ドッペルゲンガー

482 :名無し:02/06/28 21:46
本当の話。 
大学生の頃、友人のパーティに呼ばれ渋谷のレストランへ。 
あまり親しくなかったので、退屈して窓の外をボーっと眺め、時間が過ぎるのを 
待ち、帰宅。家に戻ると、母親と妹が「お兄ちゃん、一度帰ってきた?」と聞いてくる。 
「いや、大学から直接渋谷へ行ったよ」と答えると、2人とも不思議そうな顔。 
「だって、お兄ちゃんが<ただいま!>って言うのを、私もお母さんも聞いたんだよ」と妹。 

声を聞いて、2人で玄関に出たが、誰も居なかったという。 
この時は「そんなことがあるわけないよ」と聞き流したが、 
社会人になって、外での打ち合わせを終え会社に戻ると、同僚が「〇〇さん、一度戻って 
きましたか?」とたずねてくる。「いいや、打ち合わせ先に直行して、会社に今戻ってきたところだよ」 
と答えると「さっき<ただいま、戻りました>っていう〇〇さんの声を聞いたんですけど」 
という。さすがに2回目は気持ち悪かった。 



483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 21:59
>>482 
あなたの生霊である説が非常に有力です 



484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 22:12
>483 
いや、482はドッペルゲ(略 



485 : :02/06/28 22:13
>>482 
早く帰りたい「思い」だけが帰ってイッタノカ?! 


引用元:https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1023599400/