ろうそく

09/06/22
夏の夜でした。 
スイカを食べた後、花火をしようと外に出ました。 
満腹で蚊取り線香の匂いが心地よく虫の音も聞こえていました。 
弟や父は家の中。でも縁側のすぐ横の部屋でテレビに夢中でした。 
でも始めたらすぐに出てくるだろうと思っていました。 

昼間の暑さは消え、心地よい空気でした。 
ろうそくに火をつけようと振り返ると母の顔が見えません。 
青い地に黄色いひまわりの柄のワンピースは浮かび上がって 
いるのですが、顔も手も足も闇に溶け込んだみたいに真っ黒です。 
母は明るい家を背にしているから逆光なのかなと思いました。 
「おかあさん」 
呼びかけに返事がありません。 
五メートルくらい離れているでしょうか。それ以上こちらに近寄ってもきません。 

急に怖くなった私は走って母の横を通り抜け家に逃げ込み、玄関の引き戸を閉めました。 
青いワンピースの黒い影がこちらに入ろうと近づいてきます。 
引き戸越しにもやはり肌色部分は見えず、墨汁で塗りつぶしたような黒。 
鍵を閉めて台所に逃げました。(父たちがいた部屋に行かなかったのは 
あの母の姿が覘くのが恐ろしかったから。 

すぐに父が来ました。「どうしたん」と。 
何もしゃべれませんでした。しまったままの鍵が気になりましたがそのまま 
奥の部屋(いつも寝ていた場所ではない)で座布団を枕にして 
寝ました。頭の奥が妙に冷たくて、気持ち悪くて自分の意識をはやく 
なくしたくて必死で目を閉じてました。

次の日、父や母から鍵をかけたことを怒られたりはしませんでした。 
怖くて聞けなかったし、向こうからも何も聞いてきませんでした。 
夢かなとも思うんですが、やっぱり夢じゃないと思います。 


それから2年か3年か後、私が小学校2年のとき、 
母は帝王切開のあと一度だけしか目を覚まさず、その日のうちに逝きました。 
20年たった今でもふとこの夏の夜のことを思い出します。 
これって一体何だったんでしょうか。似たような体験をした人がいたら 
話が聞きたいです。


引用元:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251100470/