7c100c61

771 :本当にあった怖い名無し:2012/09/01(土) 00:21:56.92 ID:IDRCTGEv0
 家鳴りという一般的な話だけど我が家で合った話
築が古く、目の前が国道でトラックが通るたびに家がゆれるためか
軋みがひどく音で何処が鳴ったかわかるような状態だった。

このため昔から家鳴りで家がみしみし言うのは良くあることだったんだけど
この音がいつからか、1Fの玄関から階段、俺の部屋の入り口まで来るようになった。

その状態になってから少しして夕飯のときこの話をすると
兄「え?お前にも聞こえてた?」
母「…あんたらにも聞こえてたんだ・・・」
まぁそのときは、何か引っかかるものを感じながら
家鳴りだろうってことで落ち着いた。




772 :本当にあった怖い名無し:2012/09/01(土) 00:24:15.31 ID:IDRCTGEv0
 しかし、少ししてからこの話を振ると
兄「八ぁ?お前寝ぼけてるんと違うか?」
母「なにそれ、そんな音知らないよ?」
と素で知らないことになっていた。嘘をついている雰囲気はなく俺の勘違いで話が終わった。
でも音は消えなかった。
音はとまりに来た友人も聞いているので10人以上が確認している。
しかし何度聞いても誰も知らない。
この音が俺以外の家族で無いことになった事が恐怖でした。

今家鳴りはまだありますが、部屋までくることはなくなりました。

これで思い出したのが、中2ぐらいまで家の中で誰かに呼ばれていた。
片耳悪いので方向がわかららず家中探すのだが誰も呼んでいない。
ばあちゃんに話すと、返事しても探してもいけないといわれて、それから少しして聞こえなくなった。

どうも近所の厄除け寺の人にお祓いか何かを頼んだいたらしい
(漫画の孔雀王にはまってた母いわく「裏高野の人」だそうだ。
確かに、ほかの真言宗のお寺の人と同じお経上げても動作が違うとかいろいろあった)


引用元:https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1313576195/