家

11/09/15
祖母から聞いた話だ。 

祖父はボケてからというものの、寝室から一歩も出なくなった。 そして同じ場所、同じ姿勢で一日中ボーっとしていたらしい。 

介助に限界を感じた祖母は祖父を施設に預けたのだが、ある朝施設から祖父が失踪した旨の電話を受ける。 

気が気でない一日を過ごした祖母が、その夜気配を感じて目覚めると、暗闇の中祖父が座っていることに気付いた。 

驚いた祖母は電気をつけて祖父に何故帰って来たのか聞いた。 

すると祖父は黙って正面を指差したという。いつもと同じ場所、同じ目線で。 



623:11/09/15(木) 15:58:21.91 ID:V2kqYDNS0
>>613 
何か場面を想像すると怖いな。 ボケてるけど一つの事に執着してて、行動力まで発揮するのが不気味。

何があるんだろうね。 


引用元:https://toki.5ch.net/test/read.cgi/occult/1315372360