1
09/08/27
別れ話をこじらせたカップルがいて、彼女が彼氏から「見せたいものがあるから」って言って呼び出されたんだって。

長い付き合いで色々なものをあげたり、もらったりしたから「思い出の品」的なものを見せて考え直させる気なんじゃないか…。

うざかったけど、そのできっぱり断ってやろうと思って、彼氏のマンションに夜向かったんだそうだ。

彼氏のマンションのそばまで来て、タクシーを降りたら携帯が鳴った。彼氏から。

「なによ?着いたよ。」

「おーい、ここ、ここ。」

『?』って思って50m先くらいのマンションの入り口を見ると、暗くてよくわからないけど人影があって、どうやらこっちに手を振ってるみたい。わざわざ下まで迎えにきたのか…と思ったら脱力しちゃって

「は?そこにいんの?なんかわけわかんないんですけど。」

って言いながら入り口に向かっていったら

「あ、ごめん。忘れ物した。ちょい待って。」

って言うんだって。

「待つのだるいし、部屋に行く。」

って言ったんだけど

「あ、いい。そこで待ってて。そこで。」

って言ってきかない。

「すぐ戻るから。」

って入り口に消えちゃった。なぜかその間も携帯は繋がったまま。何考えてんのかわけわかんないし、勝手に電話切ってキレられるのも嫌だし…。

「私急いでんの。バイトから直できたんだよ。終電もなくなるしさ…」

「ごめんごめん、すぐだから。すぐだから。」

ガチャ、バタン、ドタドタと部屋の中であろう音がひとしきり聞こえて、それからエレベーターの来る「チン」って言う音が聞こえたんで、やれやれ、やっとか…

なんて思ってたら重そうなドアを開ける音が携帯から聞こえたんで入り口の方をみたらまだ来てないみたい。裏口かな?と思って

「ちょっと、どこよ。」

「お待…せ…」

「ん?電波悪いな。聞こえないよ。なんて??」

「…待た…せ…」

「は?」

「お待たせ。」

その瞬間、後ろ数メートルの方からもの凄いおおきなドサッッツ!!!って音が聞こえて、もしやと思ったら、やっぱり彼氏だったんだって。

街灯に照らされて、今まで見たこともないような量の血が頭から止まらなくて…。

警察がわざわざ下で待ってて、待っている場所を指定したのは、よく考えれば飛び降りる時に彼女を巻き込みたくなかった。

悪く考えれば街灯の下の、一番いいポジションで自分の事を見せるためだったんじゃないかって。

「忘れ物」であったと思われる、屋上に残されていた遺書には、恨みつらみなんかは全くなくて、ただただ自分が彼女のことをどれだけ好きなのかが延々と書きつらねてあったそう。

それ以来彼女は色々な意味でダメになっちゃって、仕事も休みがちでもちろん男なんか作れない。

携帯もあれから一度も使ってないんだって。あの、電話がコンクリートにぶつかる

「グッシャアァ!!」

って音がまた聞こえてくるんじゃないか、そう思うと電話を耳に当てることができなくなったんだそうだ。