絶望
10/07/14
霊感持ちの同僚から聞いた話。

昔からたびたび「見る」ことがあったという彼女だが、よく見るようになったのは、前職の、葬祭場の事務をやっていたときからだということ。

その時の彼女の体験談のひとつ。

その日の葬儀は、夜寝ている間に心臓発作を起こして亡くなった男性のものだった。

「朝起きたら隣で寝ていたはずの伴侶が帰らぬ人になっていた」ということで、当然奥さんの嘆きも尋常ではなかったようだ。

葬儀に駆け付けた人たちも、急な訃報に雰囲気は重く、幼すぎて状況はよく理解できていない娘さんが、泣き崩れる母親の横できょとんとして座っていたり、式の手伝いとして会場内に駆り出されていた同僚にとっても、その雰囲気はいたたまれないものだったらしい。

けれど、同僚が一番「いたたまれない」と思ったのが、「亡くなった本人」が、自分のお葬式を見ていたということ。

同僚いわく、実はそういうのは珍しいことではなく、彼女の仕事中の経験からいうと、亡くなった方の4人に1人は自分の葬式の会場に居合わせているんだとか。

で、件の男性なのだが、司会者の横でぼうっと立ち、「おれ何でこんなところにいるの?」みたいなきょとんとした顔から、祭壇上の自分の写真、泣き崩れる奥さん、会場に詰め掛けた親戚、友人の鎮痛な雰囲気を見回し、自分の身に何が起きたかをゆるゆると理解してだんだんと絶望の表情になっていったのが、同僚的に「見ていられなかった」そうだ。

親しい人に突然心構えもなく先立たれるのは、生きている人間として本当に洒落にならないと思う。

けれど、死んだ後にさえ、「死んで終わりの安らぎ」ではなく、生きているときと同じような「絶望を味わってしまう瞬間がある」ことが、死んだら無でありたいと思う自分には心底洒落にならなかった。

あと、同僚いわく、亡くなった方は、葬祭場に「ご遺体」が運び込まれるよりも先に ご自分で来られていることもあるそうです。 

玄関の自動ドアの前に立ってる女の人がいるのに自動ドアが反応しない…故障かな? で、「すみませんどうぞお入りください」で行ってみると外には誰もいない… 

で、数時間後に親族の方とご遺体が会場に到着→さっきの女性だ~といった感じだそうです。