家

12/02/18
俺が子供のころ住んでた平屋での話なんだけどさ、一人で家にいて真ん中の部屋で本を読んでたら誰か帰ってきたんだよね。

うちは鍵は開けっ放しの家でさ。でも田舎だし全然大丈夫なんだよ。

近所の人は、入口でお~い居るかぁとか言うから、黙って家に入ってくるのは家族しかいないわけ。

この日も黙って入ってきたんだけど、足音が男の足音でさ。

で、うちは男はアニキか親父しかいないんだけど、どっちでもないんだよ。でもどっちかしかいないから、まぁどっちかなんだろうと無視してたわけ。

で、その入ってきた男は、台所へ行って冷蔵庫あけて、更にごはんよそったりして、それを持ってこたつのある部屋、、、

俺がいる隣の部屋に行って、テレビをつけてごはんを食べはじめたわけ。お茶碗とかを置いたりする音や箸の音もする。

で、しばらくたってテレビ観ながらごはん食べてた男がテレビが面白かったのか大笑いした。

あははははははは

聞き覚えのない笑い声。アニキでも親父でもない男の笑い声。

えっ、と思って反射的に襖をあけたんだよ。そしたら、そこには誰も居なくて、お茶碗もないしテレビもついてない。

そもそも、人の気配自体が全くなかった。

ちょっと前でも人がいたなら、なんかしら分かるもんだけど、人の居た気配ゼロどころかマイナスな感じで、そのあまりにも無な感じがめちゃくちゃ怖くて大急ぎで家を出て、家族が帰ってくるまで、暗くなってもずっと家の前で待ってたことがあった。

まぁそんだけなんだけどね。


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1497936493/