人魚
13/11/09
昔、漁村では、漁村の出身者同士が結婚するのが一般的でした。生活習慣や価値観が山村とは異なるためです。

村のAさんは、内陸の村に造船の交渉のためおもむいた際、村の娘さんと良い仲になり、お嫁さんとして迎えることになりました。

Aさんは男前で体が立派でたくましかったので、ねらっている娘たちも地元の村にも少なからずいて、残念がられました。

結婚して、こどもが生まれました。長男、長女と生まれて、次男が誕生。みな、元気に育ちました。昔は乳児死亡率が高かったので、めでたいことでした。

次女が生まれたとき村に衝撃が走りました。その赤ん坊は、今までの子供たちと違って、いわゆる白子だったのです。

成長するとさらに驚くことに。その子は、両親にまったく似ていない。容姿が白人(毛唐(けとう))のそれだったのです。両親とも純日本人の顔つきであり、母親は、背も低い。

「白人と不義密通したのではないか?」

という噂もたちましたが、そのようなチャンスはそんなへんぴな漁村にはなく、また、母親も貞淑(ていしゅく)な人だったので、すぐに噂は消えました。

皆、不思議がりました。次女は、そんな皆の心配をよそに元気に育ち、6歳くらいに成長するとまったく白人の少女となりました。

もちろん、日本語をしゃべるのですが、髪の毛の色は、紅葉したイチョウの葉っぱのよう、瞳の色は、サメの目のように青かったと。

肌の色は、陽光に日焼けして真っ赤でしたが、地肌は、貝殻のように白かったそうです。

「けとう、けとう」とまわりの子供たちからいじめられたそうですが、彼女は、父親に似て背が高くがっちりとした体つきで、自分をいじめる子供たち(漁村の男の子です)をぼこぼこにしていたそうです。

尋常小学校(4年)を卒業したあと、成績が抜群によかったので、高等科に進むのが良いのではないか?と近くの村の教師に勧められました(その村には学校はありませんでした)。

女の子に教育をしても…という考えも両親にはあったようですが、すでに、長男が働いていたので、高等科にいれることにしました。入学をひかえた春に、村を大嵐が遅いました。

陸揚げしていた漁船が流されるほど波が高かった夜が明けると、彼女は、家からいなくなっていました。

村人がさがしまわりましたが、村にも山にも、近くの村にもおらず、彼女はまったくの行方不明になってしまいました。神かくしというやつです。

彼女は、その顔かたちから海の神様の子供で、神様が嵐の夜に迎えに来たのじゃろうという、まるで人魚姫のような噂(かぐや姫のようでもある)がされたそうですが、もちろん、それを信じるものはいませんでした。

ただ、彼女の勉強机(座机)の引き出しには、鉛筆で書かれた外国語と思われる文章が書かれたわら半紙が入っていたそうです。

学校の教師をふくめて誰にも読めず、その海岸付近に東京府から実習にきた、大学生や教員に見せても、

「ドイツ語でも、英語でも、フランス語でもない」

ということでわからなかったそうです。