怖い

819:03/01/30 00:00
おれが小学3年生のときに、母の従兄が死んだ。母の従兄と言っても、死亡当時は中学生だった。

俺はその家に行くと、よく面倒を見てもらっていた。俺はそのお姉さんによくなついていた。

葬式のとき、坊主がお経を読む。もちろん、俺もそこで正座してお経を聴いていた。

ふと斜め後を向くと、俺と同じぐらいの歳の少年がいて、正座してお経を聴いていた。

奇妙だったのは、手をこすり合わせながら、一心不乱に、体を激しくくねらせ、まるで踊っているかのようだったことだ。

俺はその姿を見て戦慄した。

一体こいつは何者なのか。近所の子供なのかも知れない。仮にそうだとして、誰かの許可を得て入ってきているのだろうか。

第一、あの水俣病患者を思わせる、狂ったような、激しい体のくねりは一体なんなんだ。

そんなことを考えながら、おれは視線を畳に落としてじっとしていた。

坊主のお経が終わったときにもう一度振り返ってみると、やつは消えていた。

一体、やつは何者だったのだろう。初めて人の死に接して敬虔な気持ちになっている俺の心に、暗い影を残してやつは去って行った。



820:03/01/30 00:43
>>819
成仏していなかった子供の幽霊がお経を聞いて、成仏しようとしている姿?
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



821:03/01/30 00:51
>>819
その子供は現代の服装をしていたの?顔は真剣だったの?ふざけてる様子はなかったの?

ちゃちな質問して悪いけど、あなたの話を読んですごく気持ち悪い絵が頭の中で展開してるからそれを和らげたいんだよ。



823:03/01/30 01:04
>>820-821
服は、普通の現代人の少年の服でした。たぶん、近所の子が紛れこんじゃったんだと思います。

今考えてみると、あの少年は、ちょっと落ち着きがなくて、退屈したあまり、あのような奇行に走ったんだと思います。

ただ、そのときは本当に戦慄しましたよ。



822:03/01/30 01:03
>あの水俣病患者を思わせる、狂ったような

無神経



824:03/01/30 01:05
>822
すいません。本当に。この場を借りて陳謝します。



引用元:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/09/819.html