fc832b03

87 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 13:39:51.77 ID:d7vViMZ50
気分的に不可解なのでこちらのスレに。
大学生のとき、失恋とか留年で悩んで、ストレス解消に毎晩のように
当てもなくドライブをしていた。
ある深夜のこと、山道を走っていてふと、「こんな辺鄙なとこで死んだら
きっと見つからないだろうな。いっそ死ぬか」という思いがよぎった。
そんな度胸はもともとありはしないんだが、なんとなく死ねば
悩みは解決するんじゃないかと考えた。


そしたら、いきなり車内に、
「そんなこと駄目だよ。わたしみたいだよ」
って若い女性の声が響きわたり、俺は心臓が停止するくらい驚いて、
うわわあああ!と一人で叫んだ。
冷静になって声の原因を探ろうと思ったら、消していたはずの
ラジオがオンになっていて、微かに女DJが喋ってる声が聞こえていた。
ようするに、たまたまラジオの音が響いただけだったんだが、
不思議なのは、ラジオがなぜついてしまったのかということと、
いきなり響いたその台詞だけ大音量で、ほかの音はかなり
小さい音量だったこと。偶然、だろうとはいえ、しばらくは
車に乗るたびに怖くてしかたなかった。
15年前の話です。



90 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 21:10:42.32 ID:GgLOgaYPO
>>87
何であれ安易な自殺を止めてくれたんだから
あんまし怖がるなや
普通は「良かった、一人じゃさみしいの…死ね」だろうしさ



91 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 22:22:03.65 ID:d7vViMZ50
>>90
ですよねえ。
どっちにせよ、自殺なんて本気でするつもりはなかったけど、
もしあのとき、「一緒に・・」とか声が聞こえてたらどうなっただろう・・
今となっては不可解ながらも懐かしさすら覚える体験でした


引用元:https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1313576195/