バスタブ
08/05/14
最近引越しをした私が、賃貸業者の担当者から聞いた話。

内見に向かう車の中は他愛ない世間話で盛り上がっていた。担当者の新婚生活だとか、正直むかつく客の話とか。

話題も尽きてきた頃に、不動産といえば定番の質問をしてみた。

「いわくつき物件って、やっぱりあります?」

「ありますねぇ。この業界いる限り避けられないっすよ。」

担当者もオカルトやホラーが好きだったので話に乗ってきた。

その賃貸会社(大手)では、過去に自殺や他殺があったりなどいわゆる「いわくつき物件」は隠さず公表するという。内緒にしておいて後々バレるほうが面倒だから、と言っていた。

以下が担当者の体験した、そして私が聞いた実話。

数年前のある日、自分の担当物件の内見が申し込まれた。お客はスナックを経営しているという、50代の明るいオバチャン。

その物件は条件が良いわりに、相場よりはるかに家賃が安い。つい最近自殺があったばかりの「いわくつき物件」だった。

オバチャンに過去に自殺があった部屋ということを伝えると、

「あー大丈夫大丈夫!私ね、霊感あるの。良い霊か悪い霊くらいは分かるからね、平気!」

と頼もしい返事が返ってきた。では早速行きましょうか、と車に乗り込んだ。時間は22時半。ほどなくして問題の物件に着いた。

大家から預かっている鍵を取り出し、オバチャンの顔色をうかがいながら恐る恐る部屋のドアを開ける。

「あら、いいじゃなーい!」

どうやらオバチャンの霊感レーダーには引っ掛からなかったらしい。

ホッと胸をなで下ろし、部屋の説明を始める担当者。ベランダ、リビング、収納等おおむね回って説明し終えた。

「んじゃ最後に水まわりで終わりですねー」

そう言ってトイレを開け、次にユニットバスのドアを開けた。

「え?」

ドアの内側から鍵がかかっていた。この物件に入ったのは、自殺があってから自分達が初めてのはずだ。

仕方なく小銭とピンで小細工してドアを開けるとバスタブにお湯が張られているのを見てぎょっとした。

鍵は閉まっていたのに、誰が?いつ入った?それとも最初からいたのか…?

「出ましょう!早く!」

逃げるようにその家を後にして、店に戻った。落ち着いてから、聞きたくはないが、何があったのか聞いてみる。

「何なのあそこ、大丈夫かと思ったらお風呂場にいるじゃない!亡くなったのアジア系の男性?ひどい死相だったよ、ほんと。気絶しても確実に死ねるようにバスタブにお湯張ってたのね」

後に聞くと、自殺したのは韓国人男性。鍵がかかっていたあのユニットバスで首を吊って死んだらしい。

現在、関西から上京してきた男性が一人で住んでいる。