骨

562:三毛猫 1/2:2006/03/03(金) 06:46:50 ID:AFET4tjKO
内の職場(塾)には凄く霊感の強い塾長がいる。私が聞いた中で、結構怖かったものを書いてみる。 
塾長はバイク(ハーレー)好きで、よくツーリングへ行く。 
クマみたいにがたいがよくて、山男ってかんじ。(実際よく893に間違えられる)バイクで山へ行って、野宿したり温泉に入ったり。そんな趣味がある。 
ある日、山道を越えて温泉へ愛車のハーレーで向かったときのこと。 
日も暮れかけてきて、少し疲れたことだし、坂道の途中で休むことにした。 
火を炊いて、コーヒーを入れていると、視線を感じる。 
普段は気にならないけど、なにやらまずい気がしたらしい。 
コーヒーを捨てて、直ぐ様バイクにまたがり、とにかく宿を探した。 

やっと見つけた宿は、藪のなかにある。 
民宿の様だが、いつもなら絶対に泊まらないだろう。 
ギシギシいう廊下。黴臭い壁。 
まさに廃墟だ。 
お爺さんが一人でやっているらしい。 
塾長はさっきの視線がやはり気になり、野宿よりはましだと、泊まることにした。 

部屋には裸電球と、黴臭くてふよふよになった畳。 
塾長はくたくたで、安心したせいか、布団もひかず、カーテンも閉めず、横になった。 



563:三毛猫 2/2:2006/03/03(金) 06:47:48 ID:AFET4tjKO
うとうとしてしまったみたいだ。気付くと何の音もしない、真の闇夜だった。 
裸電球を見上げて気が付いた。 
視線を感じる。 
そうだ。あの坂の。 
あの視線だ。 
体を動かさないようにしたまま、視線をたどった。 
開けたままのカーテンの窓。誰かのぞいていた。 
男…に見えた。 
でも、目玉がない。 
ぽっかりと開いた目玉の穴は、何もかも吸い込むように真っ黒。 
真っ黒がふたぁつ、自分を見つめていた。 

塾長は「目玉がないってあんなに真っ黒なんてなぁ」とちょっと笑って言った。 
その後、トイレへいって、帰ってきたらいなかったので、カーテンを閉めて寝たらしい。 
彼の話はたくさんある。 
彼が洒落にならないと感じた話も。 
でも、恐ろしくて、私にはここに書く勇気がない。いつか、語り尽くしたら…書きたいです。 


引用元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140627667/