炎
06/11/24
自分がまだ小学生のころ、自分の住んでいる周辺で大変な火事がありました。

古くからの大きな家で、かなりひどい事になって、周りの家を3軒飲み込んだらしいです。そして、その火事を境に立て続けに火事が4軒ありました。

自分は近所の悪友と、ちょっと小高い所にあるゲートボール場に集まって、最近続いている火事について噂しあっていました。

一番悪がきのNが言うには、最初の火事の燃え方がすさまじかったとの事。

風が吹いていたのか、ゴウゴウと燃え盛る炎はまるで生きているかの様に周りの家を飲み込みながら燃え盛り、近所の住人が泣き叫んで、想像もつかないほどあわただしかったと。

自分は聞きながらかなり背筋が寒くなったのをおぼえている。

周りの連中も同じだったらしく、こんな話やめて昨日のテレビアニメの話をしだしたときだったかな?

物凄く焦げた匂いとともに、ゲートボール場を下りたところにある家からいきなり黒い煙が上がりだした。

「!!!?」

みんなそんな感じ。パニックになりながら見渡しのいい崖の方に行くと、オレンジの炎がぶわァ!っと走り出した。

「おい!あれKじいさんの家じゃね??」

それは近所でも大変気難しいクソ爺と言われていたKさんの家でした。

それから炎はたちまち勢いを増して、あっと言う間に立派な家も庭も炎につつまれました。

子供の自分達にはなすすべもなく、ぼぉっとみていると、あっちこっちから人が集まり消防車もたくさんやってきました。

消火活動が始まり、水が勢いよく家にかかるものの、炎は勢いを増すばかりで一向に消える気配はありません。

ゲートボール場を下りるのも、今まさに燃え盛るKさんの家のすぐ横を通らなければ帰ることも出来ないので、自分達はただただ炎を見つめるしかありませんでした。

そんな時、ばァァん!という音が遠くで聞こえました。

みんなは一塊でうずくまって泣いていたので、自分だけが崖のギリギリのところまで見に行くと、燃え盛る家から小さな炎が飛び出してきました。

「なにあれ?」

自分の声を聞き、泣いていた何人かが近くまでやってきました。その瞬間、大きな声で

「燃えろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!これなんだァ!これだ!」

と言う声が自分にははっきりと聞こえました。今思い出しただけでもゾッとする様な声だった。

そのすぐ後に家は今までがうその様に鎮火しました。


後日談

家から飛び出した小さな炎はKさん本人だったそうです。そして、最近の火事はKさんが放火したものだったことが、後から奥さんの話でわかったそうです。

ただ、最初の火事はKさんの放火ではなく、今でも火事の原因はわからない。だけど奥さんいわく、Kさんは最初の火事を見に行ってから様子がおかしくなったらしい。

帰った夜に、いきなりコンロの上でエプロンを燃やしたり、焚き火の火を庭の木に移そうとしたり…。

そしてとうとう奥さんはKさんが夜遅くに外出したのを不審に思い、後を着けたところ火事が起こり、しかもその家からKさんが飛び出してくるのを見たそうです。

今は亡き自分のおじいちゃん代わりだった人いわく、

「時として人は火に見入られる。目撃した火が大きくすさまじいものほど魅入られる力は強くなり、またその火を見たくなる…。

Kさんは火に魅入られたのかも知れないね。Mちゃん(自分)は火に魅入られないようにね。Mちゃんの生まれ星は火なんだから。」

まだ小学生だった自分には、言っている意味がよくわからなかったけど、最近実家に帰った時に、火事を見てふと思った…。

…火ってこんなに綺麗なんだ…

はっとして正気に戻ったけれど、なんとなくその時Kさんがあの時叫んだ断末魔がわかった気がし。

「燃えろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!これなんだァ!これだ!」

これがちょいと自分的には怖かった話。心霊的なのもじゃなくてごめんなさい。あと長文で、読みにくくてごめん、パソコンは難しい…。