部屋

456: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/17(火) 23:45
高校時代、先輩と8ミリ映画をよく作っていた。
僕以外はみんな1年先輩の仲間だったが、映画のこと以外でもよく一緒に遊んでいた。
みんなで撮影したフィルムが現像からあがってきて、T先輩の家でアフレコをすることになった。

T先輩の部屋は二部屋ぶち抜きになっていて広く、フィルムを映写しやすいのと、人がたくさん入れるからだ。
しかし、その先輩の家はユーレイが出るということが常々話の種になっていた。
ウワサではなく、住んでいる本人からもいつも聞かされていたのである。

「階段の上をふっと見るとさ、人が通るんだよ。廊下なんてないのにさ」
「この部屋泊まるだろ?ザコ寝してるとさ、誰かが邪魔なんだよ。まったくよ~と思って起きると、近くに寝てるヤツなんていないの」
そんな話ばっかりなのである。

その部屋に映写機などの機材をセッティングし、すべてが整って、さあ、始めようという時。

映写機が動かない。ウンともスンとも言わない。
「おっかしいなあ、持ってくる前は大丈夫だったのに・・・」
どうにかしようと色々試したが、一向に動く気配がない。原因不明である。

あとで診てもらうことにし、その日の作業は中止になってしまった。
それから持ち主の先輩が家に持ち帰ると、何事もなかったように動いたのだった。

「やっぱり・・。ユーレイに邪魔されたんじゃないか?」
そう言ってかたづけるしかなかった。

そのT先輩がとうとう引っ越す事になった。
「なんで?やっぱりユーレイがいやで?」

「そう!もうだめだっていう事があった。俺の部屋はね、人が入って来るの。3人。女の人。寝てるとさ、一人づつ部屋に入ってきて、俺の耳元で何かボソボソ言ってからこたつの方に行って座る。3人がみんなボソボソ何か言うんだよ。そしてみんなコタツのところに座るの。いっつもだからさあ、半分慣れたっていうか、そんな感じだったんだけど、あるとき、何言ってるかはっきり聞こえたんだ。Tさん・・どこか連れてって・・・・ってよう、そう言ったんだよ。もうダメさあ!」

その後、その家はどうなったかは知らないが、自分の名前言われるとそりゃ怖い・・・。


引用元:http://2ch.nvxi.jp/r8/logs/993172851