da290359-s

597 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 23:08:03.51 ID:sWBMuWJ/0
『動物霊って良くないよ、成仏できてないのが沢山そばにいるよ』自称見える人Aさん談
『貴方、複数の犬に守られてる。』自称見える人Bさん談
あまり面識のない人に突然言われて、変な宗教とかの勧誘かと思って身構えたけど。
共通してるのは、私に動物霊が複数くっついているってこと。
確かに私は産まれた時から今まで家に犬がいて、天寿を全うしてサヨナラした犬たちもいたし、
子どもの頃に犬絡みの不思議体験をきっかけに、けっこう不思議な経験をしているのだけれど、
自分自身に霊感みたいなものを感じたことがないので、すべて、『気のせい』『見間違い・聞き間違い』で済ませてきた。


半年ほど前、家族が末期癌告知をされた。末期癌+肺炎まで起こしてしまって、長期入院することに。
担当医師から『たぶん、あと2週間くらいだと・・思います。容態が急変してってこともあるので・・・長く見てあと2週間』なんて言われてしまった。
自宅と病院の往復、兄弟をはじめとする親族との連絡などなど、忙しい最中、私にも病気の診断がおりた。

『参った、今私が倒れるわけにはいかない。まだ私は死ねない、せめて両親を看取ってからじゃないと。』
心身ともに疲労困憊してるって自覚し始めた頃から始まった。



599 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 23:17:16.34 ID:sWBMuWJ/0
家の中で犬の体臭みたいなのがする。
我が家の愛犬のおやつが減る。
ハッハッハッハって犬の息遣いが聞こえて、毛っぽいものが足の甲、手の甲を掠める感触。
あー。とうとう私、精神的に限界迎えちゃって、幻覚出てきちゃったりしてるんだ。と思って
忙しい合間を縫って、精神科へ行った帰りに寄ったコンビニの駐車場で、自称見えるAさんに上記の言葉を掛けられた。
え。ナニソレ、気持ち悪いっていうか怖い。なんて思いつつも話半分に聞いてAさんと別れ、数日後。
役所の駐車場で顔見知りのBさんに『なんか・・・あった?』と、声を掛けられて
やっぱり、ナニソレって思いつつも話を聞いた。

Aさん、Bさん、二人の話で聞いてて気分が良かったのは、当然Bさんのほうだったので
『そうか、私は犬たちに守られてるのか、じゃ、ここら辺にあの子達がいる体で』と、犬を撫でてやる仕草しながら
ちょっと願い事言ったりしてみてた。



600 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 23:25:19.95 ID:sWBMuWJ/0
そしたら。
末期癌+肺炎で死ぬはずだった父は、完全復活、職場復帰して癌が小さくなっている。
私の病状もうそのように落ち着いた。
Aさん、Bさんが本当に見えていたかどうかはわからないし、
犬臭かったり、息遣いが聞こえたり、尻尾らしき毛の感触も説明がつかないし
病気が嘘のように良くなったのも、お医者さんのおかげなんだろうけれど

本当にあの子たちが私の願いを聞いてくれて、ひょっとしたら助けてくれたのかな?
なんて思うのもなんだかいい気がしている。
Aさんの話は・・・なるべく忘れようと思っている。


引用元:https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1313576195/