暗い

17/09/03
明け方5時ごろ、トイレに行き、もう一度寝直すかと思って寝室へ向かっていたら突然後ろから羽交い絞めにされました。

うわっ、泥棒かよっ、と思ったのですが、羽交い絞めにされているのに腕が見えない。けれど、スースーと人の吐く息使いはすぐそばで聞こえてきます。

首には右手?が巻きつき、左手は手首が押さえられていて、そのうち苦しくなり始め膝をついてしまいました。体感時間にして10分は経過していたと思います。

このままじゃ死ぬと思ったところ、床に銀色の鈴が2個、チリリンと転がってきました。それを見たとたんに拘束が解かれました。

しばらくぼうぜんとリビングで座っていましたが意を決し振り返りました。けれど後ろを振り返っても誰もいない、床に転がってきた鈴もありませんでした。

意味もわからない、なんで羽交い絞めにされたのかとか、あの鈴はいったいなんだったのかと今でもわからずじまいです。

鈴の大きさは根付とかによく付いている小さいものです。あまりのことにその日は会社を休んで寝室で震えていました。

金銭的に引っ越すことも出来ず、同じ家に住んでますが。


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1497936493/