家

667: あなたのうしろに名無しさんが… 2001/08/01(水) 22:46
中島らも氏のエッセイで読んだ話だが。
新聞の投書欄に送られてきた独居老人の
手紙。

「定年で会社を辞めてから随分たつが、ここの所、出先から帰ると居間に自分が
 いる、ということがよくある。 (中略)他にも焼き魚がビチビチと跳ねたり、
 妻に先立たれて退屈な日々を送っているには違いないが、ユーモアにしても
 いささか度を越しているように思う(以下略)」
中島氏は「本人は『ユーモラスな体験投書』のつもりでいるところが鳥肌」と
評していたが、まったくもって同意。
ドッペル見ちまったのか、孤独に耐えられずゆっくり狂っていってるのか…



669: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/08/01(水) 23:54
>>667
その投書を載せる新聞も新聞だな


引用元:http://2ch.nvxi.jp/r8/logs/993172851