉も出ず、非常ブレーキを掛け、ただひたすら止まるのを願いました。

ホームを少しハミ出たところで列車は停止しました。完全に轢いてしまったと思いましたが、衝撃が全くありませんでした。

台車回りを確認していると3匹の動物(たぶんタヌキ)が線路と台車との隙間から出てきて走り去って行きました。

その姿を目で追っているとヘッドライトに照らされた進行方向の線路が少々歪んでいるのが見えました。

ん?と思い近づいてみると、バラストと枕木(まくらぎ)が流出していました。大雨で山からの水に耐えきれなかったのだろうと思います。

もしあのまま走っていたら確実に脱線していたことでしょう。もしかしたらタヌキがなんとかして列車を止めようとしてくれたんじゃないかと思っています。

ちなみに人影は、もわーとした感じで背格好は人間って感じです。