61402a37-s

110 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 10:45:50 ID:BS/sHAhA0
今でも不思議な、体験というより感覚
私には学生の頃から仲良くしている友人グループがいる
部活も委員会もバラバラ、各人とも他に友人もいる中、
遊びに行ったり泊まったりする時はいつも同じメンツ6人でまとまっていた

卒業してからも6人でよく遊んでたんだが、
この頃からなぜか、誰か1人足りない、と思うようになった


私達、6人グループじゃなくて7人グループだったよね、という感覚
もちろん現実にはそんなことはなく、自分を含めて6人ともメンツが変わったことはない
1度だけ、遊びに行く時他の友人がついてきて7人になったことはあるが、その子のことでもない
漠然と、誰かもう1人いたよなあっていう感じ

6人になる度にその感覚を覚え続け、5年6年経ってもそれは変わらなかったので
そのグループで遊んでいたある日、何気なく言ってみた
そうしたら、その時その場にいた友人3人が口をそろえて
「私もそう思ってた」と言った
誰か1人足りないとずっと思っていた、でもよく考えても誰のことだかわからない、とのこと
後から確認してみたら、6人グループのうち5人までがそう考えていたことが分かった
でも皆不思議と怖いとは感じず、誰だろうねー?くらいにしか思っていなかった

ところが、付き合い始めて10年以上経った今年になって突然、誰か足りないという感じがなくなった
久々に6人で会いその話をすると、友人たちも不思議と、同じように感じていたという
元々ずっと6人でいたのに、6人に戻った感覚

いつも足りなかった1人は一体誰で、どこに消えたんだろう
これが私が抱えている不思議


引用元:https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1313576195/