地下
03/03/22
友人から聞いた不思議な話です。

彼の家は関西の、古くから住宅地だった地域の一画にありました。

彼の家には地下室があったのですが、配管工事のために、いったん地下室を掘り下げることになったそうです。

工事が始まり、地下室からさらに2m程掘り進んだときに、さらにもうひとつの部屋が現れたのです。

ところが、その部屋というのが、天井の高さは1m程度、広さも2畳程度という狭い空間だったそうです。

不思議なことに、その部屋は四方の壁が漆喰で固めてあり、床は半分腐りかかった畳が敷いてあったそうです。

天井も板貼りで出入口というものがないのです。もちろん、その部屋に通じる通路となるような抜け穴もありません。

彼の家は戦前からの古い建物で、彼の曾祖父がその家を建てたときに、そんな奇妙な部屋を作ったという話もありませんでした。

いったいなんのためにそんな部屋を作ったのか。

また、そんな空間が少なくとも50年以上もの間、誰にも知られずにひっそりと存在していたという奇妙な出来事です。



319:03/03/22 02:55
空間だけ聞くと前になんかの番組で見た「寺の下にいる坊さんのミイラ」みたいな話だね。

なんか、自ら入ってそれ以降の世の中を救うために死ぬみたいなの。

中には何もなかったの?



326:317:03/03/22 03:13
>>319
すまん、コピペなんでよく分からんが、中には何もなかったところが奇妙な話だと思われ。

つーか、その「寺の下にいる坊さんのミイラ」ってのが気になったよ。



327:03/03/22 03:15
>>326
いわゆる即身仏(そくしんぶつ)で、昔の坊さんが自ら進んでミイラになる一種の苦行。

そのために食を絶って地下に穴掘って潜るのです。



328:317:03/03/22 03:26
>>327
ああ、桶に入って即身仏になるって話は聞いたことあったな。

怖さの方向は違うが(ミイラがあるのも怖いし、なきゃないで不可解な怖さがある)、どっちにしろ息苦しいですね。


引用元:https://hobby2.5ch.net/test/read.cgi/occult/1047906776/