夜の山道
10/04/24
ちょいと一つ挟みますよ。

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。

引っ越す前までは気ままに過ごしてこれたんだけど、引っ越してからはよそ者ということもふくめて周囲から浮いてしまい、アウェーな生活を送っていた。

そんなこんなで同じ年の冬。地域のマラソン大会の選手を選ぶためのマラソン練習が始まった。

夜8時ぐらいに公民館に地域の大人数人と子供たちが集まり、公民館からスタートとして夜の山道をぐるっと走って戻ってくる。

子供が走る後ろから、大人が車のライトで照らしながら伴走するのだ。何度か参加させられていたが、俺はこの時間が一番嫌いだった。俺は運動ができない。

みんなについていくこともできず、あまりに遅れるもんだから俺は『どう考えても選手には選ばれないのに、何で参加させられてるんだ…』といつも考えていた。

ある雨上がりの夜の練習中のことだ。こういう後ろ向きな考えの子供がモタモタしているものだから伴走の大人達のいらだちを買ったのか。車から声をかけられた。

『おい坊主!お前ちっと遅すぎるから、おっちゃん達、先の子たちに付いていくかんな!車もたくさんはないから、がまんしろ!先に着いて待っとくからな!』

俺はあ然とした。田舎の夜の暗さは尋常じゃない。車のライトもなしにどう走れと言うんだ。

『頑張れよー!!』

表向き前向きな言葉をかけながら伴走車は去って行ったが、よそ者の子供を真っ暗な山道に置き去りにする大人達には心に一物あったのではと疑ってしまう。

車がいなくなると田舎の山道の暗闇が容赦なく襲ってくる。人家も全然ないので明りなんてロクにない。山道のほぼ中間なので、行くも帰るも地獄である。

かろうじて月明かりに照らされる道を、吐きそうになりながら走った。(つらくなって時々歩いた)

何度か走ったコースだが、明りがあるのとないの、後ろに大人がいるのといないのでは全然違う。

暗い!怖い!帰りたい!!

こけた、痛い!水たまりでズボンがドロドロになっているが暗くてどうなってるかもわからない!膝はジンジンする、涙があふれてくる、でもきっと誰も迎えには来ない。

泣きじゃくりながら走りに走って、左右から竹がせり出してドーム状に覆われた道に差し掛かったときだった。

ドームが開けた向こうの路上に、淡い月明かりの中、ぽつんと黒い人かげが立っていた。

『おじちゃん達のだれかだ!迎えに来てくれたんだ!!』

俺は猛烈に救われた気になって、短距離走ばりのスピードを振り絞って駆け寄ろうとしたが、ふと思った。なんで車もないし電灯も持ってないんだろう。

まだゴールはずっと先のはずだから、おじさんだって車がないと大変なはずだ。

迎えに来たんじゃないのかな…?じゃあ何のためにこんな暗闇に電灯も持たず一人でいるのかな…?

もしかして人間じゃ、ないのかな…?

急にやばい気がして立ち止った。と同時、人かげがこっちに向かって走ってきた。俺は

『ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!』

と泣きわめきながらもと来た道の方へ走りだした。泥にまみれた靴の中で足が滑り、顔からずっこけたがそれどころではない。

足を引きずってでも人かげから離れようとした矢先、人かげが「〇〇とこの!!」(〇〇は俺の名字)と叫んだ。

「〇〇とこのガキじゃないか。どうした大丈夫か」

恥ずかしながら、俺は失禁して腰砕けになっていた。

真っ暗なので顔がはっきりとは見えないし、まだ面識も広くないのでよくわからないが、俺の名前を知っていることから察するに、地域のおっさんの誰かのようだ。

張りつめた緊張が色んな形でブチ切れたので、俺は耐えられずおんおん泣いた。

「まあ帰ろう。親御さんも心配してるだろう」

おっさんは俺の手を取って立たせ、失禁も気にせずおぶってくれた。なんと幸せなことか。おっさんの背中に安心しきりだったが、ふと思い立って肩越しに聞いてみた。

『おじちゃん、車も電気もないの?大丈夫?』

「あー…ダメだダメだ」

おっさんが答えた。

変な返事だなwwダメってダメだろwww緊張の糸が切れた有頂天の俺には何か遠い世界の声に聞こえた。他人事みたいだ。

『おじちゃんだけ来てくれたの?他のみんなは?』

「あー…ダメだよそれ」

噛みあわねぇwwwどういう答えだよwwwあれ?山側に向かって歩いてる?www

『おじちゃん、こっちは…』

「あっダメだよダメ!

「ダメダメ!もう聞くなっ、きくなっ、きくなっきくなっあ゙あ゙あ゙あ゙あああ!!!!」

おっさんの声が伸びたテープみたいなモァンモァンの声になって、肩越しに急に振り向いた顔は目の前で見ても真っ暗闇だった。俺の記憶はそこで飛んだ。

俺が目を覚ましたのはその日の深夜。心配して探しにきた親に泣きながらビンタされて起こされた。俺は山道から谷側に少し入った草むらに倒れていたようだ。

一番怖かったのは地域の連中が一人も俺を探しに来ていなかったことだ。新居を引き払い、俺達一家は引っ越した。