廃墟

09/09/18
これは本当の話。 
日本海側のあるリゾートホテルに出張で行った。 
リゾートホテルと言っても既に潰れているいわゆる廃墟、 
目的はそのホテルをうちの会社が買うかどうかの現地調査、写真撮影のための出張だ。 

田舎の海沿いのホテルなので駅からかなり遠い。 
タクシーに乗って目的地を運転手に告げると、あそこは「出るらしい」って言われた。 
現地について確かに薄気味悪かった。 
人っ子一人いないホテル。中に入るとかなり荒れていた。 
ソファーとかのダンボール箱とかそのままロビーの隅に山積みにされて落書きやゴミとかもひどかった。 
広いホテルなんで写真を撮るのもたいへんだった。電気もないから窓からの明かりのないところは懐中電灯を照らした。 
俺は結構度胸があるんで薄気味悪いけど淡々とホテルの中や外の写真を撮っていった。 

その夜、宿泊先のホテルのパソコンから上司に今日撮った写真をメールした。 
間髪入れず上司から電話がかかってきた。 
「おまえ なんか変な写真混ざってるけど別のホテルも写してきたのか?」 
そう言われて写真の1枚1枚を見直した。 
1枚だけ変な写真があった。 
それは結婚式とかをするホールの写真。 
ひな壇なんてなかったはず。 
そのひな壇に男と女が座ってこっちを見てた。 
二人ともすごい怖い顔でこっちをにらみつけていた。 

翌日出張から戻りあらためて撮影したカメラと上司のパソコンを確認したらその写真はなくなっていた。 

結局そのリゾートホテルをうちの会社は買わなかった。 
あの写真が原因かどうかわからないけど。 
上司はその後会社をやめた。 
夢の中にあの二人の写真ではなく動画が出てくるって言っていた。 

俺はその後、金縛りによくなる。 
その度、天井にあの二人の写真が浮かび上がってくる。 
でもそれは気のせいだと思う。 
そう思わなきゃやってられない。 

終り 


引用元:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1252694576/