登山

582 :文鳥ちゃん:04/03/08 00:38
ある男が一人で山に登っていた。
するとどうしたことか、途中で靴紐がプツッリと切れてしまった。
今までこのようなことはなかったのでおかしいと思いながらも
修繕してから歩き出すと、今度は反対側の靴紐が切れてしまった。
やれやれ、またか。と思って
近くの木によりかかって直していたら
いきなり後ろから強い力で両肩をつかまれたかとおもうと
「ギャッ!」と叫び声がして、つかんだ相手がとびすさる気配がした。

おそろしくて男がそのまま固まっていると
またもや後方から、しわがれた声で何者達かが会話が聞こえてきた。
「どうした」
「しくじった。」
「二回までも鼻緒を切ってやったというのに。」
「相手が悪い。ソンショウダラニを持っている。」
「それは残念。」
そこまで言うと、背後の気配はサッと消え
後に残るは呆然とした男のみ。



昔、父の知り合いが家に遊びにきたときに
怖い話をねだったら、この話を教えてくれました。
ソンショウダラニというのは、お経の一種だそうです。
(男がお守りとして持ち歩いていたということでしょうか。)



584 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/03/08 00:59
>>582
文鳥ちゃん、乙です。
もしかするとその人って、百万塔を持参していたのじゃないでしょうか。
小さな木作りの塔ですが、中に陀羅尼経の巻物が収められています。
この巻物がどうやら世界最古の印刷物となるらしく、現存すれば結構な
値打ち物になるのだとか。
山に入る人の中でも、信心深い人で持っている者がいたとかいう話を
聞いたことがありますよ。

 ↓参照になりますやら
ttp://www.kyohaku.go.jp/mus_dict/hd01j.htm

しかし、一体何に狙われたのでしょうかね。
お経が効くということは・・・?


引用元:https://hobby4.5ch.net/test/read.cgi/occult/1077204044/