hqdefault

34 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 14:39:44 ID:IUfm5ESe0
実家が東北のとあるド田舎なんだけど、この前の正月に
帰省したときの話。

去年の秋、実家の母が近所のオバサン連中と連れ立って
近くの山にキノコ採りに行った時、ニシキヘビ並みの大蛇に
遭遇したそうな。

山の中でも、よく人や獣が通る部分はそこだけ草が生えてなかったりして
獣道っていうのかな、そんな感じになってるんだけど、その大蛇は
その獣道をゆっくりと横切って行ったので、頭から尾まで全部見たので
絶対に何かを飲み込んで部分的に太くなってたとかではないって言ってた。

体の太さは大人両手の親指と中指でワッかを作ったくらい太くて
長さも5mくらいはあったと思うって。同時目撃者は母以外にも3人。
まるで電信柱が横たわってるみたいな大きさだったって。

みんな怖くてその場を動けなくて、もし音をたてて気づかれたら
襲われるんじゃないかと、ビクビクしながら見送ったそうです。

で、もっとヤなのが、その話を聞いてたジイチャンが言ったこと。
「ああ、いるいる。そりゃ俺が子供の頃からこの辺の山にいるヌシだ」って・・・

ジイチャンはもう80歳過ぎてんだけど、ヘビの寿命って、そんな長いの???



36 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 16:05:38 ID:5wNKvp2qO
>>34
そんな細い電柱はみたことがない
アオダイショウなら2Mにまでなる



35 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 15:04:36 ID:itvuWM9k0
長いぞ。ヘビだけに。卵もしぶとい。
ヘビの卵が孵化せずに何百年かたつと、
空に登ってこうコウ竜が生まれるんじゃなかったっけ。


引用元:http://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1138579267