天井
15/07/05
あるアパートの話。

数年前、学生だった私はあるボロアパートに住んでました。

広い間取りの割りに家賃が安く、いい部屋なんだけど一つ気に入らない事があった。それは決まって夜の11時ぐらいになると上の階から

「ドンッドンッドンッドンッ」

と、ノックの様な音がすることだった。

始めは猫かなんかだと思ってたが、いつも決まった時間に音がするので上の階の住人の仕業だと思い、借り始めから3ヶ月たったある日、上の住人に文句を言いに行った。

しかし上の階の住人は

「家じゃありませんよ、前にあなたの部屋に住んでた人も同じような事言ってきましたけど、猫や鼠じゃないんですか?」

さらに

「こちらには音なんて聞こえませんし…家には関係ないと思いますよ」

と少しうんざりした様子で付け加える。私は腑に落ちなかった、しかし上の住人は本当に何も関係ないと言う。その態度は

「また下の階からイチャモン付けてきたよ、勘弁してくれ」

と言った感じだった。

その日の夜も

「ドンッドンッ」

と音が鳴った、私は少しイライラしてたのでホウキを持ち出し天井に向かって

「ドンッ!ドンッ!」

と突いた、すると…

「…ドン…ドンドン!ドンドンドン(カタカタ)ドンドンドン(カタカタ)ドンドンドン!!!」

狂ったように天井を叩く音が鳴り響く、しかもその音源は天井内をカタカタ這いずり回るように移動している、怖い…!!

私は服の中で虫が蠢いている様な悪寒を感じた。

「カタカタ…カタ………」

その音源が部屋のある所で止まった、押入れの上の辺りだ…押入れの中が天井裏に通じてる事は知っていた。

私は

「危ない…来る…来る!!…逃げろ!!」

と言う脳の警告に従い部屋を飛び出し、その日は友人の家に泊まった。

翌日、大家さんに事情を話し部屋を出ると告げる、大家さんは

「えっ本当に?うーん…」

と唸った後に

「ちょっと待ってね、調べるから」

と言って私の部屋に行く事に。

部屋に入り押入れの中から天井に入ろうとする大家さん。しかし、天井裏に上半身まで入った所で大屋さんは引き返した、大家さんの顔は真っ青だ。

「ごめんなさい、ちょっと待ってて」

「あ、あなたも外に出て」

大家さんはそう言って自宅へ一旦戻った。その後警察が来て天井内を捜索、私は軽い事情聴取を受けただけで解散となった。

警察と大家さんは、私に天井裏にあったモノを伏せていたが、私は大家さんが電話してるすきに天井裏を覗いていた。

そこにあったのは白骨化した人間の手だった。


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1436025917/