トンネル

153:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 13:13:20.69 ID:wnNZGWha0
ずいぶん前の話なんだが、どうしても理解できないことがある。 

友達4人とドライブにいったときだ。俺は4人・・・として記憶していた。 
俺、A、B、C、D。 
Aが運転。俺は助手席だったはず。 
かなり過疎の海岸沿いの道を走っていた。右手に海、左手に切り立った山。 
時折、トンネルをくぐる。とあるトンネルをくぐる手前に左手に小さな祠があった。 
するとこのスレではよくあるトンネルループ現象がおきた。 
トンネルを出ると、またおんなじトンネルってやつだ。 
寡黙になる俺たち。こういう時はタバコがいいんだという情報はまだ知らなかったから、 
やべぇよ、やべぇよっていう空気になった。 
何度か同じ祠の脇を通過する。その時、Bが「俺、ここでちょっと降りる。本当にループしてるんだったら、 
お前らがまた向こうからやってくるだろ」といい、降りた。 
そんなことやってもどうしようもないのかもしれんが「うむ、いい考えだ」と誰かが言って俺たちは車を出発させた。 
すると・・・!今度は見たこともない景色になった。 
ループから抜けれたんだ。 



154:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 13:21:48.10 ID:wnNZGWha0
てっきり前にBのやつがいるんじゃないかって思っていたんで拍子抜けした。 
「じゃあ、いったん戻らないとな」というA。 
適当なところでUターンしてトンネルをくぐる。 
トンネルをぬけたらBをおろした祠があるはず・・・だった。 
が、ないんだよ。 
全然別のところに出た。 
行けども行けども祠のあるところには行けない。またUターンしても、同じ。 
電波が悪いところだったけど、Bの携帯電話に電話してみる。 
運よく通じて出るようなのだがザザーーッという砂嵐のみ。 
「おい!B!!どこだ!!」 
と大声で言っても返信なし。 
「やべぇんじゃね!?警察!警察だ!!」とテンパる連中。 
とりあえず、交番でもないかとまっすぐ進む。どのくらいたったかわからないけど、集落が見えてきた。 
「お!やっとあった」と誰かが言った。そこで記憶が途切れた。 
結果からいえば、車が大破。 
続く 








156:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 15:11:24.63 ID:wnNZGWha0
搭狛ャ7ム-カ・・�@・dニフjSXSW銖巐・]]bサヤ葩zスセ o・X浴コク�霊鏆ョX犖靠疽]9|・cz�イ�忍�゚9(ヒァM釣。3ヤ・FC・:(�モ・ホ�・��rys�ロz!釣Du� 


�u Lc黠タモカ・ナ・%ケS�rp釣チ・ネ蝴トアワ・聾!Ysネ・ル」9フ� <興pqサ�ル €ー・Ιエ釛e、・�"EPュ株2a)R猛-・�iル影�ュエJY 
M€、nhe・ヒRJニ顔Mlヘu^d黙サフ9%﨡pネマ�u�旒�jゥュヨユ・�潦ヤモフZ�Yカヨ[f 
。7・゙釣Rt�s[€w�佖・4"ナz#�ルXタ< 
筌yjゥD2hヤイ#ク莽鶴Jナ7J☆ヒ€tセュ6゚�Gカ;濾櫤€�・浮%マ'B・シ 
�ホIク且�・・ヌウワセK・dク>�`EE%PF6}+ 



157:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 17:41:01.51 ID:lDtCro0m0
どうしたw 



158:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 18:04:23.23 ID:qfObQJvo0
た、祟りじゃ… 



159:本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 19:08:09.93 ID:0NiYZKxh0
こえーよw 


引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382271361