山
13/03/15
もう20年以上前になりますか。俺が高校生の頃の話ですが。

自転車で1時間ほど離れた里山に写真撮影に出かけたんです。当時一眼レフを買ってもらったばかりでした。おにぎりを二つ、おかずにソーセージを持って。

山にいたる道の両側には畑が広がってまして、作業してるじいちゃんばあちゃんがちらほら。

「あれ?」

前方に犬がいるんです。クサリを引きずったままトテトテ歩いてる。口笛を吹くと止まってこっちを見てる。日本犬の雑種かな。数年前に死んだうちの犬に雰囲気が似てる。

「おまえ、クサリ引きずったままは危ないだろ。」

おにぎり半分食べさせながら、クサリを取ってやりました。そしたら付いて来る。

「もう何もやらん!(笑)」

ヘッヘッ言いながら走って付いて来る。

山の麓のキャンプ場に到着。犬と一緒に。

「一緒に登るか?ん?」

山といっても大した高さじゃないんです。往復2時間かかるかかからないか。植物の写真を撮りながら登り始めました。…夏でしたね。セミが大合唱してました。

数組のハイキング客とすれ違いながら登って行きます。

「お、犬と一緒かー」

おじさんに珍しそうに声をかけられました。7割ほど登った所でしたか。何度か登った事のある山だったんですが。

「…こんなとこに脇道あったっけ??」

下草の生えた砂利道が左のほうに延びてる。カーブしながら奥の方は…見えない。ちょっと覗いて見よう。歩いて行くと柱が2本。間には錆びたクサリが渡されて、奥に数棟のバンガロー?が見えた。

ワンワンッ!ウウウッ!!ワンッ!!

びっくりして後ろを見ると、付いて来てた犬が凄い形相で吠えてたんです。俺にじゃなく、道の奥に向かって。背中が冷たくなって、はっと前を見ました。

セミの声が聞こえなくなってました。冷たい風が奥のほうから吹いてきました。あ、ここは入っちゃいけない場所なんだな。

急いで引き返して、もとの山道へ。セミの大合唱を聞いてホッとし、ふとあたりを見るとさっきまでいたはずの犬はどこかに消えてました…

山を降りながら探したんですけどね。どこに行ったのか、見つかりませんでしたよ。


引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1361962919