P1000380_TP_V

216 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 14:14:34 ID:vFKh4w5R0
小学1年生くらいのころ、しゃれにならない高熱が出て寝ていた。
そのとき見た不思議な夢。

喉が詰まって圧迫されて息ができず、
頭の奥がギリギリ痛くて、体中がズキズキする、
そんな感じで寝ていると、突然回りが静かになる。
目を開けると(というかあけてないのに見えている)
そこは和風の部屋でやけに広い。

時代劇で殿様が家臣の前で座ってるような部屋。
外から「ピーピードンドン」と笛や太鼓の音がする。
今度は大勢の人が歩いているような音が近づいてくる
「ざわざわ、がやがや」って感じで。
「お祭りをやってる。楽器を演奏してる人の後を見物客がついていってる」
と想像していた。

ガヤガヤはしばらくするといなくなり、自分も目を覚ます。
眠ると又その夢を見るんだけど、人ごみの音が聞こえるのは
感覚的に何時間もその部屋で寝てると聞こえることもあれば、
その部屋に「行った」とたんすぐ聞こえることもある。
しばらくして「あの人たちどこ行くんだろう?」と気になり、
なんとなく「それはヤバい」と思う部分もあるんだけど
「でも行ってみたい」という、夢独特の変な感覚(説明できん)で、
ある日、ピーピードンドンのときに布団から抜け出して障子を開けて外を見た。

そこから覚えていない。
ただ次に目を覚ましたら病院の白い天井で、
看護婦さんが「目が覚めたの?わかる?聞こえる?」と話しかけてきたて、
両親が私の顔を見て泣き崩れ、祖母が「良かった」と泣いていた。
死に掛けていたらしい。
これは自分は覚えてないんだけど、
「あの人たちについていったら、病院に来ちゃった」と言ったとか。
あれは…なんだったんだろう。


引用元:http://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1138579267