susipaku211-app94131_TP_V

21/06/28
初めまして、普段から楽しく記事を読ませていただいている者です。
私には霊感はないのか幽霊の類を見たことはありませんが、一つだけ不思議な体験をしたことがあります。
今日に至るまで得体のしれないままですが、誰かに聞いてもらいたい思いはずっとあって、投稿させていただきました。


2013年の秋頃、茨城県結城市に仕事の都合で住み始めた日の出来事です。
その日は強めの台風が夕方過ぎにやってくる予報が出ていました。
初日ということもあって出向先の会社を早く出て、用意された結城駅近くのアパートに向かいました。
結城駅は一時間に1~2本しか電車がなく、駅前はあまり人気のない場所です。
少し歩いた位置を通る国道50号の方が店も多く、そちらに買い出しに向かいました。
幼い頃から真夜中でも喧噪が絶えない所に住んでいたため、その静けさがとても新鮮でした。

予報通りに台風がやってきて、やることもないので早めに休もうとした時でした。
不意に玄関の扉をドン!と強くノックする音が聞こえました。
何事かとのぞき穴から見てみても人の姿はなく、誰かが声をかけてくることもありません。
不審に思ってチェーンをかけたまま扉を開きましたが、誰もいません。
強い風が吹いているので何かがぶつかったのかなと思って扉を閉めました。

ところがそれから数十分後にもまたノックが聞こえました。
確認しても人はいなくて、周りに人気がないこともあって気味が悪くなりました。
それからも夜明けまで不規則にノックは繰り返されました。
布団に包まって聞こえないふりをして必死に寝ようとしましたが、結局朝を迎えてしまいました。

周りが明るくなり、嵐も収まってきた頃に恐る恐る扉を開いてみました。
やはり誰もいませんし、誰かがいた形跡もありません。
結局それっきりで半年後には仕事を終えて家を引き払いました。
最後までノックの正体は分かりませんでした。


投稿者:Y.S.様