山

440: 本当にあった怖い名無し 04/11/25 03:11:21 ID:0q/cUMsy
18の頃まで「見えた」私と「聞こえた」弟。 
中学生の頃の夏休みの話。 
親戚の家に行く途中、私は高速を走る車内から外を眺めていた。 
山が連なる単調な景色に飽きていた弟は後ろで寝ていた。 

同じような山の中、一つの山の上に何かが見える。 
一瞬のことだったが、「それ」は山の頂上から 
空に向かって伸びる、長い蛇のしっぽの様に見えた。 
「なんやろ、あれ。」つぶやく私に、 
寝ていたはずの弟が答えた。 
「女の声やけど古すぎてなんて言うてんのかよう解らん。」



461: 本当にあった怖い名無し 04/11/25 19:22:13 ID:3peTLFU1
>>440 
なんか好き。


引用元:https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1098907962/