電話
07/08/04
キャバクラでバイトしてるHちゃんに聞いた話です。

引っ越してきた時、押入れの中に電話が置いてあったそうなんです。めったに使わなくなってる普通の電話。

携帯があれば正直要らないのですが、まあ、捨てるのも面倒だし、自分が持ってきた電話に比べて機種も新しい様なので大家さんには内緒で使わせてもらう事にしたそうです。

ある日のこと、帰宅したHちゃんは宅配業者の「不在でしたから持ち帰ります」との通知を見つけました。

それは通販で購入したDVDで、来るのを楽しみにしていた物だったので早速宅配業者へ電話をしました。

業者によると

「代金引換なので、うかがう前にお電話したのですがずっと話中だった」

との事でした。

Hさんは誰にでも携帯電話の番号を教えるのがイヤだったので、通販の時には自宅の電話番号を連絡先に指定していたのです。

留守番電話の設定、間違えたのかな?と思い、一応再度設定をし直しておきました。

日曜日に部屋のそうじをしていると、実家のお母さんから携帯に連絡が入りました。他愛もない話をしていると、お母さんは

「そういえば昨日部屋に電話したんだけど、ずっと話中だったね」

と言いました。何回かかけ直したのですが、2時間近く話中でつながらなかったと言います。

別に急ぎじゃなかったので今日、携帯にかけてきたのだそうです。

「昨夜は友達と食事をしていたから、その時間には部屋にいなかった」

というと

「あら?そう?」

という事で話はお終いになりました。

お店で最近常連になったUさんは、家電メーカーに勤務しているそうなので自宅の電話は留守電にしても、設定が上手くいかなくて困るという話をしました。

「なにが原因なのかな?分かる?」

と世間話のノリで言ったのです。
豪快で明るいタイプのUさんは

「お前は本当にバカだな!」

と爆笑しています。

「話中になってるんだろ?お前はバカだから受話器を外してるに決まってるじゃん」

と言います。Uさんは通りかかったボーイさんにもその話をして、二人で笑っています。

「Hちゃんならやりかねないね」

とボーイさんにも言われてしまったので、少々ムッとしたHちゃんはその場で携帯から自宅に電話してみました。

聞いていると5回ほどコールがあった後、留守番電話のメッセージが聞こえて来ました。ちょっと安心して

「ほら、どう?」

と携帯をUさんに渡すとニヤニヤしながらUさんは携帯を耳に当てていましたが、突然

「えっ?」

と言って携帯を耳から離しました。じっと携帯を見つめてからもう一度耳に当てました。しばらくして、携帯をHちゃんに返し

「切られた・・」

とUさんが言いました。

「彼氏でも家にいるの?」

と言います。

Hちゃんはそんな人はいないし、第一部屋に今誰もいるわけがない、と言いました。

「確かに留守電のメッセージは聞いた。だけどその後誰かが電話に出て来てすぐに電話を切った」

とUさんは言います。

Hちゃんが聞くと、(プー・プー・プー…)と音がしていました。

泥棒かも?と恐ろしくなったHちゃんは携帯のリダイヤル番号を見ました。間違い電話などではありません。しっかりと自宅の電話番号になっています。

警察に通報しようかとも思いましたが、何かの間違いだった場合の事を考えたHちゃんは、自宅は店から自転車でも20分の距離だから、と言ってUさんとボーイさんに一緒に部屋まで行って欲しいと頼んだのです。

店の前でタクシーを拾い、5分ほどで3人はHちゃんのアパートに着きました。

部屋は2階だったので、Uさんの提案でUさんとボーイさんがドアの前に行き下の通りでHちゃんがもう一度電話してみる事になりました。

男二人でドアを外から押さえておけば、中から不審者が出ようとしても安全だと言うのです。

準備が整い、Hちゃんが部屋へ電話をかけました。さっきと同じで5回のコールの後、留守電のメッセージが聞こえました。

『ただ今留守にしております。ピーという発信音の…』

という所でいきなり

「オアアアァー!」

という男の物凄い絶叫が聞こえて電話は切れました。

部屋の前に行き、Uさん達に説明すると、確かに中で電話は鳴っていたがそんな悲鳴なんか聞こえなかったと言います。

5回鳴って切れた、と言うのです。

そこでUさんが携帯を受け取って、リダイヤルしました。すると話中になっています。

「何で、話中になるんだろう?」

さっきは確かに中で電話が鳴っていたのに。

Uさんを先頭に2人の男性は部屋へ入りました。Hちゃんは恐くて後ろに隠れていたそうです。

「あれ?」と言ってUさんが部屋から出てきました。手招きをします。見ると床の上に電話はあるのですが、ひっくり返っているのです。

電話以外に部屋の中は何も変わった様子はなく、当然全ての窓にもカギは掛かったままです。

ボーイさんが

「ひっくり返ってたから話中だったんだろう」

と言いましたがUさんは恐い顔をして

「いや。さっきは確かに電話が鳴ってた。この状態では絶対に掛かる訳がない」

と言って、もう一度その場で携帯から電話をかけてみたそうです。案の定、話中のままでした。

結局その晩、Hちゃんは友達の家に泊まって、Uさんが電話を持ち帰る事になりました。

「メーカーから連絡があったぞ」

と言ってUさんがお店に来たのは2週間たった日でした。別に壊れてはおらず、自然に話中になるような事もなかったけど、と前置きしてから

「ただな、留守録用のテープはお前が取り替えてたんだろうけどな」

と言いました。

Uさんによれば、電話機内蔵の留守録機能があってその中身を再生したら、何か借金取立ての様な催促の通話が限度一杯に録音されていたそうです。結構シビアな取立ての様だったと言います。

その手の機能には疎いHちゃんは当然知りませんでした。

「それとね、お前が聞いたのってコレじゃないか?」

と言ってカセットプレーヤーを出したのです。

何でもイタズラ電話に対処する為に、ボタンを押すと相手に何種類かのメッセージや音声を聞かせる機能が付いているのだそうです。

それを再生してくれると言うのですが、気持ちが悪いので止めて、断ると

「大丈夫だから」

と言って再生したのです。

物凄い騒音がします。地下鉄の轟音の様な感じです。グワーン!って音です。その他にもキーンとかピーーとかの高音のノイズがありました。

イタズラ電話がかかって来たら、ボタン一つでこの手の音を相手に聞かせるのだそうです。

Hちゃんは

「でも、何でそんな機能がひとりでに働いたか分からないし」

と言います。

因みに前の住人に大家さんから聞いてもらっても、電話の持ち主ではなかったそうです。電話はUさんに頼んでメーカーで処分してもらったそうです。


引用元:https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1185887477/