アパート
15/12/22
学生の時、友達から聞いた話。

友達の同郷の兄ちゃんが霊感があるらしく、色々恐怖体験アンビリーバボーな体験をしてるらしんだけど、その兄ちゃんがある日、俺様な友達(以下ジャイアン)につれ回されて、強制いわく付き物件ツアーをしたらしい。

ジャイアンは幽霊なんていない!という考えで、そんなもの怖がらないオレ、むしろいるなら出てこい、というわけで、兄ちゃんが「ここが一番ヤバイ」と言った物件に引っ越した。

住んでいたカップルが無理心中したとか、彼女を彼氏が殺したとか、そんないわく付き物件に住んだジャイアン。

昼間なのに暗いとか、夜にいきなり明かりが消えるとか、夜中に部屋の中で男女の言い争う声が聞こえるとか、家の外から見たら、窓辺に女の姿が…とか、まあ色々恐怖イベントがあったらしいが、ジャイアンはそれでも頑張ったらしい。

そんなある夜、ついに(?)霊も本気出したのか、夜中に電気が落ちて、ブレーカー上げてもダメ。

夏でエアコンのない部屋なのに、真冬並みに寒くなり、温度差で窓ガラスが白く凍ったらしい。

ジャイアンは、それでも寒さくらい…と頑張るも、キュッキュ…ッと、ジョイのCMみたいな音が聞こえてきた。

ジャイアンがリビングのカーテンを開けたら、見えない誰かが、外から凍った窓ガラスに「たすけて」と書いてるのをリアルタイムで目撃(部屋は2階で、ベランダはなかったらしい)

ジャイアンは潔く友達の家へ逃げて、すぐに引っ越した。

その引っ越し祝いの飲み会を、ジャイアンの新居でしていたら、ジャイアンが酔った勢いで、手伝いに来ていた兄ちゃんに

「もう幽霊なんていないよな~?」

と聞いた所、兄ちゃんは一言、

「いるよ?台所の戸棚の中。」

その場にいた全員、戸棚を見て沈黙したそうな。

「見えないのに、思わずガン見しちゃった」

と、飲み会に参加した友が話してくれました。