ニュース速報

130: 日本昔名無し 2007/06/17(日) 05:45:32
オカンから聞いた話だが、22年前の8月12日、俺は3歳だった。
夕方遅めの昼寝から起きてくるなり、
「飛行機がおちた。怖いよ~」と号泣したらしい。

オカンが、怖い夢を見たんだねとなだめてくれて、俺は落ち着いたらしいが、
だが、しばらくしてオカンがテレビをつけて慄然としたらしい。
もちろん、この日のことは自分ではまったく覚えていない。


日本航空123便墜落事故
日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日午後6時56分30秒、
東京・羽田空港発、大阪・伊丹空港行の同社定期便だったJAL123便が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(標高1,565メートル、通称:御巣鷹の尾根)へ墜落した事故である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本航空123便墜落事故


当時のニュース速報の映像


引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/mukashi/1148550112?v=pc