hands-918774_1920

107 :本当にあった怖い名無し:2005/08/16(火) 18:13:35 ID:wTDtz2vo0
有名な育児論を出版した学者。
本は大ブームとなり、世界中の新米ママが参考にする本になった。

しかし、その育児法は結果として間違っていたというか、
精神的に不安定な子が増えてしまい、犯罪に走る子や人間不信に陥りやすい子などが育ってしまった。

学者本人の息子も精神をわずらってしまい、
後に息子は「間違った育児法によって精神を患った」として学者を訴える。
そして学者も「あの育児法は間違っていた」と認めて改訂版を出版した。

もう何十年もしてから改訂版を出しても、これまでにその本の育児法で育てられた子供は育てなおせないし、
息子が親を訴えるというのも、何ともやりきれない。



113 :本当にあった怖い名無し:2005/08/16(火) 22:19:02 ID:JyNRyh2a0
>>107
シャレにならん話だなあ。
日本で、貴重な漫画の古本捨てたというので、実の親を訴えた息子がいて、気持ちは解りつつどんなもんかと思ってたが、
こっちの方が他の人間を巻き込んだ分、深刻だな。
その教育法の名称、なんてーの?詳しく知りたい!



117 :本当にあった怖い名無し:2005/08/16(火) 23:03:21 ID:OhpTPsj30
スポック博士の奴か。>107

でも、育児やら教育に関しては、そういう事が限り無く繰り返されているし、今もそうだ。
離乳食を始める時期だって、
昔は『2、3ヶ月位から果汁などを与えて、ミルク以外の味に慣れさせよう』だったのが、
今は『出来るだけ離乳食を始めるのを遅らせた方がアレルギーの発症が起こりにくい』という事らしい。
が、今支持されるこの説も、
『1歳過ぎるまでミルクしか与えなかった子に栄養素の不足で成長阻害が見られた』という報告であったりで、
今後どうなるか分からん。

つーかね。学者はそういう説を広めるにあたって、統計的な裏付けなんか殆ど取って無い。
精々『ネズミの実験結果から考えて、そうなんじゃないかな』位の事しか。
殆ど、主観とか推測なんだよこういうのは…



118 :本当にあった怖い名無し:2005/08/16(火) 23:20:26 ID:omLfzMhj0
>>117
統計的裏づけはある。じゃないと論文は書けない。
ただ、医者は、たったの5人しかサンプルがないのに論文を書いたりする。
学会の発表会とかでも、「被験者の80%は~」とか言っていたから、
サンプルが100人はいるだろうと思っていたら、9人だった。



137 :本当にあった怖い名無し:2005/08/17(水) 10:58:34 ID:XhEuqSb40
スポック博士の育児法は、実際にその方法で育てられて障害を起こした人の話を身近で何例か知っている。
この育児法は、赤ちゃんが泣いてもあやさないとか、添い寝をしないとか、
徹底した母子分離と自立を促すらしい。(改訂版は違うのだろうけど)

話を聞いた1人の人は小児神経症を患って、
母親が「取り返しのつかないことをした」と激しく後悔したとか。
別の女性は、自分が生んだ子供を全然愛せなくてウツになり、
精神科やカウンセリングに通ううちに、自分が徹底したスポック育児法で育てられたことが原因と判明したそう。


引用元:https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1373588806/